本好きのための雑誌「ぽかん」の最新5号(972円)が入ってきました。文学が好きで、本を読み、素敵な文章を大切にしている人なら、これはぜひ買って下さい。

「ぽかん」は3冊で構成されています。本誌「ぽかん」と小冊子「のんしゃらん通信」そして100冊の本を紹介した、広げるとポスターになる「ぼくの100」です。

本誌に掲載されている文章は、どれも味わい深く、日本語がゆっくりと染み込んできます。服部滋さんが書かれた戦時中の特攻兵器「回天」搭乗員和田稔が、敵艦に体当たりすることなく、艦内で窒息死して浜辺に打ち上げられた悲惨な話は深い悲しみに包まれています。亡き兄を偲んで、歌人の妹がこんな歌を詠んでいます。

「浮上し得ぬ回天をめぐる海底の沈黙兄は死にゆく」

そうかと思えば、昔の記憶が段々とおぼろげになってゆく様をユーモア溢れる文章で描いた佐久間文子さんの「とけていく記憶」。あるいは無為に過ぎ去っていった大学時代のちょっと変わった友人との交流を、まるで極上の短編小説の趣きで振返った保田大介「友だちと文庫本にまつわる話」など、どんどんと読んでいきたくなるものが詰まっています。

ところで、あの早世したジェイムス・ディーンがこんな事を言ってたんですね

「永遠に生きるつもりで夢を見、今日死ぬつもりで生きよ」

この意味、外村彰さんの「多喜さん漫筆」をお読みいただければわかります。

もう一点、200円ながら、作った人達の本への愛情溢れる「本と本屋とわたしの話」の8号も入りました。

「古本屋は、人生の道草にうってつけの場所だ。そして、その道草は、ぜいたくだ」

いい言葉ですね。

「ほんのこぼれ話 棒線は友だち〜傍線は友だち」は、方々に線が引かれた武田百合子の「犬が星見た」についてのエッセイですが、微笑ましくなってきますよ。筆者は赤線を引いた方に対抗して、青線をどんどん引いていきます。そして、最後にこう呟かれます。

「赤い傍線のひと、生きていますか。今もお元気ですか」と。

埼玉発のミニプレス「オバケダイガク」が入荷しました。

ミニプレスっていうよりは、個人が謄写版で刷って、綴じましたという可愛いものです。バックナンバーも含めて、4種類入荷しましたが、すべて表紙は、どこかのお店が使っているマークが取り上げられています。最新号は、別府駅前の弁当店「でか弁」のビニール袋にのっているマーク(と言っても、地元の人以外たぶん知らない)で、裏表紙は埼玉県、川口市のパン屋さんの商標です。

なんでも編集者が、個人店のオリジナル食パン袋をコレクションされているそうです。

最新号の特集は「埼玉 日光街道を行く」ですが、プッと笑えます。編集者と一緒に街道筋をブラブラと歩きながら、面白い看板を見つけては絵に描いたり、お店に寄ったりという気分です。最後は明治創業のお風呂屋さん「巴湯」でひと風呂あびるところで終り。

前の号では、博多から韓国釜山の気ままな旅が特集です。手描きイラストが、どれも面白いのですが、韓国の農協みたいなところで、大はしゃぎ?してしまい、そこで買った100枚の海苔を束ねてあった細い紙に載っていたマークが、表紙に使用されています。20ページ延々、まったり韓国旅行記です。二泊三日の旅の最後は「免税のキリン一番しぼりをプシッとやっちまいました」。

豆本みたいなオマケ(右の写真)がついて、それで200円は安い(?)かも。

 

そうそう、200円といえば、お馴染み「本と本屋と私の話」の7号が入ってきました。本好きなら、毎号買ってもらいたいミニプレスです。本の、或は本屋さんの持つ暖かさが感じられます。林あゆみさんの「ボヤンさんからきた手紙」というエッセイで、モンゴルの詩人との交流が綴られいますが、筆者が自分の好きな詩人として、ウンベルト・サバを取り上げています。私も読みました。須賀敦子の翻訳で出た「ウンベルト・サバ詩集」(みすず書房・初版2400円)。表紙の素敵な詩集で、何度もパラパラめくりたくなる詩集です。

一番最後に、大阪南の文の里にある古書店「居留守文庫」の事が出てきます。レティシアでの古書市にもご参加いただいた魅力的な古書店です。京都からちょっと遠いけど是非行ってみたい書店です。