頭の中が180度ぐるりと回転して、世界観が変わるような本に出会いました。濱野ちひろ著「聖なるズー」(集英社/古書1400円)。2017年度開高健ノンフィクション賞を受賞しました。

で、テーマは何かというと「動物との性愛」、正確に言えば主に犬をパートナーとしてセックスを含めた生活をしている人の物語です。え?犬とのセックス?? 気持ち悪い、不愉快、などの言葉が飛んできそうですね。実際ヨーロッパの国々では法律に禁止と明文化されていますし、旧約聖書でも犯してばならないと記されています。

私も最初は読むことを躊躇しました。しかし、プロローグを読んで変わりました。著者は1977年生まれ。大学卒業後様々な雑誌に寄稿を始め、その一方、パートナーの暴力に悩まされていて、長い間もがき苦しんでいました。なんとかその地獄から脱出したいけれど、正面から向き合えないでいたと言います。「しかしそれでもなお心にわだかまり続けるのは、愛とセックスが絡まり合いながら人を変え、人を傷つけ、人を食い尽くすことがあるということがあるということと、それを私は捉え直さなければならないという思いだった。」

そして、京都大学大学院に入学。文化人類学におけるセクシャリティ研究を始めることを決心しました。30代の終わりの再スタートでした。そこで、動物性愛のことを知ります。

ただでさえ変態扱いされかねないのに、私はそうだなんてカミングアウトする人なんていないと思っていたところ、世界で唯一ドイツにだけ、動物性愛者による団体「ゼータ」の存在を知ります。ゼータの主な活動目的は、動物性愛への理解促進、動物虐待防止への取り組みなど、とHPには書かれています。

著者は会のメンバーと連絡を取り始めます。しかしドイツは世界で最も動物保護運動の盛んな国であり、そういう団体からは「ゼータ」はアブノーマル!と攻撃を受けていたりするので、信用してもらうまでかなりの努力が必要でした。

長い時間をかけて丁寧に彼らに接してゆくに従って、彼らが決してアブノーマルでもなければ、変態でもない事実を知っていきます。彼らは動物をレイプするように獣姦をする人たちではなく、対等のパートナーとして暮らしているのだと言います。最初は半信半疑だった彼女も、ドイツに行き、その生活スタイルに理解を深めていきます。

メンバーの一人ミヒャエルと接して、著者はこう考えを変えていきます。

「実際に会うまで、私は動物とセックスするという人々をどこかで恐れていたし、もしも暴虐的な性欲を動物に向ける人々だったらどうしよう、という不安も確かに持っていた。しかし、ミヒャエルはどうやらそのような人ではない。自分のセックスに苦しんできた経験がきっと彼にもあるのだろうと想像できた。」

本書は、多くのズー(動物性愛者の愛称)たちに出会い、話を聞き、ともに生活して、人間とは何か、性とは何かを問い直してゆく著者の長い旅の記録です。

「彼らに出会って、私は変わっただろうか。私が抱えてきたセックスの傷が、彼らと過ごした日々によって癒えたとは、私には言えない。だが、少なくとも私はひとつの段階を終えたと思う。怒りや苦しみから目を逸らすことはもうない。私はいま、性暴力の経験者として『カミングアウト』をしている。それは自分の過去を受け止め、現在から未来へと繋ぐ作業だ。傷は癒えなくてもいいのかもしれない。傷は傷としてそこにあることで、他者を理解するための鍵となることもあるのだから。」

偏見を捨て、知らない世界に飛び込み、自らの再生の道筋を見つけた女性の物語として読んでいただきたい傑作です。