盛岡在住の木村紅美の短篇集「イギリス海岸」(メディア・ファクトリー/古書700円)はサブタイトルに「イーハトーブ短篇集」とサブタイトルが付いています。

「イーハトーブ」は宮沢賢治ファンならご存知の彼の造語です。賢治の心象世界中にある理想の国を指す言葉です。モチーフとなっているのは岩手県。タイトルの「イギリス海岸」も賢治の造語で、花巻市の東部、猿ヶ石川合流点の西岸がイギリスのドーヴァー海峡に似ていることから、こう命名した場所です。

つまり、この短篇集のバックグラウンドには宮沢賢治がいて、作家が住む盛岡の自然、街並みが顔を出します。五つの短編が集まっていますが、主人公は盛岡生まれの双子姉妹、梢と翠です。実家から遠く離れた東京で、別々に暮らす二人。妹の梢は、恋多き日々を送っていますが、姉の翠の方は、窮屈な大都会暮らしに耐えきれず盛岡に戻ってきます。

「川の、山のある景色から、私はもう、はなれて生きていたくないかもしれない。という気持ちは、日に日に、強くなっていき、生きていきたいのだ、という願いに変わっていった。」

翠の人生をささえているのは、変わらぬ盛岡の風景。それは、イギリス海岸であったり、小岩井農場であったり、或は有名な民芸品店の光原社の中庭であったりします。様々に変化する様子を見せる故郷の風景と共に生きている翠の姿が、時に美しく、はかなく、哀愁をもって描かれていきます。

最後に収録されている「クリスマスの音楽会」は、この単行本のための書き下ろしです。最初から、二人を見てきたからというのもありますが、これが一番心に響きました。舞台はアイルランド。世界を旅しているギタリストの男が、この地でヨーコさんという女性に出会い、一緒に本場のギネスビールを飲み、ゲール語で歌われる地元の音楽を楽しみます。ヨーコさんは、さびしげな光景が好きで、こんなことを言います

「昨年はね、ダブリンからゴールウェイまで来る途中の景色が、岩手そっくりなのにびっくりした」

その時、男はかつてイギリス海岸のことを話していた恋人を思い出します。おそらく梢でしょう。「岩手のね、宮古にある浄土ヶ浜っていう風景も、そういう感じなのよ。断崖絶壁じゃないけど、世界の果てっぽいの」という言葉を残してヨーコさんは旅立ちます。

それから数年後、男は宮古でのライブ出演のため、この地を訪れます。そして誰もいない浄土ヶ浜を歩いていて、あるカップルとすれ違ったときに、かつての彼女が、双子の姉が岩手にいるとの言葉を思い出します。似ている、ひょっとしたら….。でも、違うかもしれない。なかなか恋愛が上手く行かなかった翠だとするなら、彼女の愛する盛岡で、いい人と巡り会ったのかもと考えると、ジーンときます。幕切れが素敵な小説です。

 

 

 

トーク&ライブのお知らせ

「新版 宮沢賢治 愛のうた」を出版された作家、澤口たまみさんのトークとベーシスト石澤由男さんのライブを当店にて行います。

19年1月18日(金)19時スタート 1500円です。

 

 

盛岡発のミニプレス「てくり」は、最新20号(648円)で10周年を迎えました。おめでとうございます!!

「てくり」は、レティシア書房開店時からお世話になっているミニプレスで、バックナンバーも人気のある雑誌です。盛岡の「ふだん」を綴る、をコンセプトにして、この街で生きる様々な人々を紹介しています。10周年記念号は「続けるひと」という、自身10年続けてきた気持ちが込もった特集です。

「続けるひと」では、3人が取り上げられています。

かつて市内にたくさんあった料亭も、今や残るは3軒で、その貴重な一軒「駒龍」の若女将岩舘早苗さん。そして地元で50年以上、ありとあらゆるデザインの仕事を手掛けるデザイナー田中文子さん。もう一人は、30年もの間トライアスロン競技選手として活躍するアスリート佐野智子さん。各人各様の「続ける女の続ける理由」が語られています。

この雑誌がいかに創刊され、続いてきたのかを俯瞰できる、「てくり」10年の記録は貴重です。2001年夏、「何か仕事以外に主張できる冊子をつくろうと」集まった人達。それから紆余曲折の末2005年春、創刊に至りました。その創刊号を作る際に、手本になったのが大橋あゆみ編集、発行の「アルネ」だったというのは興味深いことです。そして月日は流れ10年。その歩みが、世間での出来事と対比しながら見ることができます。例えば2011年の東日本大震災。すべての仕事が止まります。

「震災で紙が手に入らず、印刷会社もストップ。季節を夏に押したが、当初予定していた『本特集』を切り替え、『伝えるしごと』がテーマ。やや悶々とした号」

と当時を振り返っています。また、毎号楽しみしている「もりおかわんこ」は、11号からスタートしたことも初めて知りました。

オール女性の編集部。よく続きますね、と聞かれるそうですが、メンバーにこだわりがないことがいいのかもと仰っています。

「『どうでもいい』ということではない。『こうでなくては許されない』という事が少ないのだ。『こうでもいいけど、それもありね』という感じ」

そんなしなやかさが素敵な雑誌を作り続けているのですね。毎号「あなたはなぜ、ここにいるのですか」という連載が掲載されていて、この街で慎ましく暮らす人が取り上げられています。撮る人も、撮られる人も、この街の暮しを愛していることが伝わってきます。また、不定期に発行される「てくりブックレット」も隅々まで丁寧に作られています。自分たちの暮らす街や人を愛しく思っているから、成せる技なのかも知れません。この記念号の表紙モデルさんが、創刊号と同じ方の10年後というのも、「てくり」らしいと思います。

流行の先端をゆく東京から、はるか離れた地方都市で、オフビートな感性で取材を続ける「てくり」をレティシア書房は、ここ京都から、これからも応援します。今後共よろしくお付き合い下さい。

 

Tagged with:
 

盛岡発のミニプレス「てくり」19号(648円)が入荷しました。特集は「一菓一話」。この街のお菓子あれこれです。

先ず取り上げられているのは、「馬っこ最中」。馬のお祭りにヒントを得て、「馬っこ本舗みやざわ」の先代が昭和34年に発売を開始した最中です。馬の形が素朴で可愛く、もちろんお餅が入ってます。

次に登場する洋菓子店を開いて50年という大橋三郎さんは、10年前からロールケーキと焼き菓子だけを売っています。秋から冬の繁忙期には1日50本のロールケーキを作るとか。表紙は、大橋さんの「ドルチェマルセイユ菓子店」の写真。御年78歳には見えません。甘党ならこのロールケーキは外せません。

その他、盛岡で愛されるおやつ「きりせんしょ」なるものやら、60年以上前に修道女が作り始めた「ニックナック」(形はベルギーワッフルみたい)、ご当地老舗の和菓子へと続きます。

ところで、「がんづき」というお菓子ご存知ですか。楽しいエッセイで人気の木村衣有子さんが、こう書いています。

「蒸しパンみたいな岩手の郷土菓子だ。甘じょつぱくて、ざっくりと大きくて、食べごたえがある。」

このお菓子、実はあまり人気はないそうです。彼女はこう分析します「お菓子には必要不可欠なはずのときめきを見出しにくいのだ。色も地味だし、どかっと大きくて、いまひとつ可愛げがないことは事実だ」

そう言われたら、こちらとしては一度食べてみたくなります。

今号もう一つの特集は、昭和35年に建てられた「盛岡バスセンター」。大都会にある殺風景なバスセンターではなく、旅愁を誘ってくれます。中に入居しているお店が紹介されていますが、この待合室に似合うのは、「男はつらいよ」の寅さんかな。「姉さん、どっち行くんだい?」なんていう調子のいい声が聞こえてきそう。この建物は、東日本大震災で、一部に被害があったものの、大丈夫だったらしいです。ここから、未だ見ぬ土地へ向かって旅立ちたいものです。(来年は盛岡に行くぞ)

なお、てくりbooklet「盛岡の喫茶店おかわり」(1080円)、てくり別冊「光原社*北の美意識」(2052円)は在庫が少なくなってきました。

 

Tagged with:
 

岩手発のミニプレス「てくり」を発行している「まちに編集室」から、センスの良さの光る本が二点到着しました。

1冊目は「てくり別冊光原社*北の美意識」(2052円)です。「光原社」は、宮沢賢治の学友、及川四郎が、大正13年「注文の多い料理店」発行に際して設立した出版社です。その後、南部鉄器、漆器の製造販売に取り組み、昭和初期に柳宗悦の知遇を得て、全国各地の美しい民芸の販売を始めました。その会社を丸ごと取材したのが、この本です。

実は、これは二年程前の「てくり11号」で特集された記事です。発売当時から圧倒的人気で品切れになり、今回違う形で復活となりました。持っているだけで、幸せな気分になれそうな本です。高度な美意識で選ばれた優れた職人技の作品もさることながら、今の光原社の、日常を捉えたポートレイトと文章がたまらなく美しい本です。

創始者の四郎さんの最後の言葉は、「ああ、楽しい人生だったなあ」です。こんな言葉を残して天国へ旅立った彼の人生は極上だったことでしょう。

後半に宮沢賢治の「注文の多い料理店」出版に関する記事が二本載っていますが、ファンには見逃せません。

2冊目は、「てくりbooklet森岡の喫茶店おかわり」(1080円)です。喫茶店の紹介本なのですが、情報誌がよく作るカフェ情報だけの薄っぺらい本ではありません。柔らかい光線に包まれて、美味しい珈琲や紅茶を飲む時間の幸せを伝えてくれる本だと思います。「ふかくさ」の女主人と愛犬チャメ子のショットは、この店に流れる貴重な時間まで写っています。

隅々まで編集者の気持ちの行き届いた本は、持った瞬間、あるいはページを開いた瞬間に、何かが伝わるものなのかもしれません。

 

★お知らせ 勝手ながら7月1日(火)は休業いたします 。

Tagged with: