「フリー稼業の数少ない特権のひとつは、世の多くの人が働いている平日に一人旅が出来ること。その自由を失いたくないから、経済的には不安定であっても、フリー稼業を続けているのだとも言える。」

「旅先でビール」(潮出版/900円)の中の、著者川本三郎の言葉です。人付き合いが得意ではなく、パーティーやらゴルフも敬遠して、その代わりに「ひとりで街を歩く。日本の田舎町を歩く。ローカル線に乗る。魚師町の居酒屋で飲む。温泉につかる。」と文章を続けています。

著者は、映画評論・文芸評論・海外文学の翻訳等の一方で、旅歩き・鉄道の駅探索・居酒屋回り等のエッセイを送り出しています。この本もそんな一冊です。おっさんがぶらりと旅に出て、見知らぬ駅で降りて、ぶらぶら散歩して、駅前の居酒屋でビールを飲んで、ご満悦になるという中身です。「九月のはじめ、海が見たくなって房総に出かけた。」と言った具合で旅が始まりますが、大抵は日帰り、あるいは一泊の旅です。そして、大衆食堂に入ってビールです。

「駅前に一軒、昔ながらの大衆食堂があった。ラーメンからカツ丼までなんでもある。近年、こういう店が少なくなった。貴重。隣で女学生たちがラーメンを食べているのを見ながらカツ丼のカツを肴にビールを飲む。しみじみしてくる。 旅をしていていいなあと思うのは、名所旧跡を訪れるより、こんな駅前食堂でビールを飲む時だ。」

300数十ページの本の大半がこんな風なのですが、読んでいるうちにとても幸せな気分になってくるのです。何気ない風景を見て、フツーの店でフツーの食事をするという特別な何かを求めない旅。ハイグレードなホテルや豪華絢爛なディナーなどどこにも登場しません。ひとり静かに、そこにあるものを食べ、そこに生きる人たちの暮らしを見つめることこそ、旅の本質なのかもしれません。

青函トンネルをくぐって、函館に夜遅く着いた時、「日曜日のこの時間だから閉まっている店が多い。横丁に一軒、居酒屋が開いていた。客は私ひとりだったが、おかみさんが愛想よく迎えてくれる。ビールの肴にもらったホッケがおいしかった」

あたたかな情景が目に浮かんできます。旅情報や、グルメ情報が溢れているこの時代に、あえてこんな旅をする。幸せって、こんな些細なことだよねと伝えてくれる旅のエッセイ集です。

 

 

MATSUDA KAYOさんの「WANDER VOGEL」(ワンダーウォーゲル)展が本日より始まりました。

「VOGEL」は、さまよっていく鳥という意味があるそうです。DMに『そよかぜがふいて 空には大きな太陽 鳥たちは旅立ちを夢見る』と書いてあるように、渡り鳥が色々な場所へ飛んで行ってみた景色や、感じた風のような美しいアクリル画、版画などが並びました。

やさしい洒落た色合いのMATSUDAさんの絵は、小さく奏でる音楽のような優しさを運んでくれます。きっとどんなお部屋の壁にも、静かに落ちついてくれそうな作品です。可愛いいのだけれど、そう言ってしまうとちょっと違うような不思議な成熟度があります。風にヒラヒラ舞う葉っぱや、そよ吹く風ゆらめく植物にもそれぞれ話せば長い秘かな物語があるのかもしれません。

 

今回は本屋での個展ということで、こんな絵も柱にかかっています(写真左)。本を読んで巡る旅と鳥たちの旅。春になればちょっと遠出をしたくなってきました。

MATSUDA KAYOさんは京都精華大学芸術学部卒業後、グラフィックデザイナーを経てイラストレーターとして活動されています 。土の吐息のような色合い、ほんわか春先の暖かな温度を感じる MATSUDAさんの世界に少し浸りにお越し下さいませ。(女房)

 

★  KAYO MATSUDA「WANDER VOGEL」展は、3月5日(火)〜17日(日)

12時〜20時(最終日は18時まで)月曜日定休

 

まるで物語の中から出て来た様な少年少女や、動物たちが、本屋にお目見えしました。mariko fukuraさんの『Journey』(ジャーニー、旅)というタイトルの展覧会が、今日から始まりました。

本が大好きなmariko さん、京都で初めての個展をレティシア書房で開いていただきました。本をテーマに描かれた絵も並んでいます。大きな本を前に、なにやら楽しそうな男の子は、お話の旅に出かけようとしているのかもしれません。そして、お話の波に漂いながら眠っている女の子は、どんな夢をみているのでしょう。お盆に本をのせて運んでいるお針子さんも、夢と現実を行き来しているように歩いています。

ステキなシャツを着てお出掛けしようとしているワニも、花のメロディーを奏でているウサギも、みんなそれぞれの人生(?)の一コマ。ここから新しいお話が紡ぎ出されていく感じ。

mariko さんの描かれる『Journey』は、旅の風景画ではなく、みんな物語の旅の途上ってことなのでしょう。色鉛筆、水彩、コラージュ、染色を使って描いた絵は、カラフルなのに、しっくりと落ち着いていて、自然な色合いが好きだと言う作家が、こだわり抜いて作り上げた画面には、奥行きがあります。

そして、物語の中から出て来た様な少年少女、動物たちは、絵の中で、思い思いに生きることを謳歌しています。「描くことも歩くことも。眠ることも、みな旅のようなもの」というmariko さんの絵本ができたらぜひレティシアに置かせて下さい。主人公が、歩き出す旅のお供をしたいものです。

今回、mariko さんデザインの雑貨もたくさん並んでいます。カード、布製バッグ、紙テープ、はんこ、レターセットなどなど。中でも個展のために、親しくしているお菓子屋さん「niwa-coya」に作ってもらったという特製クッキー(600円・450円)は、ぜひ。(女房)

 

 mariko fukura『Journey』展は、1月29日(日)まで  月曜定休日

 

★2月8日(水)〜19日(日)レティシア書房恒例「女子の古本市」を開催いたします。

東京、岐阜、神戸、大阪、滋賀、京都から20数店の女性店主がセレクトしたステキな本が、所狭しと並びます。ご来店お待ちしています。



 

Tagged with:
 

2014年に亡くなった、イラストレーターの安西水丸の素敵な本が数冊まとめて入荷しました。

和田誠と組んだ2冊組の「パートナーズ」(文藝春秋・絶版1850円)は、楽しさ一杯です。一冊は「ことわざバトル」で、古今東西のことわざについて、二人のエッセイとイラストがついています。両者のタッチの違いも発見できます。まず右ページと左ページ二人のイラストがそれぞれ描かれて、これがどんな諺かを思い浮かべて次をめくると、エッセイが綴られています。それがまた面白い。「所かわれば品変わる」で、安西が京都で「おおきに」と言われて、それが「ありがとう」の意味だったことに驚き、その後何度来京しても、このイントネーションが身に付かなかった小話など、フムフムと読んでしまいます。もう一冊は「ライバルともだち」です。「ホームズ×ルパン」に始まる、世界のライバルを並べて、二人がイラストを描き、ウンチクを傾けるという内容です。こちらも二人の巧みなタッチが楽しめます。「ウィリアム・テル×息子」なんて、えっ?何それ?なんていうのもあります。こういうのを「軽妙洒脱」と呼ぶのでしょうね。

安西のイラストも大好きなのですが、彼の旅日記もそれ以上に愛読してきました。

「時間と時間の間にもしも透き間があるとしたら、夏の祭りの思い出は、時間の透き間でゆれている。ぼくは陽の落ちた雪原をひた走る奥羽本線の窓辺に肩をよせ、ひと昔に過ぎ去った夏祭りのことを思いだしていた。」

憧れと感傷が、旅へと押し出してくれる「エンピツ絵描きの一人旅」(新潮社・絶版1400円)は、短い小説を読んでいるような、味わいのある旅日記です。もちろん、彼が旅先で見た風景のイラストも掲載されています。日常の風景から、うわっ!と見知らぬ土地の旅情が展開するような、なんというか極めて映像的な旅日記です。

もう一冊、旅ものですが、「スケッチブックの一人旅」(JTB・絶版1750円)にはカラーのイラストも載っています。これがいいんです。日本の風景ってこれだよな、という思いが湧いてきます。

「雨の季節に旅に出るのが好きだ」という安西は、「雨期になると、ぼくはきまって南房総の旅に誘われる」そうです。雨にけむる野島崎灯台を描いたイラストが、切ない旅情を余すところなく描いていてお薦めです。

さて、もう一冊。こちらは桂文珍のエッセイ「文珍でえっせー」(潮出版・絶版800円)です。文珍師匠のエッセイに、安西が全ページカラーで作品を描いています。これは、見応えありです。

師匠曰く「昔、それほど効率性を追求しない時代、働くことは気持ちよく生きるためだったようです。気持ちよく楽しく働きたいものです」

気持ちよく、楽しく、そんな言葉のエッセンスに触れるようなイラスト満載です。

Tagged with:
 

「私は2014年1月に世界一周へ出発し、来年2015年春頃までの予定で、世界の国々をまわります。
その期間中、旅をしながら国ごとに1冊、旅マガジンを発行します。(全30号程度予定)作成しているZINEは、訪れた国ごとに撮影した写真をメインにした旅マガジンです。すでに多数の旅マガジンが存在していると思いますが、私の作る雑誌のポイントは、リアルタイムで現地から発行していることです。
旅をしながらマガジンを作成し、日本の印刷会社に入稿してそこから直送してもらっています。」

というメールが5月に届きました。世界を回りながら、プレスを出すって、すごいなぁ〜、しかも30冊を刊行予定なんて!これは、もう応援してあげるしかない!と思い、即刻連絡しました。

今日、「tasogare times」第一号が届きました。旅の初めはフィリピン。1月5日、マニラにある世界遺産のサン・オーガスティン教会への道からスタートです。

正直言って、今なら、こんな現地の写真と文章なんてネットを利用すれば、お手軽に全世界に配信できます。しかし、クリック一つで次から次へ飛んで行くネット情報とは趣きが違って、彼女の旅に、静かに思いを巡らせるプレスです。まるで、遠い国から、お手紙をもらったようなアナログな懐かしさがあります。自分で写真を選択し、レイアウトを構成し、文章を作り、印刷会社へ送るなどという手順を、異国でやり続けるという根性?は、そうマネは出来ません。

最後のページの「世界のごはん」で紹介されている「Lechon」という子豚の丸焼きの写真(顔の部分)が掲載されていて、おぉ〜これを食べるのか?と思って、ちょっと引いたりしてね。

次回は韓国とか。期待してますよ!!価格は500円です。応援ワンコインと思って買いましょう。

ところで、先日、台湾の古書店のオーナーがご来店。翻訳もされているとかで、台湾での日本文学の状況等、楽しいお話ができました。お店の名前は「荒野夢二」。あちらでも、「野書会」という一箱古本市があるみたいです。空の下、自由な感じのするいい名前です。

Tagged with:
 

開店当初、知床のミニプレス「シリエトクノート」を販売していました。もう、ローカル極まりない内容でしたが、何故か瞬く間に売り切れました。バックナンバーを注文しようと思ったのですが、連絡が取れずそのままになってしまい、ご縁がなかったなぁ〜と諦めていました。ところが・・・

一昨日、閉店間際に一人の女性が入店されました。なんと、「シリエトクノート」のNさんでした!

「えっ、知床から来られたんですか?」「はい。修学旅行以来の京都です」

そして、「シリエトクノート」の最新号とバックナンバーを見せていただきました。「美しい!」最初に入荷していた号に比べて、判型もブックデザインも格段に優れた出来です!!

6号は「わたしたちの『窯』ライフ」。知床で、窯のある生活を営んでいる人の特集です。パン屋さん、ピザ屋さん。陶芸家さんなどが紹介されています。窯相手の生活の喜びが写真と文章から伝わってきます。

7号は「絵になるシリエトク」。表紙のあかしのぶこさんの熊の絵だけで、熊ファン、星野道夫ファンは買いです。一言で言えない複雑な魅力に満ちた顔。次に登場する、富田美穂さんの牛の絵は「威風堂々」という言葉が相応しい作品です。実物をぜひ見てみたいものです。

他にも魅力的な作品を描く作家さんが登場して、知床の自然の様々な姿を楽しませてもらえます。

そして、最新号8号の特集は「斜里トリもの帖」。バードウォッチャー、写真マニアにはこたえられないと思います。表紙の、ふっと飛び出しそうな感じでロープに止まる鳥の写真は、ちょっと部屋に飾っておきたいかも。交尾直前のオジロワシのつがいの一瞬を捉えた山鹿裕司さんの写真は、生の強烈な一瞬を見事に収めた圧倒的な作品です。

どの号も、知床の魅力をアプローチを変えて伝えています。地元で生活している人達でなければ出せない知床への愛情があふれています。価格は税込み400円!次の休暇には、きっと行きたくなりますよ。因みに「シリエトク」はアイヌ語で「地の涯」という意味です

さらに、北海道に行きたくなる企画として6月3日から15日まで、「北海道しべちゃ町からなかまの家の暮らし展」をいたします。

北海道で、いつもお世話になっている釧路湿原のお宿「なかまの家」の日々と暮らしの紹介と、オリジナルグッズ展です。お楽しみに。

Tagged with:
 

先日TVを観ていたら、「ジェットストリーム7枚組CD」の発売CMをやっていました。50代以上の世代には懐かしい響きですね。

高校時代、FM大阪深夜番組は最もセンスが良く、毎土曜日深夜の資生堂提供「渡辺貞夫サウンドトリップ」を聴いてジャズに目覚めました。この局で、毎日24時から放送していたのが、「夜のしじまに」という城達也のシブイナレーションで始る「ジェットストリーム」でした。(開始は1967年。年日本航空がスポンサー)まだ、海外旅行が遠かった時代、キラキラ輝く、ゴージャスなイージーリスニングの名曲を流して、城さんの大人なナレーションで旅情を誘ってくれる1時間のプログラムでした。

ところで80年代初頭、児童文学の季刊誌「飛ぶ教室」に池澤夏樹は「南の島のティオ」を連載し始めます。十編の美しい短篇からなるこの小説は、大自然の宝庫のような南の島への旅情を誘う小説です。受け取った人が必ずやってくる不思議な絵葉書を作る人や、とても個性的な人達の住む島。優れた児童文学に与えられる小学館文学賞を受賞していますが、大人が読むべき短編集です。

この本の最後に、島に住む少年ティオの挨拶が載っています。

「この本の主役はぼくじゃない。島に住むぼくの仲間や大人たち、よそから来てうちにホテルに泊まった人、それに珊瑚礁や、ムイの山や、椰子の木、それから海と空、そういうもの全部が主役だと思う。この本を読んで、島のみんなに会いたいとか、この海で泳いでみたいとか、魚釣りをしてみたいと思ったら、ぜひ来て下さい。そしてうちのホテルに泊まってください。」

「南の島のティオ」は文庫もありますが、装幀もゆっくりお楽しみいただきたいので単行本がオススメです。(楡出版・絶版800円)

池澤さんの本には旅情を誘うものが多く有ります。

「クジラに知り合いがいるというのは、ちょっと嬉しいものだ」なんて楽しい文章が一杯のエッセイ「明るい旅情」(新潮社500円)や私の一押しの傑作短編集「骨は珊瑚、眼は真珠」(文春文庫350円)など、「ジェットストリーム」のように遥か地平線の彼方へと誘ってくれます。

 

因みに「ジェットストリーム」はFM東京系でオンエアされているようで、お相手は俳優の大沢たかおさんとの事です。

Tagged with:
 

DECO-CHAT Vol.2号「旅のツヅキ」(900円)入荷しました。1号が「旅と本のコラム」でした。そして、2号は、寺山修司風に言えば、「書を捨てて旅に出よう」です。

執筆者は4人。それぞれの旅への思いが語られています。夏葉社代表の島田潤一郎さんの「忘れられない青年」。セネガルで出会う青年の持っている白地図の白が強烈に目に差し込んできます。

「人生をこんなデタラメな切り抜け方で進もうとするなんて。そんな青年が、いま目の前に、ここにいることに、

僕はただ感動していた。」

扉野良人さんの詩「気だてのいい滞在」。これは、もう青、それも不純物のない、痛々しいくらい純化された青のイメージです

「烏賊釣りの造船が退屈そうに離れる/ 海は空の影/ 空は海の影/ 海は空/のわたしたちは急ぎ次のページを繰って出立し」

共に吸い込まれそうです。「活字と自活」等の著書でお馴染みの萩原魚雷さんの「古本旅日記」。若き日の、古本探しの旅。

「いちど家を出たら体力と財力の限界まで旅先をさまよった」

熱い夏、野宿して、古本を求めて彷徨う姿が目に浮かびます。リトルプレス「For Everyman/フォーエブリマン」主宰の川田拓也さんの「どこにも行けなくて」の帰省の捉え方は、どんよりとした曇天に向かって列車に乗るイメージが新鮮です。

「本の中に見つけた隣人の、ため息のような言葉。ただ、『いてくれてありがとう』『書いてくれてありがとう』と思う。」

いや、ホントウに「書いてくれてありがとう」です。

そして、掲載されたすべての文章には林裕美子さんの英語訳が付いています。先ほどの詩「気だてのいい滞在」のラストフレーズはこうです。

“We started to turn our new page,while we left a piece of bookmark between the sea horizon”

ちょっと声に出してみたくなります。全体のデザインと写真は東海林さおりさん。鏡に映る物体。私には異星人に見えます。彼(彼女)もまた、遥か遠くの銀河を彷徨っているのかもしれません。

旅行雑誌にあるような、さぁ〜旅に出よう!みたいな晴れ晴れとした感じではなく、どこか淋しげで、うつむき加減で、肌寒いイメージが、私は好きです。高校時代の貧乏旅行を思い出しました。この本を持って旅に出て、どこかの駅、港にポイっと置いて来る、そして、それを知らない誰かが読むというのがピッタリな気がします。

 

 

Tagged with: