九州の出版社、書肆侃侃房が始めた「韓国女性文学シリーズ」の中の一冊、クォン・ヨソンの短編集「春の宵」(新刊書1980円)は、本の帯に書いてあるように「苦悩や悲しみが癒されるわけでもないのに酒を飲まずにいられない人々」の姿を描き切っています。

1965年生まれのクォン・ヨソンの小説が日本で紹介されるのは、これが初めてですが、現在韓国を代表する小説家で、本作は作家の力量が最高潮に達したと本国では絶賛を浴びました。自身愛酒家であり、この本の原題が「あんにょん、酔っ払い」にしたというぐらい、収録された七つの短編全てに酒を飲む人が登場します。けれども、それが楽しい酒ではなく人生の絶望から逃げるように、あるいは忌まわしい過去を忘れるために飲む輩ばかりで、何らかの事情で酒に依存しています。

その悲惨な姿が特に際立ったのが、日本版のタイトルになった「春の宵」です。生まれたばかりの子どもを離婚した夫の家族に取られて、生きる希望を失ったヨンギョンが、アルコールに依存していき、自ら破滅への道を選んでしまう物語です。よくあるストーリーなのですが、リアリズムに徹した文体で、主人公が追い込まれていく描写が力技です。

ヨンギョンがコンビニで酒を買って飲み始めるシーンです。

「きつく締まっていたネジがゆるゆると解け、愉快で気だるい生命感で満ち溢れた。これらは中毒になった体が起こす偽りの反応なのだが、そんなことはどうでもよかった。腹を空かせた赤ん坊が乳に吸いつくように、彼女の体はさらに多くのアルコールを吸収したがった。」

別れた恋人の姉と酒を飲みながら、かつての恋人のその後の数奇な人生を知る「カメラ」、離婚寸前の夫婦が友人と旅行にゆく道中で浮かび上がる、アンバランスな環境と出口の見えないその先を描く「三人旅行」、アルコール依存症の作家が視力を失ってゆく翻訳家との出会いを描く「逆光」など、一度に読んだら滅入ってしまうような作品が並んでいますが、読ませます。

「逆光」の中にこんなセリフがあります。翻訳家が作家に向かって「私といっしょに昼酒でもいかがですか、先生」そして始まる酒宴。アルコール依存症の作家は、こんな独白をします。

「他人の目から見ると、ひまさえあれば酒を飲んでいる自分の人生こそ驚愕に値するのではないか」と。

これまで全7シリーズが出版されています。全て在庫しています。才能溢れる韓国女性作家の世界を楽しんでください。★書肆侃侃房の韓国文学パンフレットを置いています。(無料)

「まだすこし他人行儀であったのに西瓜のシミで夏と化すシャツ」夏ですね。

「誰かいる気配だけあり誰も居ぬ公衆トイレの個室のなかは」 ちょっとゾッとしますけど、わかります、この気分。

「そんなにも生きるのですかお寂しいでしょうと蝉に同情されて」 一週間しか地上で生きられない蝉から見た人間の生ですが、笑えてきます。

これらの短歌は、書肆侃侃房から出版された寺井奈緒美の短歌集「アーのようなカー」(1836円)に収録されています。九州の出版社書肆侃侃房は、多くの短歌作家の作品集を出しています。滅多に短歌集は読まないのですが、この出版社とお付き合いを始めてから、ポツポツと読んでいます。

この出版社と本格的に取引を始めたのは、文学ムック「たべるのがおそい」を販売してからになります。毎回様々の特集を組み、第一線の作家たちが作品を書いています。最新7号は「ジュヴナイルー秘密の子供たち」で、小山田浩子、西崎憲、映画監督の岩井俊二など多彩な顔ぶれが揃っています。3号「漱石・鏡花・白秋」の特集号の小川洋子、今村夏子、星野智幸、山尾悠子等々、現代文学好きには応えられません。

また、現代韓国女性作家の文学を通して、韓国社会の光と闇を見つめる「韓国女性文学シリーズ」を6点出しています。最新作、ベン・スリンの短編集「惨憺たる光」(1944円)を含めた全作品を集めました。アメリカの文学賞シャーリージャクソン長編部門賞を、初めて韓国の小説家ピョン・ヘヨンが受賞した「ホール」、韓国のスティーブン・キングと呼ばれるチョン・ユジョンの長編ミステリー「七年の夜」等々、どの作品も興味深いものばかりです。個人的に一番読みたいと思っているのが、クォン・ヨソンの短編集「春の宵」です。何も解決されないのに、アルコール依存で酒を飲まずにいられない人たちの絶望、希望を描く作品が並んでいます。こういう作品を読む時は、お酒が要ります。

入荷した途端に売れ行き好調なのが、北村紗衣の「お砂糖とスパイスと爆発的な何か」(1620円)です。

「私たちはフツーに生きているだけでいろいろな偏見を身につけてしまって、檻に入ったような状態になっています。第一部に入っている『檻に入っているのは、犬じゃなくて私〜ブァージニア・ウルフ『フラッシュ」」では、犬のフラッシュよりもむしろ飼い主のエリザベスが社会という檻に入れられていました。私を檻から出してくれたのは文学とフェミニズムでした。わんこを連れて逃げたい時に、文学や芸術が助けてくれることもあるのです。」

と筆者があとがきで書いている通りフェミニズム批評の本です。自由に批評するために自らの檻をぶち壊そう!とする、シェイクスピア研究者である著者が贈る評論で、早くも重版が決定したとか。全国的に売れてるみたいです。

