布作家、早川ユミの新刊「野生のおくりもの」(KTC中央出版1728円)が入荷しました。

「土から生まれる 土は はじまり 土にふれる手によろこび 土のうえにいると、わたしの野生がおどる」

という詩で始まるこの本は、土、そして大地と共に生きる考えを、様々な角度から描いた、いわば彼女の思想の拠り所をまとめた一冊です。

1971年、京都国立近代美術館で開催された「現代の陶芸ーアメリカ・カナダ・メキシコと日本」展で、鯉江良二の「土に還る」という作品に出会ったことが、彼女の分岐点でした。当事14歳だった著者はこう語っています。

「一瞬にして『土に還る』ということばが、わたしのからだにすっぽりはいっていきました。そして、そのあとのわたしの人生には『土に還る』が、こころのまんなかにいつでもあって、わたしの根っこのひとつになったのでした。」

「土に還る」とは、具体的にどう生きてゆくことなのかの思索の旅の始まりです。沖縄へ、アイヌへ、インドへ、とその土着の文化の根源に触れてゆきます。

「土から生まれる思想。沖縄やアイヌの祖先、縄文人にとっても、土は母なる大地だと信じています。縄文土器は母なる女のひとのからだをあらわしたもの、沖縄のひとのお墓は子宮のかたち、アイヌにとっては母なるものは川だといわれています」

母なるもの、女性性を代表するようなものを、現代の文明がぶち壊してきました。これからは、いかにして自然によりそう暮らしへとむかってゆくかを彼女は考えます。この本には、多くの人が登場します。この本に力強い絵を提供したミロコマチコ、フォークシンガーの友部正人、作家の田口ランディといった個性的な面々。京都白川にある「なやカフェ」や、鎌倉にあるパン屋「パラダイスアレイ ブレッド&カンパニー」等の、大地と関わりながら生きている人達の面白い生き方や、考え方が満載です。「くらしに野生の種をまく」指針となりそうです。巻末には、「野生をまなぶ本たち」という有り難い一覧まで付いています。

以前の著作、「種まきびとのものつくり」(2052円)、「種まきびとの台所」(1944円)も入荷しています。

 

 

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

暑い日が続きますが、お立ちよりください。

★休業のお知らせ 8月7日(月)8日(火)は古本市の準備のため連休します。 

8月21日(月)〜25日(金)は、夏期休業いたします。よろしくお願いします。


Tagged with: