池澤夏樹個人編集による「世界文学全集」と「日本文学全集」について書かれた「池澤夏樹、文学全集を編む」(河出書房新社1300円)が入荷しました。この「日本文学全集」は、当店でもいくつか販売していますが、割と直ぐに売れていきます。

今さら全集か?と首を傾げる方も多かったと思います。しかし、「世界文学」の方は、先の大戦までの文学はばっさり切り捨てて、20世紀後半に書かれた作品を集めました。戦後の新しい流れ、池澤はそれを「ポストコロニアリズムだったり、フェミニズムの流れだったし、それから国境線がおぼろげになってしまった後の、国家単位でない見方であると同時に、人が移動することによって国家を崩してきた結果の『移動の文学』なんだ」と定義しています。

一方の「日本文学」は、「古事記」に始まり「源氏物語」に終るというオーソドックスな構成ですが、すべて新訳、しかも、現代の第一線の作家によるものです。森見登美彦、川上弘美、中島京子、堀江敏幸、江國香織、酒井順子、高橋源一郎、いとうせいこう、三浦しおん、いしいしんじ、町田康、等々、新鮮な顔ぶれが古典に挑戦しています。

「池澤夏樹、文学全集を編む」は、この独創的な全集を巡って、池澤へのロングインタビュー、柴田元幸、鈴木敏夫、藤井光らの全集に入っている作品への思い、「世界」「日本」両方に収録されている石牟礼道子と池澤との対談、大江健三郎との「日本文学全集」刊行についての対談、新訳に挑戦した森見登美彦、川上弘美、中島京子、堀江敏幸、江國香織のトークなど、盛り沢山の内容が収録されていて、この一冊が、これからの新しい文学のムーブメントを予感させるようになっています。

古典文学の現代語訳では、川上弘美が担当した「伊勢物語」が秀逸でした。最後の百二十五段目。病に苦しみ、もう今日明日の命の男が最後に詠んだ歌「つひにゆく道とかけねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを」を、川上はこう訳しています

「いつかは ゆく道と 知っていたが それがまさか 昨日今日のことだとは」と書き、こう続けています「生きるとは なんと 驚きにみちたことだとは」

お勉強対象(苦手の)でしかなかった古典がぐっぐっぐっと近づいた瞬間でした。

古典も面白かったですが、お薦めは「近現代作家」と題して全3巻に収録された短編シリーズ。江戸から現代まで、それぞれの時時代を描いた短編が並んでいます。こんなに面白く、どんどん読めた短編集はありません。泉鏡花から円城塔まで、文学の楽しさを思い切り味わうことができます。(各1800円)

なお、「日本文学全集」は角田光代訳で「源氏物語」が刊行中です。