こんなユニークな本を出している出版社を全面的に応援します。うちで一番多く並べているミシマ社の棚の近くに、書肆侃侃房の棚を新設しましたのでみてください。

 

 

 

 

 

 

★まことに勝手ながら7月1日(月)〜2日(火)連休いたします。よろしくお願いいたします。(レティシア書房)

 

♫トーク&ライブのお知らせ  

7月13日(土)18時30分より 『澤口たまみ(語り)石澤由男(ベース)ライブ』

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが再びやってきます。澤口たまみがさんが岩手のイントネーションで賢治作品を朗読。ベーシスト石澤由男が伴奏を添えます。 朗読作品は、岩手の自然を見つめ、野原や林からおはなしを貰ってきたという「鹿おどりのはじまり」他を予定。

●18時受付開始  18時30分より (2000円)ご予約ください。

                     075−212−1772(レティシア書房)

九州の書肆侃侃房から、京都在住の歌人、林和清さんの新作「去年マリンバードで」(2052円)が入荷しました。理解できたような、できなかったようなアラン・レネのフランス映画のタイトルと同じ題名ですが、映画とは全く関係ありません。

個人的には歌集は、殆ど手に取ったことがないのですが、この出版社が出している「現代歌人シリーズ」が十数冊入荷したので、これを機会に読んでみようと思っています。

「二十七年前のクリスマスイヴの朝わたしのベッドで仔猫が生まれた」

幸せをもたらすようにやってきた猫の表情が、映画みたいなフレームの中に取り込まれています。

「家の中でどこをさすらっていたのだろう東山から月がのぼる」

ちょっとシュールな感覚ですが、なんとなく微笑んでしまう作品があるかと思えば、

「寒月に遠く清水寺が見ゆ死者からもこちらが見えているだろう」

という、ぞっとする視線を感じる作品もあります。映画のタイトルを作品名につけるだけあって、映画がお好きみたいです。例えば、「『タクシードライバー』のラスト五分は死んだあとの夢だよなんて気づかないんだ」など、映画タイトルを入れてある作品が何点かあります。

「旅に出れば旅の記憶がかぶさっていくつもの時を旅する」

という歌に出会うと、当ブログでも紹介した「メッセージ」という新感覚派のSF映画を思いだしました。

京都観光に来られた方には、

「寺田屋事件のあとは即座に血まみれの畳替え客を迎へしお登勢」などいかがでしょうか。

「現代歌人シリーズ」は、どれも素敵な装幀で、手に取りやすいシリーズです。気楽に歌集を開いて、沢山の言葉を楽しんでいただきたいと刊行作品すべて仕入れました。

その中で、岡井隆の「暮れてゆくバッハ」(2376円)の中にある「にがにがしい結末であるしかれどもそれに傘などかりてはならぬ」が目に止まりました。この歌、いいよなぁ〜と思える歌人を探してみてください。

ずらっと歌集が揃ったなぁ、と思っていたところへ、今度は京都で作り続けている御手洗友紀さんが歌集「こいのうた』(600円)を持ちこんでこられました。ミニプレスのコーナーで販売中ですので、こちらもご覧下さい。

 

 

文学ムック「たべるのがおそい」(vol.1vol.2各1404円)という本が、福岡の出版社「書肆侃侃房」からでています。

1号の特集が「本がなければ生きていけない」、2号の特集が「地図−共作の実験」です。若手作家、ライター、詩人、歌人がそれぞれに作品を発表していて、1号では藤野可織、穂村弘、2号では津村記久子、森見登美彦らのベテランも登場しています。

「本がなければ生きていけない」は、同じ様なタイトルの特集で、本への熱い愛情を語ったり、大事な本を抱えた作家と幸せそうな写真、などが多い中、こちらはいたってクールなところが心地よい。本を読む事についての思いが短いエッセイで語られています。そして、作家の気になる三冊がそれぞれ紹介されているのですが、どれも個性的です。歌人でありながら、校閲を生業としている佐藤弓生さんが、職場の静けさをこんな風に描いています

「みな鉛筆を手に黙ってゲラを読んでいます。じょわーと電動鉛筆削りの音がたまに響くのも風情があります、鉛筆の匂い、いいですよ森っぽくて」

「いいですよ森っぽくて」って素敵な表現だなと思いました。

また「なお眼鏡女子、男子が多いので、文学フェチかつ眼鏡フェチには天国っていうかむしろ浄土かも」という文章には吹き出してしまいました。

第1号で「公共へはもう何度も行きましたね」ー言わずとしれたフォークの名曲マイペースの「東京」のパロディですーというタイトルで短歌を発表している岡野 大嗣さんの作品が気に入りました。こんな作品です

「映画館で大きく笑う老人を見かけて生前の祖父だった」

「あれは赤い観覧車ではなく観覧車が赤く深呼吸をしているんだ」

「夕方のにおいがホームセンターで行き交う誰もが晩年めいて」

なんだかどれも、そんな感覚を持った覚えがあるような。

この出版社、全国のジャズ喫茶巡りの本を出しているかと思えば、若手短歌作家の短歌集も出しています。最近のものでは、中山俊一「水銀飛行」、杉谷麻衣「青を泳ぐ」、鈴木晴香「夜にあやまってくれ」(各1836円)を仕入れました。

短歌なんて縁遠い世界だと思っていたのですが、若手作家の作品は刺激的で、面白いものがあります。

「お彼岸の花屋に集う蝶々のどれもこれもが命に見えた」

「教える手おしえられる手が重なってここに確かに心臓がある」

どちらも鈴木晴香「夜にあやまってくれ」の作品ですが、ユーモアとハートウォーミングな感性が詰まった短歌集です。