結構人気のある300円均一コーナーに、大量に商品が入ったので、全面入れ替えをしました。

今回は函付きの文芸書、エッセイが沢山ありました。これを機会に、重厚そうな本を一冊、机の前に飾って”眺める読書”をされてはいかかでしょうか。無理して読まずとも、置いておくだけで、本の方から何か伝わってくるかもしれませんよ。300円はお得です。

集英社が出した吉田健一著作集から、「シェイクスピア物語/文学概論」と「英国の近代文学/ひまつぶし」がありました。「シェイクスピア物語/文学概論」には帯が付いていて、そこに吉田健一の横顔のイラストが描いてあります。これがよく似ていて、楽しくなります。

高木 彬光が昭和34年に出した、名探偵大前田英策の活躍を描く「断層」という推理小説も函入りです。函の表紙は鍵束のイラストで、これ刑務所の鍵束なんですが、かっこいい表紙です。推理小説が函付きなんて、今では想像も出来ませんね。

同じ函入りでも、森茉莉エッセー集は、少し小振りな、お洒落な感覚です。雰囲気のある装幀なら、森田たまの「花菖蒲」という短篇集。昭和14年発行の本で、それなりの古さとなつかしさを持っています。全11編の短篇集で、外出時に持っていっても、負担にはなりません。

海外文学もあります。こんな全集出てたんですね。「現代フランス文学13人集」というタイトルで全4巻。そのうちの3冊があり、収録されているのは、カミュ、ソレルス、ジュネ、ロブグリエ、クノー、ベケット等々です。カミュは「異邦人」が収録されているのですが、青鉛筆と赤鉛筆で方々に線が引かれています。

「彼女は僕に愛してくれるかときいた。それは何の意味もないが、たぶん愛していないだろうと僕は答えた。」なんて箇所への線引きは、なんとなく分かるのですが、「僕は野犬の収容所は三日間は保護した犬を所有者の請求があれば返すが、そのあとでは適当に処分してしまうのだといった」に線があると、??と思ってしまうところは、痕跡本ならではの面白さですが。

デザイン関係を学んでおられる方には、これ必読の一冊が、なんと200円!ニコラス・ペヴスナー著「モダン・デザインの源泉」(美術出版社/初版)。中身はとても綺麗で、本来2000円程度の値段が付くのですが、前半に赤のボールペンで線引きが何カ所もあります。定規を使った線は、読むのには問題ありませんが、後半、お読みになった痕跡がないところを見ると、半分で力尽きたというところでしょうか。