夏休みに一日、尾道市立美術館へ行ってみませんか。7月6日〜9月1日まで、「絵本原画 ニャー! 猫が歩く絵本の世界」展が開催されています。

「絵本の中の猫は、あっちこっち、動き出すんじゃないかな。なぜなら、とても生き生きとしているから。隙あらば、こっちへ飛び出してきそうなほどです」とは、主催者の言葉ですが、今注目の作家から、ベテランまで15組の絵本作家の約250点の原画と貴重な資料が美術館に並んでいるのだそうです。

 

この美術展の公式図録も兼ねた「絵本原画ニャー」が京都の青幻舎から発売(2268円)されました。単なる図録とは違い、かなり独創的な作りになっています。「本書では、『原画』に、絵本にあるのとは違う言葉を並べます。それは、作者自身のコメントだったり、『原画』の特徴を指摘する文章だったり、様々です」と編集者は言います。その意図は、絵本の原画を、普段見ている状態から切り離し、少々外側から観察してみることにあります。ストーリーから離れて、とびとびの原画を、絵本としてではなく、絵そのものとして見ることで、新しい発見があるかもしれません。

例えば、当店でも開催した原画展が大好評だった「ネコヅメの夜」の著者町田尚子。階段で惰眠をむさぼる猫の絵に下には、こんなコメントが付いています。「人間は出てこない。だが、人間もそこにいることができるような空間になっている。人の『気配』を省かない」。確かにこの物語には人は登場しません。けれども、猫が暮らす家には、人の生活の匂いが漂っていたのはそういうことだったのですね。

おばあさんが暮らす古い家に遊びにきた少年が目にする恐怖を描いた絵本「いるのいないの」では、著者は絵本のラフを作る前に、家の「間取り図」を制作しています。その図を元に、映画みたいに、どの角度でどの位置でカメラを構えるかを考えながら、ポジションを決めていった、という事です。この絵本の主人公は「古い家」なので、どう表現してゆくのがポイントだったのです。

今回の原画展に出品されているのは、ささめやゆき、石黒亜矢子、加藤休ミ、牧野千穂など、人気の作家だけでなく、1960年代から活躍している瀬川康男、40年代後半に貸本漫画で単行本デビューした馬場のぼる、海外からはペロー原作の「長くつをはいたねこ」のハンス・フィッシャーなど、時代も国も様々な作家たちです。

そんな全ての作家たちの原画を分解し、新しい観点からリミックスした本書は、実にユニーク。この本を片手に、ぜひ美術館に行きたいと思いました。

当店絵本人気No.1「ネコヅメのよる」(WAVE出版1512円)の著者、町田尚子さんの新作、「なまえのないねこ」(小峰書店1620円)入ってきました。

文は、竹下文子さんが書いています。主人公は、のらねこです。

「ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。だれにも なまえを つけてもらったことが ない。 ちいさいときは ただの『こねこ』だった。 おおきくなってからは ただの『ねこ』だ。」

彼の周りの猫は、みんな名前を持っています。

本屋さんの猫は「げんた」という白黒のねこです。八百屋さんの猫は、どこがチビというぐらいの大猫(これ笑います)。町の多くのお店に猫がいるようです。お店ばかりか、お寺には「じゅげむ」という名前をつけてもらった猫までいます。

自分も何とかして名前が欲しい。そんなある日、雨宿りしていたベンチの下を小さな女の子が覗いて、「きみ、きれいな メロンいろの めを しているね」と声をかけられた彼は、気づきます。「そうだ。わかった。ほしかったのは、なまえじゃないんだ。」

じっと女の子を見上げる猫の横顔に、思わず泣いてしまいました。そうです。のらねこは、名前を呼んでくれる人が、愛してくれる人が欲しかったんです。町田さんの丁寧な絵に心を掴まれ、とっても幸せな気持ちになります。猫好きなあなた!必見です。

「ネコヅメのよる」も再入荷しました。ふてぶてしい猫が魅力的なこちらもお楽しみください。

 

 ♫トーク&ライブ決定 7月13日(土)澤口たまみ(かたり)石澤由男(ベース)

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが決定。ゆったり、そして豊かな時間の流れた前回同様、今回も期待度大です。賢治の言葉とウッドベースの響きが心地よく胸に伝わってくること間違いなしです。

 

 

あけましておめでとうございます。本日よりレティシア書房通常営業いたします。本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

2018年ギャラリーは、町田尚子「ネコヅメのよる」原画展で幕開けです。

ある夜、古い家に住んでいるネコが、「ん?もしかして今夜か?」と気づくところから始まります。一体何が起こるのか?

あちこちの露地から、ネコたちがぞろぞろと出てきて、お互い「いよいよですね。」などと挨拶しながら、ある場所に集まっていきます。そこで大勢の猫たちが楽しみにしていたのは、何年かに一度夜空に上がる「月」だったのです。人は全く登場しません。ネコたちだけで成り立っている、ネコだけが知っている世界。

初めてこの絵本をみたとき、表紙のなんとも不敵な面構えに私はぞくっとしました。素敵!!!カワイイ猫は巷に溢れていますが、こういう、昔の映画に出て来る悪役のような、味のある顔にはなかなかお目にかかりません。この猫様を原画で観ることが出来たら、という願いが叶いました。本屋で原画展を巡回中の、WAVE出版さんからお話があり、町田尚子さんと親しいギャラリーnowakiさんのお口添えで、わがレティシア書房で開催されることになったのです。こいつぁ、春から縁起がいいわい!!

インパクトのある構図で様々な姿が描かれています。原画で見ると、夜の空気感や、細かいタッチ、深い微妙な色彩にみとれます。

 

町田さんは、8才のネコを引き取りました。「白木」という名前のネコがこの物語の主人公だと、絵本のあとがきに書かれています。そして、保護猫の活動にも参加されている様です。年末から販売中の町田さんの猫カレンダー「CharityCalendar2018」の売上げの一部も、動物保護活動に当てられています。

原画展開催を記念して、”ご当地サイン”入りの絵本「ネコヅメのよる」(WAVE出版1512円)、「CharityCalendar2018」(500円)、「手ぬぐい」(1300円)、「ポストカード」(2種類各162円)、「シール」(302円)など販売しています。(数量に限りがありますので、お早めに)

このブログを書いている最中に、町田さんのTwitterで知ったという図書館司書のお客様が来店されて「きっと関西でも原画展が開かれると楽しみにしていました。」と言って頂きました。本当に幸せなことです。「この絵本を子供たちに読聞かせしたら、すっごい喜ぶのですよ。」とも。ミステリー調に話して、怖い物語かと思っていると、最後に楽しいところで終るのがとってもいいのだそうです。

町田さんの猫世界にぜひ浸ってみて下さい。(女房)

 

 

 

捨てられたり、虐待されたりした犬や猫をレスキューするARK/アニマルレフュージュ関西が発行するカレンダー2018年度版が入荷しました。12月末まで販売します。壁掛け型1000円(写真左)、机上型800円(写真下)の2種類あります。

当店では、ARK支援のための写真展や、カレンダー販売を毎年実施していますが、原田京子さん撮影の写真で構成されたカレンダーは、今年も素敵な出来上がりです。来年は戌年ということで最初のページをめくると、日本犬がズラリ並んでそれぞれの特徴が書かれています。秋田犬、四国犬、紀州犬、北海道犬、柴犬、甲斐犬、土佐犬、狆(チン)など。ARKでは、その殆どの種類を保護した経験があるそうです。それだけ多くの犬が捨てられたり、虐待されているという事ですね。

1月から12月まで様々な犬や猫が登場しますが、その写真の下に、一言文章が添えてあります。「にんじん」で日本でもお馴染みの小説家、ジュール・ルナールの「平穏の理想形は坐る猫の姿の中に存在している」、或は「ドクター・ヘリオット」シリーズの人気作家ジェイムズ・ヘリオットは「猫とは、心地良さの鑑定家だ」という一文を読むことができます。

我が家にも老犬マロン(写真左・ARK出身です)がいるので、ボニー・ウィルコックスの「老犬は、履き古した靴のように心地よい。どちらもちょっと形は崩れているし、すり切れたところがあるかもしれないが、ぴったりと身に馴染む」が心にしみます。

来年のARK写真展は9月12日(水)〜23日(日)の予定です。なお、原田京子さんの個展も4月24日(火)〜5月6日(日)に開催予定。原田さんの、犬猫とはまた違う、魅力的な写真に出会えると思います。

そして、こちらも売上げの一部を動物保護に役立てる町田尚子さんのミニカレンダー(500円・写真左下)が入荷します。(発売は10月29日から)シュノーケリング、カーリング、ボクシング等々のスポーツに頑張る猫たちの、ムスッとした表情に思わず笑ってしまう傑作カレンダーです。500部限定生産で、当店には50部入荷します。人気商品ですので、売切れの場合はご容赦ください。

 

町田尚子さんの絵本「ネコヅメの夜」の原画展を、新春1月5日(金)〜1月21日(日)開催いたします。「ネコヅメ」ファンは是非お越し下さい。なお著者による”ご当地イラストサイン”入の「ネコヅメの夜」を限定で販売する予定です。お楽しみに!

 

 

月に一度か二度、新刊で面白そうなもの、これはなかなか古本では出回らないと思われるものを、ピックアップして仕入れています。本日数点入荷しました。

先ずは、当店ロングセラー中の絵本「ネコヅメのよる」の作者、町田尚子が京極夏彦と組んだ妖怪えほん「あずきとぎ」(岩崎書店1620円)は、怖い!いや、妖怪なんて出て来ませんが、怖い。

夏休み、田舎にいるおじいちゃんの家で過ごす少年に降り掛かるのは…….。「ネコヅメのよる」に登場したネコも登場し、のどかな夏休みの始まりです。しかし、おじいちゃんの飼い犬と川に行った時に起こるのが…….。物語終盤で、少年の横顔の耳元に聴こえる「しょきしょきしょき」という不思議な音……。美しい絵が、より一層恐怖を盛り上げます。「ネコヅメのよる」も再入荷しています。

「ああ、絵が描きたい、そんな気持ちにさせる素晴らしい本」と安西水丸が、この本の旧版への書評を書いたのが岩崎昌子著「愛蔵版イヌイットの壁かけ」(誠文堂新光社3024円)。題名の通り、カナダの先住民族、イヌイットの女性の作った壁掛けを収録した作品集です。厳しい北の自然の中で狩猟に向かう彼等の生活や、先祖から伝わる伝説を描いたものなど、イヌイットの豊かな世界が満ちあふれた一冊です。雪に覆われた地ゆえに、逆にカラフルで暖かい色合いの作品が多いように思います。著者はカナダへの移住をきっかけにイヌイットアートに出会い、収集を始めた方です。そのコレクションの一部は、北海道立北方民族博物館(網走)に収蔵されているそうです。

河出文庫から穂村弘「ぼくの宝物絵本」(800円)が出ました。歌人にしてエッセイの名手が、絵本は子供のものじゃない!「会社が辛くても、ページを開けばそこは天国」と大人向けに選んだ絵本紹介です。

穂村は「絵本のなかで、泣いたり笑ったりしている子供たちに興味がもてない。生き生きとした表情をみても、ふーんと思うだけだ」という一方、無表情な少女を見ると、魅かれる、と書いています。そこで紹介されているのは、宇野亜喜良が描く少年少女。でも「無表情なおじさんもいることを思いだした。その名は『ジャリおじさん』(おおたけしんろう作)、これこそ完璧な無表情。そしてやっぱり不思議な旅にでかけるのだ。素晴らしい。」と無表情なおじさんにまで言及しています。

穂村は、歌人としてもユニークな世界を表現していますが、エッセイストとしても楽しませてくれます。その最たるものが、ラストで紹介されている酒井駒子「BとIとRとD」を論じた「滅茶滅茶な魂」です。大人が子供に憧れるのは、ものごとの流れが見えなくて、ただ目の前のことだけに夢中になれる、滅茶滅茶な魂を持っているから…..。絵本には興味のない人にも、面白い本です。

まだまだ紹介したい本があるので、明日も続けます。再入荷ですが「茨木のり子の献立帖」(1728円)も入りました。

絵本作家、町田尚子さんの個展を観に行った時、いやぁ〜人を食った顔だなぁ〜と拍手喝采したのが彼女の新作絵本「ネコヅメのよる」(WAVE出版/新刊1512円)でした。この表紙を見ればわかりますよね。昨今猫ブームとかで、大量に猫本が出版されていますが、この本がピカイチだと思っています。

 

主人公は家猫ですが、人間が一人も出て来ません。そして、極端に少ない言葉。「おや?」「あれ?」「もしかして」「そろそろかもしれない」なんてフレーズに絵が一枚づつ付いているのですが、猫を見つめる視線が、まるで映画のカメラを覗いているみたいです。ローアングル、ロングショット、超アップ、大俯瞰と変化していきます。そしてある夜、猫達が行き着くステキな場所へと我々を誘ってくれます。妙に擬人化を施さないとこがいいです。猫に興味のない人もフフフと笑えてきそうな一冊。玄関に立てかけておいたら、この顔ですから厄払いもしてくれるかもしれません。

 

 

さて、もう一冊、やはり素晴らしい絵本の紹介です。酒井駒子(絵)、LEE(文)による「ヨクネルとひな」(ブロンズ新社/新刊1620円)です。仔猫のヨクネルのかよわい表情、女の子ひなちゃんの素直な感情が、酒井駒子さんらしい繊細なタッチで描き込まれていて、高いクォリティーの絵本に仕上がっています。ひなちゃんの顔、手の動き等隅々にまで、仔猫への愛しさが溢れています。ぐっすり眠っているヨクネルの表情も、よく猫を観察されているなぁ〜と感心します。駒子ファンなら、必読の一冊です。古書では、「金曜日の砂糖ちゃん」(850円)、「BとIとRとD」(1300円)、「ビロードのうさぎ」(1250円)、「くまとやまねこ」(1050円)もあります。

さて、こちらも新刊ですが、五味太郎「絵本図鑑」(青幻舎3024円)も見逃せません。1973年から2016年までに発表された、五味太郎の作品が網羅されています。全作品の表紙を収録、またエポックメーキング50と題して本人のコメント付きで中身が紹介されています。後半には五味太郎覚え書きがあります。

また、メリーゴーランド店主、増田喜昭さん他の方々が、五味太郎について語っていますが、その中で、編集者の小野明さんが興味深い指摘をされています。

「五味太郎は垂直好きだ。ビル、煙突、立木、塔、灯台、殿中、旗、信号、標識、杖…….。 絵本のそこかしこに立っている。」

絵本はページをめくる行為が水平方向の動きを促進するので、そちらに強い。だから垂直なものは、水平方向の動きに対して読点を打ち、画面全体をリズミカルにもする。画面がはずみ、軽快にする作用を持っている、との指摘です。これから五味太郎の絵本を見るときには、この点を注意して見てみるのも面白いかも。

★レティシア書房では、新刊書・古書の色々な絵本を置いています。