たがわさんのスケッチ展は今回で4回目。2015年はイタリアの、2017年2回目は南フランスの、という風にいずれも旅先で描かれた風景画でした。4回目のタイトルは「夏 旅したい。ー旅の記憶ー」展。このコロナ禍で大好きな旅行ができない今、描きためていた絵から旅の記憶を心に呼び戻すような展示になりました。

リヨン、パリ、アビニヨン、ローマ、アッシジ、フィレンツェなど、絵に添えられた地名を見ていると、このところ移動を極端に制限しなくてはならなかった窮屈さがあったせいか、楽しかった彼の地の時間を分けてもらっているような軽やかな気分になります。

学生時代にはクラブで油絵を描いていましたが、退職した後は毎日水彩画のスケッチを楽しんでいる、と初めての個展の時に話しておられました。旅先で急に風景を描こうとしても、どこから描き出したらいいものやら迷います。やはり、日々描くことで身についた技術が、その時々の想いを形にしていくに違いありません。

といっても、たがわさんの絵には気負いがなく、記憶を留めておきたい素直な想いが、見ている側にも伝わってきてほっこりします。「ローマ劇場跡のきのこ」は、遺跡の前に突然ニョキッと生えた大きなキノコが描かれています。アレ?と思ったままの印象が楽しい。旅のお土産など、身近にあるグッズのスケッチも、目の前のものをじっと見つめて手を動かす充実した時間を感じます。

清涼感のある水彩画で、ほっこりしたり、旅に思いを馳せたり…….。ジメジメした日が続いていますが、お時間があればぜひご覧くださいませ。(女房)

⭐️『夏 旅したい。〜旅の記憶〜』たがわゆきお展は、

7月7日(水)〜18日(日)

13:00〜19:00   月火定休日

 

数年前、くぼやまさとるさんの「ニセ蟲図鑑」(1800円)という本が持ち込まれました。全ページ精密な虫の絵で、「フグアブ科」」「エビスコガネ科」「カメダマシ科」と、それぞれ科目別に整理されています。「ニセ蟲」のタイトルにひっかりながらも、美しい水彩画に誘われてページを繰ると、さらに、各々の虫に詳しい解説が付いていました。

「雨上がりの夕方に、虹とともに現れ、虹とともに姿を消す」というのはニジオビウカビテントウ。

そう、この本に描かれている虫は、「惑星キムネジネ」という架空の星に暮らしている想像上の虫の図鑑で、当然その名前も、解説も著者の作り話。全100ページ!その詳細な楽しい解説と、透明感のある美しい虫たちの姿は見応えがあります。

「オトアツメ科」の虫たちは卵の孵化や蛹の羽化が音によって促進されるとかで、「タマヒゲオトスキ」は、沿岸部に生息して夕凪の音を集めて聴くし、「アカヒゲオトアツメ」は焚き火のパチパチ音が受精を促進する。想像がどんどん膨らんでいく感じでしょ。「チリヂリス」だの、「ヒゲカゲロウ」だの、聞いたことがあるような無いような虫がいっぱい、カラフル模様の背中を見せて並んでいます。

くぼやまさんのポストカードは店にも置いていましたが、いつか原画を見たいと思っていました。不思議の星に生息するニセ虫たちは、思っていたよりも繊細で、かわいい奴らでした。政治家の嘘にはうんざりですが、こんなキュートな嘘なら騙されても笑えます。

今回は、原画(3300円〜52000円)を始め、ブローチ(2000円)、陶器(2500円)、手ぬぐい(1800円)などのグッズも販売しております。(女房)

★くぼやまさとる水彩画展「星の虫ワールド」は7/8(水)〜19(日)13:00〜19:00 月・火定休

 

 


 

 

西山裕子さんのミニプレス「イギリスの小さな旅シリーズ」刊行を記念して、イギリスの写真と水彩画展が始まりました。

レティシア書房では2016年に、西山さんがイギリスで描かれた花の水彩画展を開いていただきました。2019年9月に出された「イギリスの小さな旅」は、4冊シリーズで、約10㎝角の手のひらサイズの文字通り小さなミニプレスですが、その中に、西山さんが見つけたイギリスの魅力が詰まっています。イギリスの田舎のTea Roomでの紅茶の楽しみ方や、ガーデニンググッズのこと。「ピーター・ラビット」の著者ビアトリクス・ポターの別荘を改装したホテル、ポターがナショナル・トラストに賛同して広大な土地を寄付したことや、ポターが保存を訴えたおかげで残った小さな家の写真。中世の豪族「エア」の名が刻まれた教会の写真と、小説「ジェーン・エア」がこのエア一族の名前をかりて命名したらしいことなど、西山さんの心を動かした小さなエピソードがいっぱいです。もちろんレティシア書房では、昨年から店頭販売していますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

なお、青幻舎発行「英国ヨークシャー 野の花たち」「さくら」を始め、「誕生」「愛おしいひととき」「英国ヨークシャー想い出の地を旅して」などの著作、水彩画の花々の便箋・封筒・一筆箋・ポストカードなども揃っています。この機会にぜひ美しいイギリスの風景写真と優しい花の水彩画をお楽しみください。(女房)

★「イギリス小さな旅シリーズ 刊行記念展」は、

3月17日(火)〜29日(日)月曜日定休 12:00〜20:00(最終日は18:00まで)

 

 

 

 

 

 

 

http://www.soukasha.com

 

当店での個展が3回目となる、たがわゆきおさんの個展「夏を旅する」展が始まりました。サブタイトルに「水彩で描く南欧の風景」とあるように、2015年〜2017年にかけて旅したイタリア、フランス、スペインの各地を水彩で描いた作品が展示されています。

イタリア北部、ミラノ付近に位置するコモという町にある、コモ湖はスイスと国境を接したリゾート地です。湖畔の町レンノでサマーバケーションを楽しむ人たち、街角の静かな風景を描いた作品など、ゆったりとした時間が流れます。

また、パリ近郊の港町オンフルールを描いた一枚は、帆船とその向こうに広がる街並み、そして夏空が描かれています。プロヴァンスにある、エクサンプロヴァンスという街角にあるカフェを描いた一枚。午前中のカフェの雰囲気が素敵です。このカフェの前の道はセザンヌのアトリエへとつながっていて、その向こうに広がるレ・ローブの丘をたがわさんは描いています。杉木立の彼方には、サン・ヴィクトワール山が見えています。ご存知のようにセザンヌも、この山を何度も描いています。

古代ローマ時代に整備されたアッピア街道(写真左)は、古代ローマの歴史好き、遺跡好きには欠かせない軍事街道です。大きな松の木の向こうに遺跡が見えていて、イタリアの暑い夏を吹き抜ける風の音が聞こえてきそうですが、本当に暑い場所だそうです。

イタリア中部の町アッシジにある城壁と、仕事帰りのライトバンに乗せた犬を描いた作品には、夕暮れ時のほのぼのとした風情が漂っています。

ヨーロッパの街角が見せる、様々な表情をお楽しみください。

 

★「夏を旅する。展」水彩で描く南欧の風景は19日(日)まで開催中。

12時〜20時(最終日は18時まで)月曜日定休

 

たがわゆきおさんのスケッチ展は、2015年6月、ご自身も大好きなイタリアの風景に続き、2回目。「旅する。たがわゆきお展・ふたたび」と題して、今回は、南フランスの旅です。

たがわさんは、学生時代に油絵を描いていましたが、退職後は日課のように水彩画を楽しんでいます。3年で1000枚、これってすごいことです。日々精進というような硬い感じは微塵もなく、軽やかで、何より自分が楽しい時間を過ごしていることが伝わってきて、見る方もなんだかゆったりした気分になります。その時々の想いを、自分の中に留めておく為だけに描くという、無欲で素直な印象が、気持ちをほぐしてくれるのかもしれません。

楽しい時間を持って、機嫌良く歳をとっていきたい、と近頃しみじみ思います。できるなら、何か作る喜びがあればなおいい、と思います。絵を描いてみようかな、とふとそんな気にさせるやさしいスケッチの数々。とは言え、ここに掲げられた絵のうしろには、1000枚のスケッチがあるのです。初めて外で描いた時、枠をきめるのが難しく、どこまでも広がる景色を前にすくんだことを思い出します。きっと何枚も描いていくうち習得した技術が、さらに絵を描く喜びを大きくしていくのですね。

旅の空気をまといながら、その場でだいたい20〜30分かけて、描き綴ったスケッチ18枚を選んで並べて頂きました。京都の蒸し暑い夏をひととき忘れてしまうような、爽やかな風が本屋に流れてきたようです。(女房)

『旅する。たがわゆきお展・ふたたび』は8月6日まで 

12時〜20時(最終日は18時まで)月曜定休 

 

 

 

柔らかい画調で、ヨーロッパ各地の風景を描いた「旅する。たがわゆきお展」が今日から始まりました。たがわさんが見たヨーロッパの街並みを中心にした作品が、15点ほど並びました。

たがわさんは、ご夫妻で、大好きなイタリアを度々旅されています。時間に正確な日本の旅とは違い、イタリアのリズムははじめは馴染まなかったということでしたが、そんな旅の時間の隙間に、たくさんのスケッチを楽しみました。昨年春からは、一日一枚の水彩画を描くようになり、365枚手元にたまったところで、並べてみようかと、初めての個展になりました。毎日描くということは、楽しみとはいえ、なかなか続けるのが難しいと思いますが、そこから自分だけの表現とか線とかが生まれてくるのでしょう。どこまでも柔らかい色合いや優しい雰囲気は、お人柄だとお見受けしました。

ヨーロッパ映画を観ていると、たがわさんの描く噴水がよく登場してきます。今回は夏の展覧会らしく、噴水や、ゆったりした川辺、古い橋など、涼しげな風景画が並びました。透明感のある空の青さ、静かな水面、楽しかった旅の思い出が満ちています。

梅雨の鬱陶しい時節ですが、書房の壁にぴったりのサイズで並んだ、軽やかな絵をまたご覧下さいませ。

★ 「旅する。たがわゆきお展」は6月21日まで 

12時〜20時(最終日は18時まで)  15日(月)は定休日

 

 

銅版画、木版画、ポストカード、クレパス画等、朱女さんワールド満開の個展が本日より開催です。

早速、お気に入りの作品を見つけました。

先ずは、この灯台を描いたクレパス画。寂寥感溢れる闇の中、霧の向うにかすかに見える灯台のシルエット。灯台守は、古い机の前に座って、長年使い慣れたコップで、温かいココアでも飲みながら、世界の涯に連れて行ってくれる小説でも読んでいるか、或は、静かに暗い海をじっと眺めているのかと、思いを巡らせてしまいます。

入り口付近に飾ってある水彩画も、文句なく気持ちよくさせる作品です。沙漠の中の道を、お城みたいな建物に向かって歩く、三匹の象さん家族。「幸せは歩いて来ない、だから歩いて行くんだね」なんて歌いながら、えっちらおっちら行進しています。その楽しそうなこと。

それに、クレパス画で、木馬を描いた作品。これ、馬の後ろをすぅ〜と流れる風が素敵です。この木馬はどんな子どもを遊ばせていたんだろうなぁ〜。その人が大きくなって、木馬と対面して、いやぁ〜お久しぶりと語っているようなお話ができそうな世界です。ちょっとセンチメンタルな風が吹き抜けるような気分です。小さなサイズの作品が多いのですが、どれもお話が紡げる様な絵や版画で、本屋のギャラリーにぴったり。

そして、圧倒的にポストカードの種類が多い。どれも楽しくてカードを選ぶだけでウキウキしてきます。春爛漫、可愛くて、ちょっと妖艶で、楽しいアートを探してみてください。

 

Tagged with: