金沢に住む普通のおばあちゃん、マスダさん著「金沢ばあばのまほう手帖」(風土社/新刊1980円)は、日々の料理や暮らしを楽しむちょっとした知恵が満載の本です。マスダさんは、昭和14年に石川県に生まれました。18歳の時、金沢に住み始め、以来この地で暮らしています。

「私がこれまで普通にして来た金沢の暮らしのことを知りたい人がいるらしくて、なんやら恥ずかしいけどね、普段の暮らしの一部である、食べ物、掃除、信仰と、いつものレシピや行事ごとなどを季節ごとにまとめてみたし、ちょっとした合間にでも読んでみてね。」

というように、日々の食事のレシピが紹介されています。ゴージャスな料理でありませんが、どれも優しくて美味しそう。「エビス」という乾燥寒天を使った郷土料理なんかも掲載されています。

「熱が出たら、梅干しの種を取って、実を左右のこめかみに濡れたまま貼りつける。熱を吸って梅干しがカラカラに乾くので、それを繰り返ししているうちに熱が下がってくるね」

なんて、おばあちゃんの知恵も必読です。

もう一点。こちらは地元京都で面白い本を出して来たしろうべえ書房の新刊「京都町中華倶楽部」(650円)です。京都には、昔ながらの中華屋さんが沢山あり、「中華料理」と染め抜かれた赤い暖簾が古都に溶け込んでいました。しかし最近は、町の中華料理店がどんどん閉店して、代わりに台頭して来たのがラーメン専門店です。それもまた時代の流れなのでしょうね。

「この本は、京都の町中華をアーカイブする目的で作られました。ただのグルメ紹介だけでなく、店のたたずまい、大将やお客さんの風貌、店の周りの町並みも含めて、まるごとその町中華の<味わい>として書き残してゆこうという試みです。」

今回は西陣亭(2020年閉店)の大将の切ない話と、西陣の歴史が語られています。「西陣織という一つの産業に基づいて形成された町・西陣の真ん中で、西陣亭もその胃袋となって繁栄を支えてきた店の一軒」と位置付けられています。西陣中心地図も付いているので、散策には最適です。

さらに、京都中華屋地図があり、本誌が推挙する店が掲載、そして詳細なレポートまであります。これはその辺の情報誌には真似出来んなぁ〜と思います。なお、「京都町中華倶楽部」は、表紙に「創刊号」とあるように、今後も出ます! 中華屋だけで引っ張るのか!と思うと応援したくなりますね。

 

 

北海道は釧路湿原にある「なかまの家」展は開催1週間経ちました。

「6日と7日は京都の会場にいます」とブログやFacebookで宣言して、暑い京都までわざわざお越し下さったなかまさんちの娘さん。それにしても関西方面から続々会いに来られたお客様の多い事!

「なかまの家」のファンの方(お客様)、なかま父の幼なじみ、なかま母のお知り合い(お顔が広いので多い!)、ご親戚(こちらは東京より)、なかま娘の後輩、友達の友達等々。京都や滋賀県や兵庫県に実家があったり、京都で仕事していたり・・・、と思っていたら、土曜日には、山梨県だの石川県や群馬県や広島県だの、と、皆さん北海道よりは近いか!ということで週末に来て下さったらしく、書房内は再会を喜びあう人達で笑顔一杯でした。

ギャラリーで個展をして頂くと、たいていは、懐かしいお知り合いが訪ねて来られて盛り上がる事が確かに多いのです。けれど、遠く離れた土地で開催中に、こんなにたくさんのお友達が来て下さるなんて予想外でした。それだけ旅で出会った思い出が素晴らしかったということでしょう。そして「なかまの家」というマイナーな所を選んで旅する人は、面白そうやん!と思うと、「そうだ、京都なら会いに行ける!」と思われてお出かけ頂いた方が多いのかもしれません。何より「なかまの家」のお父さん、お母さん、娘さんとの関わり方が、フツーの宿との関係ではないということでしょう。

食べることも着ることも住むことも、出来る限り自分たちの手で作り出す暮らしを、この何でもお金で買える時代に実践している家族の風景。北海道に行ったことがある人も、ない人も、釧路湿原の暮らしを見て「遊びに行きたいな〜」と思ってくだされば、嬉しいです。

 

「とほ宿」(596円)「なまら蝦夷」(823円)「スロウ」(905円)「チビスロウ」(540円)など北海道の旅の本も一緒に並べています。

 

それにしても、自然な色合いのフェルトの作品は、暑い時期にも関わらず、思わず手に取る可愛らしさです。もしお時間ありましたらぜひ覗いてみて下さい。(女房)

 

Tagged with: