猫の写真がいっぱいのミニプレス”MILL”1号と2号(各1296円)が入ってきました。とは言っても「うちの子、可愛い〜」みたいな作りではありません。海外で猫と暮らす人達のご家庭で、静かな日常の一瞬を捉えていきます。

先ずは、保護施設にレスキューされたチョコレート・ポイント・シャム猫のアルフィー君、作家と写真家のカップルのリビングで幸せな日々を送っています。猫が案内する、主人の自宅拝見という感じでページを捲ってみて下さい。本好きには気になるのが書架、インテリアに興味がある人には、壁に掛けられたアートも素敵です。2号では、NYアッパーイーストにある本屋のLogos Bookstoreの看板猫、タキシードキャットのブーブーが、来店するお客様を迎える写真も入っています。猫の持つ、人を和ませるウェイブ満載です。

猫の登場する本のコーナーも面白い。登場する猫の種類、名前、性別まで記載されています。私の好きな松屋仁之「優雅なのかどうか、わからない」に登場するキジトラのふみちゃんが載っていましたが、的確な解説で、この小説の良さを紹介しています。

「48歳で離婚し一人暮らしをすることになった主人公が新居に選んだのは井の頭公園に面した古い一軒家。大家からの条件の一つは、のら猫のふみの世話をすること。老猫と適度な距離を取りつつ、家も改装しながらようやく慣れてきた頃、昔の恋人に再び出会う。家の暖かさや人が集う安心感、そういったものに背をむけつつも、最後にこっそりと戻ってきて地下室でひっそりなくなっているふみの姿が、主人公の人生と淡く重なる。」

家と猫というテーマでは、保坂和志の「カンバセイション・ピース」(新潮文庫400円)という優れた作品もあります。

ベタベタの猫可愛がりの本ではなく、ちょいクールで、デザイン的にもスタイリッシュな仕上がりなのがオススメポイントです。

かつて我が家にいた猫の名前「レティシア」を店名にしている本屋としては、これは置かなければならんでしょう。

 

Tagged with:
 

遺棄されたペットのことを、もうちょっと考えようという意図から始まった「ペットショップに行く前に」イベントの協賛企画として、今年も「アニマルレフユージ関西」(通称ARK)の素敵な写真展を開催します。ARKは、保健所からガス室に送られたり、虐待によって命を落とす動物の多さを見かねて、イギリス人エリザベス・オリバーさんを中心に設立され、大阪で犬猫の救助、保護そして里親探しを運営しています。阪神大震災で行き場の無くなった600頭を保護し、東日本大震災でも200頭を受け入れました。

この写真展に登場する犬、猫達は人間の身勝手などの犠牲になった悲しい動物達なのですが、彼等の表情は驚く程豊かで、見ているだけで生きる幸せを感じさせてくれます。

店のCDの棚の上に飾った猫(写真右)は、なんだかとてもジャージーで、渋い表情が魅力的。始めからここに居たみたいで、そのままCDのジャケットに使用できそうです。ARKの動物たちを撮り続けている写真家の原田京子さんも、一緒に並べながら「この子はレティシアさんにぴったり。」と、笑っていました。

この老犬(写真・下)は、悟りの境地に達したような静かな表情で、悲しい半生などすべて受け入れたような気高さに満ちています。実際、この写真を撮った数日後、天国へ旅立ったそうですが、原田さんと、ARKスタッフの平田さんは、一つ一つの写真の思い出を語りながら、展示してくださいました。

さて、今回も、ARKのグッズを沢山ご用意いたしました。毎年恒例のカレンダー(来年のもとてもステキです)、お散歩バッグやエコバッグ、バッジ、クリアファイル、そしてARK創設者のオリバーさんの著書が並んでいます。また「ペットショップに行く前に」からは、どいかやさんの小冊子「ねこだっこしたら」と「ポストカードセット」(こちらは明日17日よりの販売になります)もあります。

13歳になる我が家の老犬マロンは、8年前 ARKからやってきました。当初はあまり表情のない子でしたが、今では暢気な癒し系と、ご近所や友人達の人気者です。たった一匹の動物から教えられることは、沢山ありますが、何より彼等は側にいる人間を幸福にしてくれます。その恩恵にあずかった私たちとしては、ちょっとだけでも恩返したくて、この写真展を企画しました。すべて売上げは、そのまま ARKにお渡しいたします。募金箱もご用意してますので、よろしくお願いいたします。(女房)

なお、京都三条「nowaki」さんでも下記日程で展示会が開催される予定です

会期:9月19日(金)ー28日(日) ※23日(火)のみ休み open 11時ー19時

【出展作家】

石黒亜矢子 大畑いくの 軽部武宏 スズキコージ ダイモンナオ どいかや とりごえまり

中野真典 nakaban はやしますみ ひろせべに 町田尚子 mississippi

Tagged with:
 

本日より、三重県上野市で創作活動をされておられる陶芸家、星一平さんの「ねこ絵展」が始りました。

猫を、毎日(きっと)描いて、描いて、いっぱい描いた中から、40点余り飾って頂きました。ギャラリーの壁一面、星さんの猫たちが誠に楽しそうに動き回っております。

踊っている猫、車を運転している猫、じゃれあっている猫、ペンや水彩、パステルなどを使って、迷いのない線で描かれた絵はどれも生き生きしています。

作品はすべて販売しています。作家が作られたダンボールの額縁にはいったものや、机の前にちょっと置いておける小さな額などプレゼントにもぴったり。お気に入りの猫を探してみて下さい。

なお、お買い上げの作品を入れる袋にも、サインペンで猫が(全部違います)描かれています。ともかく猫だらけ。ふわっと肩の力が抜けること請け合いです。

 

 

 

 

 

 

さて、絵本新刊の販売をぼちぼちと始めました。今回入荷してきたのは、「ねこ絵展」にまるで合わせたようにタイミングよく、ミロコマチコの愛猫・てつぞうを綴った「てつぞうはね」と、圧倒的エネルギー爆発の「オオカミがとぶ」。さらにジョン・クラッセン作の絵本に、絵本作家長谷川義史が大阪弁で翻訳した「ちがうねん」、「どこいったん」。そしてジョン・クラッセンの絵に、レモニー・スニケットがお話をつけた「くらやみこわいよ」です。

少しづつですが、国内外の絵本を増やしていくつもりでいます。

 

Tagged with:
 

父は武田泰淳、母は武田百合子そして、娘が武田花というクラクラするご一家ですが、本はそれぞれ面白い。

泰淳さんの小説ってなんだか難しそう、と敬遠しがちですが、「目まいのする散歩」(中央公論社500円)のようなエッセイは気楽に読める一冊です。「目まいのする散歩」「あぶない散歩」「船の散歩」など、作家の散歩中に見た事、考えた事が語られています。

「地球上には、安全を保障された散歩など、どこにもない。ただ、安全そうな場所へ、安全らしき場所からふらふらと足を運ぶにすぎない」(「安全な散歩?」より)

なんて言われたらそれまでです。

一方、百合子さんは「富士日記」が有名です。文庫で三巻ですが、全編献立表みたいなものです。例えばこんな風です。

「朝 ごはん、うなぎ(主人) 昼 とろろそば(花子) 山芋天麩羅そば(主人と私) 夜 きゅうりと赤貝の三杯酢」

こういう日記を読んでいると心地よくて、お腹がへってきたりするから不思議です。どこから読んでも気楽に読めるのがいいですね。(3巻で1500円)三巻読破するのはなぁ〜とお思いの方には「日々雑記」(中央公論社500円)があります。これ、すべて「ある日」という文章で始って、日々のことを書いてあるのですが、どこか飄々とした感じがあって、楽しい本です。映画評も出てくるのすが、これが面白い。「砂の器」や、ハエ男の奇妙な映画「フライ」なんて笑ってしまいます。植草甚一の散歩本のテイストとは違いますが、ちょっと街へ出かけよう的気分になります。

そして、娘の花さん。写真集ですが「猫」(中央公論社2500円)があります。大都会の片隅を生き抜く野良猫たちを捉えた写真ですが、きびしいはずの都会生活が、どこかノホホンと見えてきたりして飽きない本です。巻末にはエッセイも載っています。お父様、お母様の文章と比べてみるのも一興です、

Tagged with:
 

ただいまギャラリーで開催している雑貨展に、「猫の庭」さんの猫のカードが出ています。ある日、お店に来られて、このポストカード置かせてくださいという飛び込みセールス。聞けば、この店には猫関係のものが多かったので、営業に来られたとか。いい出会いになりました。

妙に可愛くなりすぎず、あからさまなユルキャラ風ではなく、猫の持つ神秘性が漂っています。心地よいことしかしません、という猫の風情がいい。一つ一つの線に猫への愛情と、良いわね、そんな生き方ができて、という羨望がブレンドされたこのカードなら、誰に出しても、喜んでもらえそうです。カードだけなら、1枚150円、額付きは500円です。カードは全10種類あります。

 

同じ動物ものの雑貨ですが、大阪の動物保護団体ARK(アニマルレヒュ−ジ関西)からも、いろんなグッズが届いています。ワンコとの散歩が楽しくなるお散歩バッグは茶と赤の2色あります。別にワンコがいなくても、ちょっとお散歩に行ってみようかな、という気分にさせるTシャツ。これは数量が多くないので、お早めに。昨年ARKの写真展を開催した時に、私も女房も購入、今も気に入って着ています。ワンコ、ニャンコを其々にデザインしたバッジもあります。デザインも数種類あり、バッグのサイドに付けてみたらいい感じです。

ARK商品の売上げは全額寄付いたします。主を失った犬や、猫たちのために使用されますので、ご協力頂ければ嬉しいです。

Tagged with:
 

さて、猫のBBです。 昨年4月、片手に乗るくらいの小さなベージュの毛のかたまりが我が家にやってきました。あの儚いフワフワの軽い生き物は、今や、この面構えで君臨しております。まだやっと1歳だというのに先住犬マロンの鼻先に飛びつく、窓枠にぶら下がる、風呂場で水遊びをした手足のまま走り回る、などのやんちゃぶりはますます磨きがかかってきました。 猫を飼い始めた18年前 から、友人から贈られるものも含めて、家の中に猫の形をした置物などがじわじわ増えてきました。猫を飼うというのは私にとって新鮮な経験で、それが猫のものを見かけるとつい手にとってしまうことに拍車をかけたように思います。不思議に犬ものにはあまり手をだしません。

 

「やさしい猫たち」の表紙にも思わず手が伸びました。どのページも宝石箱のようで、売りたいような残っていてほしいような本です。

森南海子の「お世話になったような、ならないような」の表紙も好きです。このタイトル、森さんのお母さんが最期に娘に残した手紙の一文なのですが、先代猫のレティシアを亡くした時、彼女はどうもこの台詞を言った気がしたのです。猫がいいそうな言葉です。飼い主としても「お世話をしたような、されたような」気分でした。

 

BB(べべ)はお世話をされて当たり前の大きな態度で、今日も私の布団の上で堂々と寝る事でしょう。(女房)

Tagged with: