今年、話題になった韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、韓国の格差社会を描ききっていましたが、キム・へジン著「中央駅」(彩流社/古書1100円)を読むと、あの映画はまだ天国だったかと思うほど凄まじいものがあります。絶望のみが存在する社会の底辺を生きる男の物語なので、小説を読んで幸せになりたい方にはお勧めできません。

「これがどん底だと思っているでしょ。違うよ。底なんてない。底まで来たと思った瞬間、さらに下へと転げ落ちるの……..」

主人公は「俺」という一人称で語られる若い男です。彼が寝る場所を求めて駅にやって来るところから始まります。そこは、行き場のないホームレスの溜まり場です。小説は最初から最後まで現在形です。つまり、過去もなければ、未来もありません。凄まじい現実だけが容赦なく目の前に引きずり出されます。

「俺はぬるい水をすすりながら時間をやり過ごす。時間は、一滴ずつ、とてもゆっくり落ちる雫のようだ。地面に敷かれたタイルの数を数え、タイルの目地に詰まったホコリを観察し、壁にかかった案内板を読む。できることなら、誰かに俺の時間の一部を切り取って売ってやりたい」

無為に生きる彼の前に、一人の女が現れます。彼の唯一の財産とでも言えるキャリーケースを、女にパクられます。なんとか女を探して、取り返そうとした彼でしたが、この女と関係を持って しまいます。

「女と俺は互いに選んだわけではない。俺たちを引き合わせたのは路上の生活であり、駅舎内に淀む時間だ。」

家もなく、路上をフラフラするだけの二人が体を重ねるシーンは、生理的に受け付けられない人もいると思います。絶望、暴力、無力だけが二人を覆い尽くすのです。

「女は目を閉じて俺を強く抱きしめる。なんとか行為に集中しようとするが、真っ黒い建物の影や路面に散らばった空き缶、しわくちゃの紙やタバコの吸殻のせいで心が傷つく。丸裸の体だけが残された愛は、本当はこんなおぞましい姿だったのかもしれない」

傷つき、傷つけ、地べたを這いずりまわり、悪臭と汚物にまみれた俺と女の道行を小説は延々と描いていきます。そんな本よく読むなぁ〜と思われそうですが、何故か、ページをどんどんどんとめくりたくなるのです。小説の熱量が、こちらを麻痺させ危うくしているのかもしれません。

著者のキム・へジンは、1983年生まれの女性作家です。2013年、本作で「第五回中央長編文学賞」を受賞して、韓国文学の次世代を引っ張る作家として注目されています。ちょっと目が離せません。

 

★レティシア書房連休のお知らせ  勝手ながら4月13日(月・定休日)14日(火)臨時休業いたします。

 

 

話題の韓国映画「パラサイト・半地下の家族」を観ました。映画館に滅多に行かない人も騙されたと思ってお出かけください!呆気にとられること間違いなしです。

韓国社会の格差をテーマにしているのですが、それをウルトラC級の映画テクニックで大エンタメに仕上げました。

事業に失敗ばかりしているキム一家。しがない内職で食いつなぐ一家は、半地下にある部屋で、夫婦と娘と息子の四人で生活しています。ある日、息子のギウが IT企業の社長の娘の家庭教師に雇われます。まぁ、その邸宅の立派なこと、登場する社長夫人も漫画に出てきそうなハイソな奥様です。家庭教師を始めたギウは、様々な仕掛けをして、父キム、母チュンスク、姉ギジョンを、次々にこの家庭に送り込みます。「高台の豪邸」一家と、「半地下家族」一家が交差してゆく過程でさらけ出される驚くべき真実!この格差には、さらに底があったのです。半地下だと思っていたら、あ〜ははは〜画面に釘付けになりながら、卑屈な笑いをしている自分に驚きます。

残念ながら、これ以上本作の内容については語ることはできません。しかし、観た後必ず誰かと話したくなる力を持っています。私の大好きな映画監督の阪本順治が「感動を越えて、ひざから落ちた。これはもう映画の範疇に収まらない」というコメントを出していますが、いや本当に、転げ落ちそうになりました。

半地下の住人たちを襲う大雨の凄まじさ、それはまるで黒澤明の「七人の侍」のラストのようなすごい雨、しかしその一方で高台の一族は、嵐などどこ吹く風で翌日には自宅に友人を呼んで優雅なランチパーティーを行なっています。

そこで繰り広げられる惨劇から、映画は一気にラストへ突入し、我々観客をはるか彼方へ放り投げてしまいます。生半可な感情や思いなんぞ、捻り潰し捨てて、恐るべきエンディングを迎えます。最後までエンタメ映画を作りながら、今の時代を切り取ったボン・ジュノ監督のしてやったりという高笑いが聞こえてきそうです。

映画監督の西川美和が「どんなに斜に構えている人でも、どんなに映画を見慣れていない人でも、五分で目を離せなくなるように作られています。」とコメントしていますが、映画という表現メディアは、ここまで出来るんだということを思い知らされました。

とにかく、観てください!それしか言いようのない稀有な映画でした。

 

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください

★古本市準備のため2/3(月)〜4 (火)連休いたします。