衝撃的だった処女作「鉄男」(89年)から、私が久々に観た塚本晋也の新作「斬、」は、寡黙な時代劇でした。和太鼓が乱舞するオープニングは緊張感が漂い、木刀で打ち合うシーンからスリリングでパワフルな殺陣が展開されていきます。

江戸時代末期。農村に身を寄せる若き浪人都筑杢之進は、農家を手伝って食いつなぎながら、農家の息子・市助に剣の稽古をつけ、自身の腕も磨くという日々を送っています。この農家の娘ゆうと、杢之進とは身分が違うもののお互いに魅かれ合っていました。

そんな時、二人の稽古を見ていた剣豪の澤村が、杢之進の腕に惚れ込み、大きく時代が変わろうとしている今、京都の動乱に参加しようと持ち掛けます。もちろん、杢之進は受けるのですが、実は彼は実際に人を斬ったことがありません。本当に人に刃を突き立てることが出来るのかという葛藤が日増しに大きくなってきます。

この辺りから、映画は、従来の時代劇から逸脱していきます。刀で相手を斬りつけることの恐怖に取り憑かれてゆく杢之進。現れた無頼漢たちの集団と対決する時ですら、刀を抜かず、丸太棒でぶつかってゆく有様です。徐々に狂ってゆく杢之進。山奥を彷徨い続け、ついに刀を抜くのですが、魂は安らかになることはありません。深い森の中を刀を引きづる音だけが不気味に響くところで映画は終ります。一人の若き武士の悲劇を見事に描き上げたと思います。

主役を演じた池松 壮亮、ゆうを演じた蒼井優、そして寡黙な剣豪を演じた監督の塚本晋也。ギリシャ悲劇を彷彿とさせる演技の絡み合いを堪能しました。雨に打たれ、血みどろ、泥だらけになって、山を彷徨うお三方、お疲れ様でした。

ところで、長年にわたり塚本作品の音楽を手掛けてきた石川忠が2017年に亡くなりました。この作品も石川が音楽を担当していたのですが、監督が受け継ぐ形で石川の作った音楽を編集し完成させています。重厚で深淵な音楽は、映画音楽としては今年のベスト1でした。なおこの作品で石川は第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀音楽賞を受賞しました。

 

 

 

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)

Tagged with:
 

杉浦日向子原作の映画「合葬」(原作についてはブログで紹介済み)を観て来ました。なんと、館内は数名というガラガラの状態でしたが、佳作でした。

監督は京都生まれの小林達夫。1985年生まれですから、今年30歳。これが劇場公開第一作です。主要スタッフを観ると、とんでもない人選です。撮影の渡辺伸二(57歳)はTV、映画で引っ張りだこの松竹の第一線カメラマン。照明の高橋齋は、北野武の作品のうち、17作品で現場を仕切っていた人です。美術の馬場正男(88歳)にいたっては、なんと黒澤の「羅生門」から製作に参加していました。

つまりトップクラスの映画職人相手に、彼等からみたらキャリア的には若造の監督は、一歩も引かず、一コマ、一コマ、一流の技術を得て、見事な映像を作り上げました。それだけでも拍手ですが、こんなに端正で美しい時代劇を処女作で創り出すなんて、驚きです。

原作は、江戸幕末にテロリスト集団と断罪され滅ぼされた彰義隊に、それぞれの事情で入隊した三人の若者の青春と無惨な最後を描いています。映画も概ね、その通りに映像化していきますが、原作の持つ、繊細なタッチを画面に捉えるには、やはり実力派のスタッフは必要だったのです。ワンカット、ワンカットが、絵画のように美しく迫ってきます。圧巻はラスト近くの政府軍との合戦シーン。彰義隊が引き篭もる寺の池に群生する蓮を捉えたカメラが、遠くの方で聞こえる合戦の声に向かって移動していきます。そこへ、激しい雨が降ってきます。雨粒で揺れる蓮。これは、原作に書かれた雨脚の見事な映像化でした。

時代劇でありながら、派手な立ち回りは少なく、物量で見せる合戦シーンもありません。ひたすら時代に流されてゆく若者達の儚い生の一瞬を描くことに終始します。

ラストは、原作と全く違います。「ジョゼと虎と魚たち」で鮮烈デビューし、NHK連続ドラマ「カーネーション」で大いに楽しませてくれた脚本の渡辺あやは、原作ではそんなに比重の重くなかった人物を、ラストで生かせます。成る程、こんなエンディングもあるのかと、やはり感心しました。

音楽を担当しているのがASA-CHANGE&巡礼(右写真)という無国籍音楽を演奏するバンド。エンディングの曲に圧倒されました。ご詠歌、インド古典音楽、ガムラン、謡曲がブレンドされているのですが、見事なオリジナルな曲になっていて、映画の終わりに相応しい曲でした。今年の一曲と聞かれたら、これです。

あれだけ入りが悪いとすぐ終了するかもしれませんが、磨き上げられた美しさに満ちた映画として、お薦めします。

Tagged with: