2012年、編集者出身の松家仁之が、処女作「火山のふもとで」(新潮社1500円)を発表しました。ある建築事務所を舞台に展開する、380ページ程の長編です。

主人公の「ぼく」が、村井建築事務所に就職するところから話は始まります。この事務所は、夏には軽井沢の別荘に事務所を移して仕事をするのが毎年の習わし。所長は、有名な建築家フランク・ロイドに師事して、どちらかと言えば質実剛健な建物を作る昔気質の人物です。さて、事務所が「国立現代図書館」設計コンペに参加するので、「ぼく」も含めたスタッフが夏の山荘で忙しい日々を送ることになり、その日々を細かく描いていきます。

「S字型の書棚は図面上では斬新に見えますけど、実際には円周より落ち着くんじゃないかと思いますね。S字の真ん中が切れているから人の動きにも自由度があるし、視線もむこうに抜けていく。」

というような、スタッフ間の図面を巡る駆け引きなども、事細かに描かれていきます。(だから、最初は読むのに苦労しました)また、ライトを含めて、建築史の話も方々に登場してきて、建築について素人の私には、ちょっと勉強にもなりました。

そんな専門的なやり取りだけでなく、事務所を取り囲む軽井沢の自然が、きめ細かく描写されています。こんなふうに、大きな物語のうねりもなくどんどん進行していくのですが、なぜだか退屈しないのです。まるで、この事務所で一緒に働きながら、「ぼく」の視線で世界を見渡しているかのようです。細部の細部まで手を抜かない作家の力量が生きている小説です。

物語は最後の方で、大きく動きます。そこは伏せておきますが、一時、同じ事務所に集まった者たちの、その後の人生が簡潔に描かれていきます。そして「ぼく」の人生も。

1982年浅間山が噴火しましたが、物語はこの時期にシンクロしています。だからタイトルに「火山」が使われています。

松家仁之は、この本以外に、「沈むフランシス」、「優雅なのかどうか、わからない」の長編を書いていますが、どちらも小説の醍醐味にあふれていました。次作も期待しています。

Tagged with: