純粋京都人の鷲田清一と、半京都人の永江朗の二人による「てつがくこじんじゅぎょう(哲学個人授業)」(basillico/古書650円・絶版)は、ワハハ、と笑いながら読める「てつがく」入門書です。こんなに楽しい哲学入門書は、内田樹「寝ながら学べる構造主義」以来です。

カント、マルクス、サルトル、デカルトまで、ズラリ哲学界の大御所が20数名並びます。彼らの、何故かグッと来る<殺し文句>的文章を取り上げて、臨床哲学者とフリーライターの二人が、意見をぶつけます。鷲田のちょうど良い加減の京都弁が、お堅い話をホンワカさせてくます。

各章の初めに、取り上げた哲学者の言葉が登場します。例えば、オーストリアの哲学者、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインなら「私の命題は、私を理解する人がそれを通り、それの上に立ち、それをのり超えていく時に、最後にそれが無意識であると認識することによって……..」と、素人にはさっぱりわからん文章で始まり、「話をするのが不可能なことについては、人は沈黙せねばならない」という彼の殺し文句を巡って、二人がその解釈を展開するのですが、鷲田の結論はこうです

「この本(注:論理哲学論考)は、事実は語れるといっているかのように見えて、実は自縛していて、自分は語れないというこになる。これって、コム・デ・ギャルソンと同じでしょ。今日も永江さんはギャルソンを着てはるけど」

そう、振られて永江は「え、コム・デ・ギャルソンが『論理哲学論考』ですか」と問い直すと。鷲田はすかさず、こう答えます。

「これ以上やったら、服という概念を超えてしまう。服でなくなってしまう」と。めんどくさいことをとことん追い詰めた、ウィトゲンシュタインの仕事をこんな風に伝えてくれます。

スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットの所で、鷲田は「哲学者って、一見、倒錯的なところがあって、わからないことが出てくると喜ぶんですよ。」と言います。すると永江は「疑問好きの変態ですか」とまるで上方漫才みたいな掛け合いになりながらも、深淵な世界へと読者を誘いこみます。

哲学は、自分を疑い自分を試し続けることであると、オルテガの哲学を、鷲田はこう表現します。

「自分が知っていると思っていることが、じつはいちばん妖しげなもので、『本当のことは何も知らない』と知っている、ということが知っていることだ」

こんな感じで、頭の柔らかい二人の哲学論議がどんどん続いていきます。ものの見方、考え方へのカンフル剤として、ぜひお読み下さい。

 

★レティシア書房「夏の一箱古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)

店内にて開催(月曜定休日)

比較的最近出版された本を、けっこうお安く販売しております。

先ずは、片岡義男「ぼうやはこうして作家になる」(水魚書房200円)。これ、3歳の子供が大きくなって作家になったという片岡の一代記です。この人が育ってきた時代、文化が書き込まれていて、読み応えがあります。初めて知りましたが、彼は、一時サラリーマンしてたんですね。装幀は和田誠です。

もう一点、片岡作品で、「ミッキーは谷中で六時三十分」(講談社300円)。こちらは東京の街を舞台にした短篇小説です。雑誌「群像」に連載されたもので、「吉祥寺ではコーヒーは飲まない」を読んだ記憶があります。さすが、都会派小説をリードしてきた作家です。巧みな言葉使いで、大都会の片隅の袋小路に誘い込んでくれます。

今年出た、永江朗「51歳からの読書術」(六曜社500円)。
「ほんとうの読書は中年を過ぎてから」というサブタイトルからわかるように、中年の方の読書指南です。と言っても、堅苦しい読書論ではなく、自分の年齢で死んだ作家の本を読むとか、おじさんになると、なぜ時代小説が好きになるのかといったもので、成る程と思わせます。電子書籍は中年の味方という指摘は、そうそうと納得です。

もう一点、蔵書家の間で人気だった西牟田靖「本で床は抜けるのか」(本の雑誌社700円)も入荷しました。当店で人気のエッセイスト内澤旬子が、身の置き場もない程の本だらけの生活から抜け出た話とか、本に押しつぶされそうな方には必読の一冊です。

そして、今回の目玉は、これです。デブィット・ボードウェル著「小津安二郎 映画の詩学」(青土社2000円)。定価で9000円前後で、古書で5000円前後の大著です。600ページにわたり、小津的映像の分析を試みています。もうほとんど学術書ですが、小津の作品のDVDを観つつ、精読し、細部に至るまで検証してゆく、なんて日々を送れたら幸せですね。

そのほか、山田稔「特別な一日」(編集工房ノア800円)、阿川弘之「鮨、そのほか」(新潮社800円)、吉本隆明「食べもの探訪記」(光芒社200円)、竹岡凖之助「古塔の街」(幻戯書房500円)等もあります。

あの本、買うのをうっかりしてたわ!って方は、ぜひ。今後も入荷予定ですので、ご紹介していきます。