「レティシア書房・夏の古本市」には、暑い最中にもかかわらず、多くのご参加、ご来店いただき、本当にありがとうございました。20日(日)に無事終了し、翌日から二日間で後片付けをして、お休みを頂きちょっと温泉へ行ってきました。

夕方、大阪南港からフェリーに乗船(初体験!)して、一路別府へと出航です。ライトアップした明石大橋をくぐるのが夜8時過ぎ。幻想的な美しさにうっとりして、いつまでも海の夜空をデッキでみていました。翌朝は6時前に起きて、船上から日の出を眺めたら、アッと言う間に別府入港。お天気にも恵まれ良い船旅でしたが、客室内の冷房が寒かった。USJ帰りの親子連れ、若者たちが多かったのですが、にしても、こんなに寒くてみんな大丈夫?と思いました。

さて、別府に住んでいる友人が迎えにきてくれて、お散歩へと連れていってもらいました。先ずはJRで3駅程先のとなり町、作曲家瀧廉太郎の出身地日出(ひじ)町へ。日出城(暘谷城)跡に建つ小学校は、なんと、石垣の上に建っています。炎天下、ちょうど野球の練習中のグラウンドを横切り、少し登ると、高台からは海が見渡せるというロケーション。懐かしい日本映画に出てきそうなのんびりした風景でした。鬼門櫓なんていかめしい櫓まで学校の前に残っていました。

風情のある城下町を散策しながら、平成6年に設立された二階堂美術館へと足を向けました。ここは、江戸時代から酒造りを営んできた二階堂酒造が、収集した美術品を公開するために作った小さな美術館。横山大観や竹内栖鳳、川合玉堂、上村松園など(中でも、京都画壇の菊池 契月を初めて観て端正な美しさに感動しました。)、近代から現代の日本画における代表的な作家の作品をみることができる美術館です。なんせ炎天下のこと、来館者は我々のみで、貸切でゆっくり楽しみました。

さて、午後からは、ディープな別府の露地裏散策です。往年の日活アクション映画に登場しそうな飲屋街などをぶらりぶらり。豊川悦司が映画「顔」で登場した一角もありました。別府駅前のブルーバード劇場は、レトロな佇まいで素敵でした。今やアートシアター系の劇場になっていますが、懐かしい映画の匂いプンプンの映画館でした。

汗だくになって歩いた後は、別府で最も古い温泉、竹瓦温泉(写真下)へ。入浴料100円で、素朴な建物の温泉を楽しみました。何しろ別府の町はあちこちに100円で入れる温泉があるので、タオルを持って散歩するのがお薦めだということでした。その後は、鉄輪(かんなわ)の静かな温泉街を、またぶらりぶらりとそぞろ歩き、もう一度100円温泉に入って、古本市の疲れを癒した旅行でした。

 

さて、本日より平常営業です。まだまだ暑さは続きますが、町歩きのおついでにお立ちより下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tagged with: