1988年「タイムマシンにお願い」で漫画家デビューした杉本亜未。SFから時代劇まで幅広い作品を送り出してきた彼女が、映画大好きいっぱいの本「CINEMA TAMASHII! 」(ミニプレス/1200円)を出しました。

一言でいえば、笑えます!!

さすが漫画家だけあって、取り上げられた映画のキャラクターを魅力的に描いています。「『コリアンジウム』熱いストーリーに燃え、いい男のオンパレードに萌える、あふれる映画愛を描いたイラストを一堂に」という見出しで、韓国映画から始まります。

私も最近観ましたが、血だらけ、オカルトどろどろ、後味が最高に悪いのに傑作だった(?)映画「哭声/コクソン」に登場する不気味度世界一の國村凖のフンドシ姿のイラストは、お見事。「ふんどし ふんどし一丁で山の中にいるんですよ」てっいうキャプションも最高です。

昨年劇場で観たゾンビ映画「新感染ファイナルエクスプレス」の紹介では「釜山行き、KTXにゾンビウィルス患者が乗って、アッというまにお客様がゾンビに!ワクワクする展開でテンポ良く進みゾンビも元気で良くて楽しかった」と、大喜び。

イラストや文章で、ちょっと観てみようかという気にさせてくれます。かなり好みが偏っているので、そういう気にならない人もいるでしょうが、真面目な映画評論ではなく、映画好き女子が、キャー!ワー!ムフフと、泣いたり、驚いたり、うっとりしたりして映画を楽しんでいるのを一緒に体感できます。

もう一冊、”笑える”映画本をご紹介。

繁華街で因縁を付けられた著者が、逃げるように飛び込んだ映画館で、上映されていたのはスプラッタ映画『悪魔にいけにえ』。「その怖さに(同時に”痛さ”に)驚き、冒頭の30分くらい、女の人が犯人のフックに引っかけられるシーンでもう我慢できず。『うわーっ』と叫びながら立ち上がって、映画館を出てきてしまったのである」

これ、音楽家細野晴臣「映画を聴きましょう」(キネマ旬報社/古書1400円)の一節です。日本の音楽シーンをリードしてきた細野の、映画音楽を中心にした本だけに、マニアックな情報満載かと思いきや、案外オーソドックスな内容。音楽家を描いた映画のベスト1が「五つの銅貨」(59年)、2位が「グレンミラー物語」というのですから。

ところで、映画館から逃げだした彼は、その後どうしたか。

「その怖さに負けた自分がくやしかった。それがきっかけで、ホラー映画から逃げずに、むしろ積極的に観に行くようになったのである。」とか。偉いなぁ〜。

 

★4月9日(月)10日(火)連休いたします。

4月11日(水)から、京都の出版社ミシマ社の展覧会『ミシマ社と京都の本屋さん』を開催します。

 京都の本屋さんマップをレティシア書房の壁に作り、刊行した書籍や制作資料も展示します。お楽しみに!