レティシア書房では2回目の、ハセガワアキコさんの銅版画展。前回2015年、本好きの作家の深く緊張感のある版画の世界へ誘われました。今回は、また違った魅力的な展覧会になっています。

今回のテーマは「Blue」です。最近の作品の中から、果てしない宇宙の、海の底の、空の、草木のイメージをはらんだ青い色を使った版画を選んで展示しました。物語が先にあって、形を決め、追求していくというのではなく、なんというか、自由で伸びやかなデザイン。作品を創って行く過程で、素材が語りかけるものを受け入れ、楽しんでやりとりして間口を広げて行く、柔らかな感じがします。

「風」「夏銀河(写真左)」「蒼(写真下)」「海底」「天高く」「月に吠える」など、自然に身を委ねるような、緩やかな動きのある作品が並んでいます。それぞれに使われている青色が涼やかで印象的ですが、その中にも作家の持つ文学性は流れていて、何処かで出会った懐かしい風景のようにも、これから見る夢のようにも見えます。

入り口すぐの所に飾られた、「交差するモノ」(写真上)は、ドライポイントのあたたかなタッチで、おおらかな作品。「狭き窓へ」は、レイチェル・カーソンを読んでいるときにイメージが湧いた作品で、小さな窓から見る湖や林のような景色は、何を意味しているのでしょうか。銅版画の方法は多様だそうですが、どの作品も、長い時間をかけて培った技術に支えられた表現が効果的で、見ていて心地よさを感じました。

 

そして、ハセガワさんの作る小物はいつも素敵なのですが、今回も、栞(500円)、キーケース(600円)、折り紙札入れ(900円、)紙挟み(1000円)、ペンダント(1500円)、蔵書票(2000円)など個性的なものが揃っています。 手に取ってご覧ください。

暑い最中ですが、素敵な版画の世界を覗きにお運び頂ければ幸いです。(女房)

尚、ハセガワさんが所属する「京都銅版画協会ミニアチュール展」が、ギャラリーヒルゲートで開催中です。7月22日まで。

ハセガワアキコ版画展は7月18日(水)〜29日(日) 

 12時〜20時 最終日は18時まで 月曜定休日

 

 

 

 

 

2013年最初の個展は、滋賀県在住のひらやまなみさんの木版画展「空と樹」。

宮沢賢治の小説の「雪わたり」ご存知でしょうか。「堅雪かんこ、しみ雪こんこ」の台詞で始まるお話で、狐の森のパーティーに招待された子供たちと狐の交流を描いたものですが、その子供達が出てきそうな冬の家を描いた「静かな夜」という作品が、お出迎えです。夏葉社が昨年出版した「冬の本」の表紙を飾る和田誠が持っている、暖かい気持ちにさせてくれます。

やはり賢治の小説に「月夜のでんしんばしら」というユーモアあふれる作品があります。電信柱同士の会話?を描いたものです。彼らが話をするのは夜ですが、「星空」という作品を見ていると、この話を思い出します。作品は、星空を見上げる母娘を描いたものですが、小説に出てくるひょうきんな電信柱が「や〜元気」と登場して、電信柱踊りでも踊りそうな感じです。澄み切った青空をバックにして、踊り歌う母娘と電信柱の微笑ましい一時に、参加してみたいものです。

そして「木もれ日」という作品を柱に飾りました。もうこれは、賢治の小説なら「鹿踊りのはじまり」を思い出します。

「ざあざあ吹いていた風が、だんだん人のことばにきこえ、やがてそれは、いま北上の山の方や、野原に行われていた鹿踊りの、ほんとうの精神を語りました。」

きっと、この木の下で、鹿達と一緒に酒を酌み交わしたらうめぇ〜だろうと思います。

展示会の最後に飾ってあるのが「青の時間」。これは、北欧の童話を思わせます。大きな木が、ちょっと恐いような、寂しいような、でもこの木の横にある小さな家を守っているような、いろんなストーリーが浮かび上がります。

身近な人の温もりを感じ、自然の営みに耳を傾ける作家の日常が、優しい木版画になって、本屋のギャラリーもほっこりしています。

ひらやまなみ木版画展は、1月13日(日)まで。

なお、木版画詩文集「きょうもいい日」(ひらやまなみ 1470円)販売しています。

 

 

 

Tagged with:
 

勢いがありながら柔らかな彫刻刀のリズミカルな線。

北岡照子さんの木版画が、古本屋の壁にピッタリ合っていい雰囲気です。

 

北岡照子さんは60才から始めた木版画を、とても楽しんで作っておられました。彫刻刀が木を削る音は、とても心を落ち着かせてくれると、娘の広子さんに語っておられたそうです。

81才で亡くなるまで毎年手作りのカレンダーを頂いておりました。今、こうして改めて作品を前にして、ゆっくり話されていた京都弁を思い出しています。

 

昨年、広子さんにはレティシア書房のロゴデザインをお願いしました。選んでくれたのは、黒猫が本の上にちょこんと乗っている絵で、それは、彼女のデザインでお母さんが彫られた蔵書票のデザインから頂いたものでした。

蔵書票は色々作っておられましたので、5枚1組500円で販売しております。

 

お母さんと共に作られた、看板猫の絵を大切にしていきたいと、しみじみ思っています。(女房)

 

 

 

●「北岡照子木版画遺作展+北岡広子銅版画展」は10月7日(日)まで。

●10月1日月曜日は休み。

Tagged with: