絵本作家酒井駒子の初の本格的な個展「みみをすますように」が、東京PLAY! MUSUEMで始まりました。酒井駒子は、静謐なタッチの絵とシンプルな言葉が溶け合う絵本で、数多くのファンを持っています。(私もそうです)

個展に合わせて画集「みみをすますように」(BlueSheep/新刊4180円)が刊行されました。20数冊にも及ぶ絵本の中から約300点の原画と、30点あまりのラフスケッチをセレエクトしています。

私が初めて彼女の作品に出会ったのは、2008年河出書房新社より発売された「くまとやまねこ」でした。仲良しの小鳥が死んでしまい、生きる気力を無くしたクマは引きこもりの生活を続けています。しかしある日、音楽を奏でるやまねこの音色に誘われるように外に出て行きます。亡くなった小鳥が、今も自分の心の中に息づいていることを悟ったクマは、音楽を奏でて各地を回るやまねこと一緒に旅に出る決心をするという物語です。これは、文章を湯本香樹実が書いています。喪失から再生へと向かうクマの姿が切なく、また彼を助けるやまねこの暖かさに胸打たれます。

次に出会った酒井の作品は、絵本ではなく、2012年の発表された川上弘美のファンタジー長編小説「七夜物語」でした。小学四年生の女の子が、図書館で見つけた「七夜物語」に導かれて不思議な世界を巡ってゆく物語です。絶版になっている単行本は、各ページに酒井の作品が小さく挿入されています。下巻表紙は、長いテーブルで食事をしている女の子と友達の男の子と、「スプーン」や「消しゴム」や「ハサミ」が描かれていて、奇妙なんですが、独特の暖かく深い画風が素敵です。(画集にも入っています)

画集の最後には、本の題名と簡単な解説を記した資料があります。これから、酒井の絵本を集める時の役に立つと思います。

なお、この「みみをすますように」展は、夏には神奈川で開催されて、その後全国を巡回する予定です。関西にも回ってくることを期待!

 

 

 

大学時代だったと思います。小さなホールで、当時ソビエト連邦に属していたグルジア共和国の映画「ピロスマニ」を観ました。他にいっぱい面白い映画があったのに、何故これを観たのかは覚えていませんが、静謐な佇まいに感動しました。

 

さてその映画の主人公で、不遇のまま世を去った画家ニコ・ピロスマニの画集「ニコ・ピロスマニ」(文遊社5000円)が入荷しました。

ニコ・ピロスマニは、19世紀末から20世紀初頭、国内を放浪しながら絵を描き続けました。荒野に生きる動物であったり、ささやかな食卓を囲む農民達の夕餉の様子を素朴に描いています。あまりにもプリミティブゆえに、幼稚だと評価され、極貧の中で死去します。

プリミティブと言われれば、そうとしか表現できないのかもしれませんが、これほどに、日々を質素に生きる人の佇まい描き続け画家もいないのではないでしょうか。「薪売りの少年」や「乳搾りをする女」の日々の労働への眼差し、収穫を祝う男たちの、今まさに始まらんとする野外での宴席を描いた「収穫祭」、大鹿、クマ等々の野生の生き物達のポートレイトに満ちあふれた画家の深い愛、その無垢な魂に触れてしまうと、先程までいらついていた感情が、消えていくような不思議な世界です。

絵本作家の、堀内誠一は「”村の祭”とか、”ビールが来た”とかいう主題の、人間とその生活、動物、自然一切を愛しくなでた絵の無欲な自由、暗い中の温かさを、僕もグルジアという名前と共に記憶するだろう。」と書いています。

「無欲な自由」これは、ピロスマニの資質を言い当てた言葉ですね。

居酒屋でパンとワインのために絵を書き、町から町へ彷徨い、草原をゆきかい、ロシア革命の翌年、誰にも看取られずに56歳の生涯を閉じたピロスマニの作品が、今、世界的に評価されているのは、雑音と情報に取り囲まれて出口を見失った私たちに、ほれ、こっちこっちと手を差し伸べてくれているからかもしれません。

 

この画集に寄稿しているのは、スズキコージ、山口昌男、池内紀、小栗康平、あがた森魚、四方田犬彦、そして堀内誠一等々という顔ぶれです。彼らの文章を読みながら、作品を眺めてみると、また新たな発見があります。