正方形のスタイルがユニークな「歩きながら考える」最新9号を入荷しました。(1080円)

柴田元幸ファンは絶対買いです!彼の結構長めのインタビューが掲載されています。翻訳業の傍ら、柴田さんは全国各地で積極的に朗読会を行なっています。その仕掛け人のignition galleryの熊谷さんとの共同インタビューで、なぜ、今、朗読会なのかを語っています。

「都道府県はどこでもいいんだけれど、会場がインディーズだということがとても重要ですね。」と柴田さんのおっしゃる通り、個人経営の書店やギャラリーや店舗を中心とした活動です。

熊谷さんは、朗読会の良さを「その時を一緒に生きているというのが一番大きいんじゃないですか。一緒に物語を共有しているということは、その時間だけ、人々の想像力が一緒になって過去も未来もひっくるめた現在を生きていることだと思います。それはひとりで本を黙読しているのと違う。」と話されています。当店で宮沢賢治の朗読会をしていただいた澤口たまみさんの朗読を聴いた時、そんな風に感じました。

後半で、柴田さんが、アメリカには車に乗らない作家がいる、例えばリチャード・ブローディガン、ジョセフ・コーネル、写真家のソール・ライターなのですが、彼らについてこう指摘しています。

「車に乗らないということは、移動を含め、何でも自分の力でする、Self-Reliance(自立)というか、『自分で自分の世界を動かしていく』というアメリカ的な姿勢に背を向けているということ。」

アメリカでは圧倒的に少数派ですが、面白い見方です。

さて、もう一冊。横浜の酒飲み文化をひたすら紹介する「はま太郎」(1728円)の16号が出ました。凄いなぁ〜、自分たちの町と飲み食いのことをメインに16号まで出すなんて!!今回の特集は「横浜下町文化は南区にある」というディープな研究です。ここらあたりは、ヨコハマのヘソで、豆腐屋、うどん、そば、餃子などを販売する小さな食料品店、米屋さん等々、横浜を代表する商店街が集まっており、独特の文化が育っているのだそうです。南区に点在する和菓子屋の最中図鑑などという甘党好みの企画にも会えます。

横浜には市民酒場というお店があるらしい。これ、「横濱市民酒場組合」に所属する飲食店のことです。結成は古く、1938年。戦争末期、食料調達が難しくなってきた時に、「まっとうな料理と酒を、まっとうな価格」で提供することをモットーにしてきた組合です。組合結成の地が南区だっだことから、市民酒場が数多く存在しています。酒飲みにはこたえられない特集ですね。

その一方で、南区は美味しいナポリタンが味わえる店も多くあるようです。日本ナポリタン学会会長田中健介が「京急沿線は必ずといっていいほどに駅前によい喫茶店がある。つまりよいナポリタンにありつけることを意味する」と前置きして、紹介していきます。

トレンドなイメージの横浜とはまた違うイメージの地域紹介誌ですが、これはとても面白く、お腹も空いてくるし、ビールを飲みたくなってる一冊です。(バックナンバーも扱っています)味のあるイラストも健在です。

 

村上春樹と柴田元幸の対談を収録した「本当の翻訳の話をしよう」(SWITCH LIBRARY/古書1300円)を一気に読みました。もともと雑誌「MONKEY」に掲載された対談を単行本にしているものなので、柴田ファンは雑誌ですでにお持ちかもしれません。でも、まとめて読むとこの二人が愛してやまない作家、主にアメリカ文学の作家たちのことがよく分かり、二人の創作や翻訳に様々な影響を与えていることが理解できます。

大のジャズ好きの村上が、ジャズの進化発展とアメリカ文学の発展を、上手い具合に述べていました。40年代ダンス音楽だったジャズに、50年代に黒人がビバップという革新的なジャズスタイルを創造し、それを白人が洗練化させていった歴史を踏まえて、「50年代はクリエイティビティと洗練化が上手く歩調を合わせていた時代で、その頃に出されたジャズのレコードはあまりハズレがない。60年代になるとまたクリエイティビティな動きが起こってくるわけだけど、そのぶんハズレが多くなるんです。小説も50年代はハズレがない時代な気がします。」

柴田がその意見に同調すると、村上は続けます。「小説もメイラー、カポーティー、サリンジャー、マッカラーズと、50年代は質のいいものがまとまって出てきている。60年代はそれがはじけてばらけてきます。」

こういった興味深い話がぎっしり詰まった一冊です。私は、先ずはアメリカ映画があってその原作を読みだしました。どちらかというと海外小説に興味のない方にもこの本を読んでいただいて、興味ある作家が出てくれば、一度トライしてみてもらいたいと思います。後半には、二人が同じ文章を翻訳して、どこがどう違うのかトークする場面が出てきます。翻訳の奥深さを知っていただけるはずです。

最も面白かったのは、村上が小説に置ける礼儀正しさを重視しているというところ(P174)でした。柴田が、「礼儀正しさというのは登場人物の振る舞いのことですか。」と問い返すと、村上は「上手く言えないんだけど、文章を書く姿勢というか心持ちというか。」と答えます。

さらに柴田が「ヴォネガットがディーセンシー(decency=まっとうさ)という言葉を使いますが、それとも違いますか」と迫ると、村上は「似ているかもしれない。」と前置きして、彼の論を展開していきます。立ち読みでも、ぜひご一読を。

 

トーク&ライブのお知らせ  

7月13日(土)18時30分より 『澤口たまみ(語り)石澤由男(ベース)ライブ』

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが再びやってきます。澤口たまみがさんが岩手のイントネーションで賢治作品を朗読。ベーシスト石澤由男が伴奏を添えます。 朗読作品は、岩手の自然を見つめ、野原や林からおはなしを貰ってきたという「鹿おどりのはじまり」他を予定。

●18時受付開始  18時30分より (2000円)ご予約ください。

 

 

 

エドワード・ゴーリーの本が数冊入荷しました。ゴーリーは、1925年シカゴ生まれの作家で、独特の文章と独自のモノクローム線画で多くの作品を発表しました。ベケット等の戯曲作家の作品の挿画や、劇場の舞台美術などにも参加しています。日本版の翻訳は柴田元幸。

「不幸な子供」(河出書房新社/古本1050円)は、陰鬱で暗い救いのない作品です。裕福な家に生まれた女の子が、父親の戦死が原因で、どんどん不幸になっていき、あげくに失明し、道路に飛び出したところを、実は生きていた父親の運転する車に跳ねられて死んでしまうという物語です。車にひかれた娘の姿が、あまりにも変わり果てていたので、父親は気がつかないというところで終ります。200%救いのないお話です。そして、よぉ〜く見ると、各ページに目立たぬように不気味な小さな動物が、不幸な物語の道案内か、観客のように描かれています。これが怖い。

「キャシークラムのちびっ子たち」(河出書房新社/古本750円)は、AからZまでの名前の頭文字についた子どもたちが、数え歌のように次々と怪我や死に遭う。ただそれだけの、悲惨な絵本。左ページに英語の原文、右ページに白黒のペン画、画の下にキャプションのような邦訳がついています。韻を含んだ原文がリズミカルで、声に出して読みたくなりますが、恐ろしいことがさらりと書かれています。

“A is for Amy who fell down the stairs       B is for Basil assaulted by bears      C is for Clara who wasted away”

「Aはエイミー かいだんおちた Bはベイジル くまにやられた Cはクララ やつれおとろえ」

こんな具合にZまで続きます。そして、その文章に沿った絵が展開していきます。26人の子どもたちが、26通りの事故や犯罪に遭遇します。不幸の重箱みたいな絵本なのですが、何度も読みたくなるのは何故なのでしょう?

「うろんな客」(河出書房新社/古本800円)は、かなりシュールな展開なのですが、どこか笑える風変わりな物語です。冬の晩、館に妙な奴が闖入します。ペンギンのよう形態の動物ですが、声をかけても無視。明くる朝から、何でも食べる大喰らいの本性を表し、家にあった蓄音機の喇叭の部分を取り去るし、眠りながら夜中に徘徊、本を破る、もう滅茶苦茶です。しかし、不思議なことに一家はその客を追い出すこともせず、気づけば17年も同居しているというお話。

不気味ですが、滑稽。不思議なゴーリー世界を覗いて下さい。案外、ハマるかも………。

 

 

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。ご予約受付中(1500円)

 

来週8月8日(水)からスタートする「レティシア書房夏の古本市」に出品される本のご紹介Vol.3です。

先ず、これは買い!安い!!という豪華五冊セットの本です。晶文社が出している「植草甚一倶楽部」全5巻がなんと1800円!!です(出品 徒然舎)。「芸術誌」「収集誌」「読書誌」「散歩誌」「映画誌」のジャンルに分けられていて、それぞれに植草の文章が収録されています。単品では当店にもありましたが、全巻セットで販売、しかもハードカバーで1800円(1冊当たり360円)。

「読書術」の中に「中間小説の面白さはスピードから生まれてくる」というエッセイがあります。「中間小説の面白さは、それを読んでいくスピードから生まれてくるのだ。あんまりゆっくり読んでいると、すぐにつまらなくなるものだし、それで、面白かったら、それは傑作のなかにはいってくる。」という指摘に、成る程な〜、と納得した記憶があります。「芸術誌」では、お決まりの西洋芸術の紹介ではなく、フリージャズ、ロックに始まり、新しいムーブメントに敏感だった植草らしいエッセイが並んでいます。

当店でも人気の翻訳家柴田元幸が、東京大学出版界から出した「アメリカン・ナルシス」(1000円/出品 徒然舎)は、柴田が大学教師になってから書いた論文を集めたアメリカ文学論です。第一部は19世紀アメリカ文学を論じたもので、メルヴィルの「白鯨」からスタートです。第二章ではアメリカ論を中心にまとめ、第三部では、彼の翻訳でお馴染みのポール・オースター、スティーブン・ミルハウザー等が登場してきます。端正なアメリカ文学論で、柴田ファンにはマストアイテムだと思います。なお、この本は第27回サントリー学芸賞受賞を受けています。

もう一点。私の大好きな香月泰男の図録「香月泰男小品展』(1000円/出品 徒然舎)は、1994年3月に画廊で開催された時の図録です。戦中戦後のシベリア抑留時代の極めて緊張度の高い「シベリアシリーズ」とは異なり、日常のありふれた空間を切り取った作品は静かで、子どもと触れ合う母親を描いた作品群には、平和の貴重な時間が描かれています。

 

 

 

★レティシア書房恒例「夏の古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)開催です。なお、準備のため6日(月)7日(火)は連休いたします。

 

 

大学生の頃だったと思います。一本の不思議な映画を観ました。「泳ぐ人」(1969年)という作品です。バート・ランカスター演じる主人公は、アッパーミドル階級らしい人物です。

ある夏の日、彼は友人宅のプールで泳いだ時に、このあたりの自宅にプールを所有している友人たちの家に次々寄って、一泳ぎしながら、自宅に帰ろうと思いつきます。あちこちでそれなりの歓待を受けたり、柔らかい太陽の元で行われているカクテル・パーティで一杯御馳走になったりと、アッパークラスの余裕の休日を過ごして、自宅に戻ってきます。映画の中では、終始主人公は、スイムパンツ一丁の姿。家に戻れば、綺麗な奥様と、美しい娘たちが出迎えるのだろう、と想像したりしますが、実はそうではありません。プールを渡り歩くうちに、なんとなく不穏な空気は漂ってきてはいたのですが、家には鍵がかかっており、妻も娘もいません。静まりかえった家の中、彼のノックの音だけが響きます。そこヘ雨。素肌に降りそそぐ雨。泣き崩れる男、そこで、映画は終わります。なんと、暗い、でも強烈な印象を残す映画でした。

柴田元幸編集による雑誌「MONKEY」(古書/800円)が、短篇小説の名手、ジョン・チーヴァーの作品を村上春樹訳で読ませる特集号を出しました。その中に、今ご紹介した「泳ぐ人」が入っていました。映画はほぼ、原作に忠実でした。原作のラストはこうです。

「家には鍵がかかっていた。馬鹿な料理人なりメイドなりが、間違えて鍵をかけてしまったのだろうと彼は思った。でも、やがて、もうしばらくメイドも料理人も雇っていなかったことを思い出した。彼は叫び、ドアをどんどん叩き、肩を打ちつけてドアを開けようとした。それから窓の中を覗き込み、家のなかがからっぽであることを知った。」

村上春樹によると、ジョン・チーヴァーは、「中産階級、郊外、東海岸、特にニューヨークの北のほうのコミュニティーのあり方をずっと書いている。」のです。この号には、数編、チーヴァーの短編が掲載されていますが、確かに描き出される世界は、その通りです。

とある夫婦が購入した大きなラジオから、日々不思議な声が聞えてくる「巨大なラジオ」にも、「泳ぐ人」にも、リアルに描かれた日常生活のその先に、リアリズムを逸脱して、深くて暗い闇がこちらを伺っているところが、チーヴァーの魅力かもしれません。

「泳ぐ人」はDVD化されています。原作を読んでから、是非一度ご鑑賞を。ぞっとするような孤独感が、押し寄せてきます。

 

★連休のお知らせ 7月2日(月)、3日(火)

伊丹市立美術館で開催中の写真家ソール・ライター「ニューヨークが生んだ伝説写真家ソール・ライター展」に行ってきました。

1950年代、NYのファッションカメラマンとして活躍していたライターは、80年代にはコマーシャル写真の世界から退きます。そして、自分が住んでいたNYイーストビレッジを被写体として、数多くの写真を撮影してきました。彼の撮り続けた当時のNYは、ほとんど発表されていなかったのです。いまも、ライターのアトリエには未発表のフィルムがたくさん残っているらしい。彼の回顧展が初めて日本で開催されることになったので、これは行かねば!と思ったのです。

「私たちが見るものすべてが写真になる」

とは、ライターの言葉ですが、この街に生きる様々な人達の何気ない一瞬が切り取られています。雪の街を歩く女性の赤い傘を上から撮った白と赤の対比が美しい作品「足跡」や、曇ったガラス窓の向こうに立ち尽くす男性のシルエットを捉えた「雪」など、寒い街に生きる、人達の息づかいが聞こえてきそうです。

赤と黄色でお馴染みのNYのタクシーに乗車している男性客の手を捉えた「タクシー」は、ワイシャツの白がタクシーの明るい色彩の中でくっきりと浮き上がっていて、シャープでおしゃれ。

白黒写真では、ボルサリーノを被り、白いワイシャツをにタイをしめた男たちが雑踏を行き交う姿を捉えた作品など、ハリウッド黄金時代の映画のワンカットを見ているみたいにクールです。

路上を掃除する老人を背後から捉えた「掃除夫」、地下鉄の階段でうなだれる男をとらえた作品、靴磨き屋の靴をアップで捉えた「靴磨きの靴」等々、この街と人々を愛した作品がたくさんありました。そして、ライターには一連の見事なヌード写真があります。光と影のバランスを絶妙にコントロールした私的な作品群は、これこそ写真芸術と呼びたくなるものです。ヌードではありませんが、一人はベッドの上に寝転がり、一人は光の入ってくる方向に向いて坐っている作品の、光線と影の微妙なコントラストに惚れ惚れしました。

一方で、彼は素晴らしい画家でもありました。写真同様、ビビッドな色の絵画作品も多く展示されていて、感激しました。

「ソール・ライターのすべて」(青幻舎/新刊2700円)に柴田元幸が「うしろからあなたの耳をくすぐる写真」と題した評論を寄稿しています。ライターと同時代、NYの街並みを歩いて詩を発表した詩人の一節が、ライターの写真と通じるものがあると取り上げて、「シンプルな言葉使い、都市に向ける静かな目、背後に愛情が感じられるからかいのトーン、淡いユーモア。言葉使いはともかく、ほかはいづれもライターの写真にも等しく当てはまる要素である。」

言葉通りのステキな写真展でした。オススメです。(5月20日まで開催)

なお、ライターが過ごしたアトリエの大きな写真がかざってありました。綺麗な写真だな〜と思ったら、撮影は、当店でも個展をしていただいたことがあるかくたみほさんだったので、ちょっと嬉しくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日当りのいい部屋に寝転がって、陽の光を背中に浴びているときである。『幸福とは、日当りのことである』というのが僕の唯一の個人的哲学なのである。前世は亀だったのだ」

と仰っているのは柴田元幸先生です。現代文学の翻訳家として、村上春樹、岸本佐知子と三本の指に入る人気翻訳家です。P・オースターの日本語版などは、彼なくしては読めなかったでしょうね。上記の文章は、彼のエッセイを集めた「死んでいるかしら」(日経文芸文庫400円)に収録されています。きたむらひとしのノホホン系イラスト一杯のこの本は、笑えます。

「文庫本とラーメン」というエッセイには、そうだよね!と拍手。

読書感想文に触れて、「本もやはり、もっともらしい言葉(感想)にする前に、まずは『味わう』べきものだと思う」と前置きして、

「うまいラーメンは腹を豊かにするが、知的な本は頭を豊かにし、情熱的な本は心を豊かにし、好色な本は下半身を豊かにする。(しないか)」

そして、ラーメンを食べる気楽さで、感想文のことなんか無視して本を読むのがいいとおっしゃる。大体、読書感想文があるなら、ラーメン感想文があってもいい!と、話は暴走します。小学生にインスタントラーメンを調理をさせ、味わい感想を書かせる。

「『出前一丁を食べてみて、私が一番感動したのは、麺のコシの強さです。食べはじめから食べ終わりまで一貫して失われないその強さを、私も見習って、これからは強く生きていきたいと思います。」

これをナンセンスと言うなら、読書感想文も似たようなものかもしれないと。

もうひとつ、ご紹介します。「エレベーター・ミュージック」。デパ−トのエレベーターや、館内でかかる人畜無害なBGMのことです。「恋は水色」とか「エーゲ海の真珠」とか。この手の音楽って、一端、気になりだすと煩い音です。かつては、高級な音楽が、サラリと流れているのが上等みたいな時代もありましたが、もはや、何もなっていない場所の方が、グレードが高いと思います。

「『エレベーターミュージック』という言い方には、気分を高揚させる(elevate)させるニュアンスも(皮肉として)こめられているが、ビヤホールでベンチャーズの『北国の青い空』なんか聞いたら、たいていの人間は高揚するどころか、人生それ自体に疑問を感じてしまう。」

音楽の必要ない空間には流さないことです。

文学の中の食の数々、人の心を揺さぶる一皿を網羅した「つまみぐい文学食堂」(角川文庫/絶版450円)も入荷しています。

「お前の訳文が曲がっているのは、生き方が曲がってるからだ。」

こんなこと言われたら、落ち込みますよね。言われたのは、翻訳家の都甲幸治。これ、「都甲幸治対談集 読んで、訳して、語り合う」(立東舎1300円)の中の「翻訳家ができるまで」というテーマの対談の一部です。

対談相手は、今人気の岸本佐知子で、彼女も翻訳学校時代で、もう徹底的にしごかれて、学校の帰り道、「駅に向かいながらひっくひっく泣きました。」と告白しています。

因みに、冒頭の言葉を言い放ったのは、彼を教える立場にいた、柴田元幸。

岸本以外に、いしいしんじ、堀江敏幸、内田樹、柴田元幸、藤井光等とのユニークな対談を集めてあります。海外文学が専門の方々が多いのですが、村上春樹の「1Q84」をテーマにした都甲幸治×内田樹×沼野充義の対談は、そんなに村上フリークではない私でも、引きずりこまれました。

「僕は村上さんにはたぶん男性をどう『武装解除』するかということがひとつのテーマとしてあるような気がするんですよ。」と切り出した内田は、

「今の世界は、男性中心主義が解体されて、フェミニンな共産主義みたいなもののほうへ、ゆっくりと向かってるような気がするんですね。そのなかで『村上春樹的父親』はあらゆる家父長制が解体されたあとに最後に残りそうな、もっともしぶとい父性だと思うんです。それをどうやって武装解除するかということが村上さん自身のパーソナルなテーマ」と、結論づけています。

さて、爆笑ものの対談は、京都在住の小説家いしいしんじとの対談です。この中で、日本では海外文学を読んでると、おしゃれ!と言われがちですが、いしいさんは海外文学は「ぐちゃぐちゃで臭くて、下品で、ひどい話ばっかりですね。でも、ぐちゃぐちゃであるほど面白いんで。」と言っています。「ぐちゃぐちゃであるほど面白い」のは日本文学も一緒ですね。

 

 

 

 

 

「白鯨」と言えば、ハーマン・メルビィルの退屈極まる、しかし、最後まで読んだら荒波の大西洋を乗り越えた気分になる長編小説です。

今手元に、マット・キッシュによる「白鯨」、正確な書名は「モービー・ディック・イン・ピクチャーズ」(スィッチライブラリー1800円)があります。全560ページというボリュームたっぷりの一冊です。

大体、マット・キッシュて誰だ?

彼は、図書館の職員で、イラストレーターでもあります。その青年が、とてつもなく大胆なトライアルをしたのが「白鯨」です。全552ページの原作から、各ページ毎に数行抜き出し、それに全部イラストを付けて全く新しい「白鯨」に仕上げてしまいました。原作を元に、リミックス、カットアウト、コラージュを繰り返したのが、この「白鯨」で、だから「モービー・ディック・イン・ピクチャーズ」というタイトルになっています。文学とアートのぶつかり合いが生み出した新しい形態の書物です。

そして、原作に登場する狂気じみたエイハブ船長のことや、語り手のスターバックのことなど知らなくても、十分楽しめるところが凄い!一冊です。シュールで幻想的な大航海へ連れていってくれます。

翻訳をした柴田元幸によると、キッシュは、コンラッドの「闇の奥」(あのコッポラの映画「地獄の黙示録」の原作)にイラストを付けたリミックスバージョンを出したとか。こちらも興味津々ですね。

「白い鯨との出会いは、グレゴリー・ペックがエイハブ船長を演じる1956年の映画『白鯨』だった。子どものころ、1970年代なかば、土曜の午後をよく祖母の家で過ごして、この映画を切れぎれに観た事を覚えている。僕はすっかり魅入られた。」と、キッシュは、あとがきで述べています。

私もそうでした。淀川長治さんの「こわいですよ〜!」という名調子で始まる「日曜洋画劇場」で観て、虜になりました。銅版画風の画調が神秘的で、今でも映像の断片が頭に残っています。

 

 

 

昨日は翻訳家、岸本佐知子の世界を書いたので、今回は、もう一人の人気の翻訳家、柴田元幸について。

以前、当ブログで彼のエッセイについては取り上げたので、今回は、彼が最も多く翻訳したアメリカ文学者、ポール・オースターの作品です。

オースターに初めて接したのは小説ではなく、映画でした。彼の原作「オーギ・レンのクリスマスストーリー」をベースにした「スモーク」。ブルックリンの煙草屋を舞台に展開する、ウソのような、ホントのようなスパイスの効いた、ハートウォーミングないい映画で、それで、オースターの名前を覚えました。

「それは人類がはじめて月を歩いた夏だった。そのころ僕はまだひどく若かったが、未来というものが自分にあるとは思えなかった。」これは、優れた青春小説の幕開きを予感させる「ムーン・パレス」(新潮文庫500円)の出だしです。

65年の秋、主人公の「僕」は伯父の1000冊の本と共に。NYにやってきます。西加奈子が「この作品の中のニューヨークが一番好きだ」と絶賛していますが、私はNYものベスト映画「グリニッジ・ビレッジの青春」に匹敵すると思います。柴田は、この小説も魅力をこう書いています。

「とにかく次々に起こる、あるときは滑稽で、あるときは感傷的で、またあるときは滑稽かつ感傷的な出来事の連鎖に身を任せていればいいと思う。」身を任せれば・・・私たちは「僕」と一緒にこの時代のNYの街角をブラブラしては、奇妙な人物達に出会えます。

この本の後、私は暫くオースターから遠ざかっていましたが、2006年に刊行された「ティンブクトゥ」(新潮文庫350円)を読み、泣きました。ミスター・ボーンズという名前の犬の視点で、放浪の詩人で、老い先短い飼い主ウィリーとの生きた時間、思い出、そして新しい出会いを描いた物語です。オースターってこんな優しい文章を紡げる人だったんですね。と言っても、ベタベタの犬物語ではなく、抑制の効いた物語が展開していきます。

雑誌「Coyote柴田元幸特集号」(1800円絶版です!)で、柴田は翻訳したオースターの諸作に関しての詳解を書いていますが、「ティンブクトゥ」については何も書かれていませんでした。ただ、小説の訳者あとがきで「もしあなたが犬好きだったら、この本を好きになる確率は、犬好きでない人に較べればほんの少し高いかもしれない。が、犬が主人公であることは、すでに述べたように、この小説の一要素にすぎない。犬好きでもない方にも、ぜひ手に取っていただけますように。」とありました。

小説のラストシーンで、ミスター・ボーンズの言葉は、犬好きには涙ものです。

「あわよくば、日暮れ前にウィリーのもとに行けるだろう。」(あ、ダメ、また泣けてきた……)