店長日誌でもご紹介しておりますが、ただいまレティシア書房では、絵本「想いのとどくノートブック」の原画展を開催中です。

絵本作家yossanとの出会いは、本棚からでした。

って言うのは、レティシア書房の本棚を作っていただいたクシュさんの連れ合いさんなのです。

初めてクシュさんの工房をお訪ねした折、飾ってある彼女の絵を見て、素敵だと思いました。お話していく中で、もうすぐ(昨年春の時点)本が出る、ということがわかり、開店したらきっと展覧会をしてもらえるようお願いしました。その約束がかなったわけです。

 

彼女は小さい頃、佐野洋子さんの絵本を見て、お手紙を書いたそうです。お母さんに出してもらった初めてのファンレターに、作家本人からちゃんと返事が返ってきて、「絵本って人が描いてるんだ。」という実感を持った幼い彼女は、そのときから絵本作家を目指したというのです。

 

初めての絵本を佐野さんに見て欲しかったな〜としみじみ話してくれました。

この絵本展の最終日に、ひょんなことから京都メリーゴーランド店の店長さんが、ウクレレをギャラリーで演奏してくださることになりました。メリーゴーランドといえば児童書の有名店ですが、これまた偶然にも4月末には佐野洋子さんの回顧展が開かれるとのこと。

ご子息の講演がメリーゴーランドであるので、yossanは早速申し込みました。

「なんかご縁を感じるんですよね。」とさらにしみじみ・・・・。

 

お店を始めてみて、つくづく人の縁を思います。

見えない糸でつながっているような温かい気持ちになった絵本展初日でありました。

よかったらまた覗いてみてください。もしかしたら、誰かを思い出したり、ひょっこり誰かとあえるかもしれませんよ。(女房)

 

yossanの絵本「想いのとどくノートブック」原画展は4月22日(日曜日)まで。

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

レティシア書房の棚で、小さなガラスの生き物が生息しております。

井本真紀さんの「kumonoko」です。

羊毛から、にょっと足が出て、トコトコ歩いていきそうでしょ。

3月に京都府文化博物館で開催された「羊パレット」に出展された作品ですが、そのまま帰省せずに、うちの店に居着いています。

羊毛とガラスがくっついたこの不思議な子たちは、まるで古本屋に棲んでいる妖精みたいに可愛い。

ただ、本屋の棚になじみすぎて、作品だと気づかない方もいらっしゃるので、かえって作家さんには申し訳ないことです。

 

羊毛とガラス。異質なものがくっついて、今にも動き出しそうなこの作品が、羊毛がガラスを取り込んだり、ガラスが羊を飲み込んだりして、さらに発展して行けば、おもしろいことになるかもしれません。

 

お暇があれば、妖精達に会いにきてください。(女房)

Tagged with:
 

レコード店や、本屋の店長の経験のある連れ合いと違い、私は店番をするのが恥ずかしいほど本に関しては素人です。読書好きと名のる程読んでもいないし、店に一人座っていると、お客様と何を話していいかわかりません。

けれど、ぼーっとしているのが邪魔にならないのか、ゆっくり本を選んでくださっているみたいで、それはそれで良いかなと思ったり。

 

古本屋を始める事になりそうだと、鳥取県に住む短大時代の友人ノブちゃんに年賀状を出したら、「私も本屋をするつもりで勉強中。いつ?どこで?店を出すの?」と年明け早々電話をくれました。彼女は学校の図書館司書をしていて、児童書の本屋さんを考えているようです。2月に京都に来た彼女と会った時、時期を同じくして店を持つ事を考えていたという一点だけで、なんかずーっと一緒にいたような気分になったものです。

 

3月の末、再びこちらに来る用事ができた彼女は、鳥取駅を出たときにメールをくれたので、店で会う約束をしました。私がいる事がわかった途端、その手でもう一人の友人ヒトミさんに電話してくれて、夕方二人でご来店。なんと、ヒトミさんはノブちゃんの電話で、大阪府北部の能勢から2時間ほどかかってわざわざ来てくれたのです。しかも二人は、短大を出て京都を離れてから、あまり連絡もとってなかったというから驚きです。たまたま仕事が休みの日だったらしいのですが、それにしても嬉しいことです。20歳頃から肝の座った頼がいのある姉御でしたが、変わっていない。「お互い性格っつうもんは変わらんな。」などと笑いながらひと時の再会を楽しみました。

 

本屋を始める時、暢気な私もさすがに「これはエライこっちゃな。」と何度か引き返しそうになりました。開店して約1ヶ月。慣れないことばかりで落ち着かない日々を過ごしてきましたが、こういう嬉しい再会があると力が出ます。ここに居て、居る事だけで、外とつながっていけるとしたら、案外おもろい老後が待っているかもしれない、とちょっと幸せな気分です。(女房)

 

 

Tagged with: