柴田元幸は、翻訳家であり、作家でもあります。今回の古本市でも、数多く出ていますので、ファンの方は是非チエックしてみてください。

彼自身の本で、「97年夏場所現在、舞の海は見事幕内復帰を果たし、わがことのように嬉しい」とおよそ、海外文学の翻訳家らしからぬ内容でスタートする「愛の見切り発車」(新潮社400円)は、軽妙な文章で海外文学の紹介をしてくれる一冊で、私も愛読しました。

ちょっと変化球的なアンソロジーとしては、ここ20年間ぐらいの間に発表されたアメリカの幻想文学を集めた「どこにもない国』(松柏社400円)もお薦めです。ヨーロッパの凝った文体のその手の小説に比べると、ストレ−トな文体ですが、日常生活にふとしたズレや、奇妙な空間を描き込んでいます。柴田が編集を務める雑誌「MONKEY」も500円で8冊程出ていますので、お早めにどうぞ。

イラストレーターの安西水丸が、1982年に宝島から出した「普通の人」(1000円)は、探しておられる方もあるはず。へたうまタッチで繰り広げられる4コマ漫画の世界。サブカル雑誌の先陣を走っていた雑誌「月刊宝島」に相応しい捩じれたギャグ満載のコミックを集めた一冊。この本、アマゾンや、日本の古本屋でもヒットしない商品なんですよね……。

がらりと変わって、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」関連で一冊。キャロルの原作に、チェコの映像作家ヤン・シュヴァンクマイエルが絵を付けた「不思議の国のアリス」(国書刊行会1800円)は最近のアリスものでは優れた一冊です。シュヴァンクマイエルが、この本のために描いたイラストレーションは、最初に「不思議の国のアリス」の挿画を手掛けたジョン・テニエルへのオマージュだと語っています。そして、彼自身、アリスこそが自分にイマジネーションの源泉だと言い切っていて、それほど彼にとっては、大切な一冊なのです。(すいません、ブログ書き上げた途端売れました)

あんまり、最近見なくなったなぁ、と思ったのが岡崎武志の「雑談王」(晶文社1800円)です。2008年発行で、まだ絶版にはなってないはずですが、新刊書店でも見かけません。この本は書評家としての岡崎の本ではありません。映画、音楽、落語など彼が若い時からワクワクしてきたものをズラリと並べてあります。とりわけ同じ関西人として面白いのが、第四章「私設おおさかお笑い図書館」です。笑福亭仁鶴に始まり、漫才コンビいとし・こいしまで、かつての関西の芸達者を論じた演芸論です。

「生きている間の名前がニワトリ。死んだら戒名がカシワ」といういとし・こいしの十八番を久々に読んで、あったなぁ〜そんな漫才、となつかしく思いだしました。

 

 

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」開催。個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

暑い日が続きますが、お立ちよりください。

8月21日(月)〜25日(金)は、夏期休業いたします。よろしくお願いします。