レティシア書房での、松本紀子さんの写真展は今回で3回目です。

2019年、シンガーソングライターのヤマモトケイジさんの詞から「そのかわり その代わりに」という小さな写真集を作り、それを持って店に来られたのが出会いでした。写真集の販売を兼ねた個展に続き、2021年には「Dream」という写真集を自費出版されました。これは、山崎まさよしさんの楽曲の中の「夢」という言葉が出てくる歌からイメージして作られました。いずれも敬愛するミュージシャンの歌に触発されたものでした。

そして今回、映画のワンシーンのような作品が並びました。彼女の内にあるこの映画のストーリーはわかりませんが、自身の中から紡ぎ出した言葉を写真に焼き付けたのだと思いました。溢れる感情を静かに受け止めて、シャッターを切る音が聞こえてくるようです。

「偽りの自分で君の話を聞く 君が夜が怖いなら いつでもここにいる  本当の自分を隠して君の話を聞く きみが朝が怖いなら いつでもここにいる  赤い秘密が胸を焦がすけど 君が教えてくれた歌だけが 私の心を癒す」個展のフライヤーに書かれた松本さんの詞です。

言葉と写真。これからも、きっと自分の気持ちにまっすぐに向き合って撮り続ける松本さんの新しい旅立ちのような作品展です。どうぞ御高覧下さいませ。(女房)

☆松本紀子写真展

8月31日(水)〜9月10日(土)13:00〜19:00    月火定休(最終日は18:00まで)  

 

☆レティシア書房からのお知らせ

9月11日(日)〜15日(木)休業いたします。よろしくお願いいたします。

 

 

 

Tagged with:
 

本日より松本紀子さんの写真展が始まりました。

タイトルの「そのかわり その代わりに」というのは、シンガーソングライターのヤマモトケイジさんの「ストーリー」という楽曲にある言葉。松本さんはヤマモトケイジさんの紡ぐ言葉が好きで、5ヶ月に及ぶフォトセッションを重ね、彼の魅力を写真で表現しようと「ストーリー」の歌詞とともに小さな写真集「そのかわり、その代わりに」(税込1000円)を作りました。レティシア書房に写真集を持ってこられたのがお付き合いの始まりです。

アコースティックギターの音色が聞こえてくるような作品の数々。松本さんが、ヤマモトさんの音楽を愛し、深く理解しようとしたから撮ることのできた写真ではないかと思います。岡山市内にある大正時代に建てられた「禁酒会館」の中で撮影された写真は、風格のあるインテリアがとても素敵で、そこにだけ流れる静謐な空気を感じました。

「声あげたその日から  数えきれぬほどに重ねてきた  すてきなこと  許せぬこと  涙あふれるほどふるえること  ひとりひとりが胸にあずけたもの  思い出でこの星はあふれている  知らぬ間に時は往き  楽しみに待つことも  ああ、減りました  そのかわり  その代わりに  あなたの横にいる、それが楽しく  ひとつひとつが意味を紡がずとも  今ここにあるものが偶然でも  めぐる季節がうたうように終わる日まで  どうかこころのままに歩いてゆけ」

この写真展のテーマ「そのかわり その代わりに」の歌詞です。歌詞のひとつひとつが写真のタイトルになっています。遠くを見つめる眼差しと、目の前にある愛しいものたちが、美しく捉えられていて、穏やかな心持ちになる作品が並んでいます。幸せというのは、実は小さなもので、大きな幸せなんてものはないかもしれません。静かに考える時間、大切な人と過ごすひとときを大切にしたいと思う写真展です。

松本さんは岡山県出身、京都の大学で4年間過ごされました。この写真展が、東京、岡山、大阪に続き、懐かしい土地で開かれたことにささやかなご縁を感じて、またこの続きをぜひ見てみたいと思っています。残暑厳しい折ですが、少しほっこりした気持ちになってください。なお、ヤマモトケイジCD「青図点描集」(1300円)も販売中。(女房)

★松本紀子Photo Exhibition「そのかわり  その代わりに」9月10日(火)〜15日(日)12:00〜20:00(最終日は18:00まで)