一般の書籍流通ルートに乗らなくても、良書を出している出版社の本を、オープン時から置いて来ました。ミシマ社、夏葉社、土曜社、ビレッジプレス等々、いつもいい本を届けてくれます。

一方、小さいながら志のある本を作っている、出版社ともおつきあいの窓口を広げてきました。先日、左京区図書館で装丁家の矢萩多聞さんと、本についてのトークショーに参加させていただいた時、我が国の出版社の大半が数人で経営している実態をお話ししました。

ナナクロ社は、九州にある宅老所「よりあい」の悲喜こもごもの日々を描いた鹿子裕文著『へろへろ』(1620円)以来のお付き合いです。その後、谷川俊太郎『幸せについて』(1080円)『バウムクーヘン』(1404円)、熊本県にある「橙書店」店主田尻久子著『猫はしっぽでしゃべる』、東京の新刊書店「Title」辻山良雄著『ことばの生まれる景色』(2484円)、そしてコミック「ニューヨークで考え中」でブレイクした近藤聡乃著『不思議というには地味な話』(1404円)など、本好きには120%満足できる傑作です。書籍に携わる人たちの魂をすくい上げた作品ばかりで、もちろん私の本棚にも並んでいます。

屋久島に住み思索を続けた、山尾三省の著作を出している野草社とも取引を始めました。『火を焚きなさい』(1944円)を初めてとして、『新版狭い道 家族と仕事を愛すること』(2376円)、『新版 野の道』(2160円)も山尾の傑作でしょう。今回入荷したものでは、野上ふさ子著『アイヌ語の贈り物』(1944円)がオススメです。

当店で、トークショーをしてもらった澤口たまみさんの『宮沢賢治愛のうた』(1944円)を出している夕書房も、まだ数冊しか出していませんが、いい本ばかりです。がんばって欲しいと思います。

先程紹介した、橙書店の田尻久子さんの新作『みぎわに立って』(3月20日発売2052円)は、女性一人でやっている里山社という出版社が出します。これからどんどん仕入れていきます。

私は書店をチェックする時、このような志のある出版社をどういう風に扱っているかを見ます。全く置いていない大型書店もあれば、チェーン店でもきちんと平台に並べているところもあります。ロクでもないヘイト記事満載の書籍をどかーんと並べている書店が多い中、いい本を何とか読者に届けようとしている店を見ると、ホッとします。因みに新刊書店に勤務していた頃、この手合いの雑誌を一冊だけ出して、あとは全て返本してワーストの売り上げを記録しました。当時の商品部の皆さん御免なさい……。

 

⭐️「ことばの生まれる景色」で挿画を担当したnakabanさんの原画展を、ナナロク社主催で7月3日(水)〜14日(日)に当書房で開きます。同時にご近所の書店でも、nakabanさんの作品展の企画も進行中です。乞うご期待を!