昨年夏に大阪の書店「本は人生のおやつです」の坂上さんから、「本のヌード展」への参加のお誘いがありました。ちょっと刺激的なタイトルですが、これは、本のカバーを取ったり箱をひっくり返したりすると、違う装幀や、作り手の工夫があったりする本を集めた企画でした。この企画がさらに大きくなり、多くの本が集まった展示会が、26日まで奈良県立図書情報館にて「本のヌード展」として開催されています。この展示会の内容を伝える「本のヌード集」(550円)を入荷しました。

まず、京都在住の装幀家矢萩多聞さんが装幀を担当し、2006年に春風社から出た「小出楢重と谷崎潤一郎小説『蓼喰ふ虫』の真相」が登場します。う〜む、なんとも色っぽい仕掛けです。これは、本書をじっくり見てください。

ページをめくると、書店員、作家、ライター、編集者など多くの人が、これぞ!という本を出しています、もちろん全て、カラー写真で収録されていて、出品者のコメントも読むことができます。大正十五年にアルスから出たポール・ゴオガン著「ノアノア」は恩地孝四郎の装丁で、出品者の「マヤルカ書房」さんは、「一つの美術品のような佇まいは、美術専門書の版元ならではないでしょうか。そして、味わい深い表紙はもちろん、カバーをそっとめくってあらわれる本体の箔押しにはっとしました。」とその美しさを書いています。

入荷した時には私も驚いた本を、「人生のおやつです」の坂上店長が選んでいました。サウダージブックス発行、西川勝著「『一人』のうらに、尾崎放哉の島へ」 (2200円)です。自由律俳句の俳人、尾崎放哉が晩年を過ごした小豆島が浮かぶ瀬戸内海の海原がカバーになっています。坂上店長は、タイトルの「うら」という言葉に注目しました。ここには「裏」という意味も入っているのかもしれないと気になり出し、「読んでいる途中でカバーをめくってみたら、そこにはなんと、生命力を感じさせるような、満開の花が…….!カバーの青と表紙の赤。『一人』に潜む『もう一人の自分』から繋がる『他との関わり』。これ以上なく内容を現した装丁だと思います。」とその素晴らしさについて書かれています。

当店は、田辺聖子監修の「ひまわり」復刻版(国書刊行会)を出しました。「ひまわり」全8冊+別冊1冊を豪華な箱に入れたものです。展示会終了後に本が戻ってきたら、店内に出しますのでじっくりご覧ください。

本の魅力を視点を変えて語った一冊です。この本を手にとって興味を持たれた方は、26日まで開催されていますので奈良へ出かけみてください。

 

レティシア書房は、年内28日(土)まで通常通り営業いたします。新年は1月7日(火)から営業いたします。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

「すべての若者に捧ぐ」と帯に書かれた本、何だと思いますか? 「おじさん図鑑」(300円/出品・榊翠簾堂)という「おじさんになる前に、おじさんを知るべき」貴重な本。おじさんについて詳細なジャンル分けが楽しい。「普通のスーツのおじさん」に始まって、「お疲れのおじさん」「たそがれるおじさん」「ハイウエストのおじさん」「うるさそうなおじさん」等々、数十種類に区別されたおじさんが登場します。あ、こんな人いる、いるとページをめくり(もちろん自分のことは棚上げ)、著者のイラストレーターなかむらるみの、おじさんへの愛情が感じられるタッチのイラストに、笑いが出てきます。途中に挟み込まれるコラムもなかなかのもので、例えば「おじさんにモテる女性たち」にある、「気さくなねえさんタイプ」「むっちりダサめな影ありタイプ」「『おじさま』と言えるおっとりタイプ」には吹いてしまいました。著者曰く「かわいいおじさんとは、口元に締まりがあり、シャイな雰囲気を持っていること。」 これは、おじさんも若者も関係なく心がけたい。

先週の土曜日、左京区図書館で、装丁家の矢萩多聞さんとトークショーを行いました。

ご来店の折に何度かお話したことはあっても、特別親しい関係ではありません。それが、トークを始めるや否やポンポンと会話が繋がり、和やかに進みました。その多聞さんも執筆されている「本を贈る」(1200円/出品・葉月と友だち文庫)が出ています。昨年の9月に出されたばかりの新刊で、当ブログでも紹介しましが、いい本です。一冊の本が書店に並ぶまで、どれだけ多くの人が関わり、愛情を持って送り出しているのかが紹介されています。本を愛する者には必読の一冊です。

ご承知の方も多いと思いますが、多聞さんは、インドのタバブックスを日本に輸入し紹介しています。何故そんなことをしているのかを、「本を贈る」の中で書いておられます。そこで「小さな暮らし」について言及されていました。我々のトークショーの最後も、その小さな暮らし、或いは小商いの話で幕を閉じましたが、今回、再読して、多聞さんが語ったことを思い出していました。

哲学者ショウペンハウエルの「読書について」(250円/出品・緑の小道)の帯に、出品者が書いている言葉が付いています。「ちょっと毒舌?なぐらいの文章も、読んでいて、気持ちがよく、面白いです」と。今回、出品された文庫本の大半に、緑の小道さんは、オリジナルのブックカバーを付けてコメントを書かれていますが、そのコメントに惹かれて読んでみようかな、という気になります。もちろん、このカバー付きで販売しています。「読書について」のカバーでは、本書のこんな文章も紹介されていました。

「良書を読むための条件は、悪書を読まぬことである。人生は短く、時間と力には限りがあるからである」ごもっとも。年をとるとつくづくそう思います。

 

⭐️休業のお知らせ 

勝手ながら、2月18日(月)〜20日(水)連休いたします。

 

本に関わっている様々な人たちが、自分の仕事への思いを綴った「本を贈る」(三輪社/新刊1944円)は、本への愛に溢れた素敵な書物です。編集者、装丁家、校正者、印刷、製本、取次、出版営業、そして書店員たちが登場します。

トップバッターで登場するのは、島田潤一郎さん。隅々まで神経の行き届いた本をリリースする夏葉社を主宰されています。島田さんは、出版する姿勢をこう語っています。

「ぼくが本をとおして伝えたいのは、メッセージでもなく、主張でもなく、婉曲的ななにかでもない。ぼくは、なにかの全体をだれかにまるごと伝えたい。大げさにいえば、人生の全体。物語の、感情の、思いの全部。そのひとの全部。そういう全部を伝えるのには、本がいちばんいいと思っている。」

この島田さんの思いの一端を担うつもりで、当店では夏葉社のすべてのラインナップを揃えています。

二番目に登場するのは、京都在住の装丁家矢萩多聞さん。型破りな生き方を通して、本当に大切な暮らしと仕事を見つめた「偶然の装丁家」(晶文社/古書850円)を、是非お読みください。装丁家として仕事をされる一方で、インドのタバブックスの本の仕入れ、業務もこなされています。手仕事で作られたタバブックスの本は、どれも魂がこもっています。彼は常々「人間はいったいなんのために本をつくりつづけるのか。」という問いを持っていました。

「ちいさくても、ゆっくりでいい。他人の本をデザインして終わりではなく、自分で本をつくり、届けるところまでやってみたい。それをやらないと、気持ちもバランスもとれなくなって、このまま慌ただしい流れのなかにうずもれてしまうんじゃないか」

その思いから、自分たちで本を作り、販売していきます。小さく、小さく売ってゆく…..。手間をかけて、その本が必要としている人の元に届ける。それは収入は少なくとも好きなことを細々と続け、慎ましく幸せに暮らす「小さな暮らし」へと結びつきます。経済成長なんて言葉に踊らされずに、小商いに生きる人達が増えているのは、正しいことですね。

ミニプレス「ヨレヨレ」(当店のロングセラーでした/絶版)を作っていた鹿子裕文さんが、「ヨレヨレ」に登場する「宅老所よりあい」という施設の顛末記「へろへろ」(ナナロク社/新刊1620円)を書いた時の、校正を担当した牟田都子さんが登場します。

本の校正って、赤鉛筆で間違いを直す仕事というイメージがありますが、彼女の話から、中々奥の深い仕事であることを納得しました。送られてきた原稿にペンを入れることで、著者とのコミュニケーションをはかっているのです。過剰なペン入れは著者の表現を逸脱するのではという不安が常に頭をよぎる作業です。言葉の一つ一つに対する徹底的な調査には脱帽です。

「贈るように本をつくり、本を届ける10人のエッセイ」というのは、帯の言葉ですが、そんな人達の努力と手間が、書店に置かれたとき、この本は何か違うとキラリと光るものを生み出しているのでしょう。

 

 

 

 

★釧路ヒッコリーハウスオーナー安藤誠の「ネイチャートーク」が決定しました。

 

10/27日(土)19時スタートです。参加費は2000円です(要予約)


 

 

 

 

京都在住の装丁家、矢萩多聞さんの新刊が、ミシマ社の「コーヒーと一冊」シリーズとして出ました。タイトルは「たもんのインドだもん」(1080円)です。

インド暮らしの長い多聞さんが、何、それっ?と思いつつも、そういう生活もありか、と納得してしまうインドの人々の日常を書いたエッセイです。

すぐに、お前の家を見せてとズカズカ入ってくる話や、別に性的関係があるわけではなく、恰幅のいいおじさん同士や、女性たちが手をつないで闊歩している街中の光景とか、笑える話がリラックスした文章で語られていきます。

いいなぁ〜と思うのは、17歳の頃、はじめてインド人の友だちの家に泊った時のこと。お母さんの手料理がどんどん出て来て、矢萩さんは、どれから食べるのと訊いたところ、こんな答えが返ってきました。

「あなたのお皿はあなたの宇宙よ。順番なんてない。好きに混ぜ、食べなさい。人生を楽しみなさい。」

著者は「皿のなかの自由。なんて美しい言葉だろう。」と感動して、モリモリ食べるのですが、ホント美しい言葉ですね。

楽しい話、ひっくり返りそうになる話の中に、生きることの根本的姿勢にまつわる、著者の経験に出会います。それは、彼が町を歩いてた時、突然、看板が落ちてきたのです。幸いけがはなかったのですが、この国では、路肩にバスが横転していたり、いきなり車が炎上したりなどはよくある事らしい。そういう日常の中で、彼は「たまたまで生きている」ことを確信します。

「大きな事故も、小さなミスも、日々のささいな選択肢の末に、起こるべくして起きているような気がする。良いことも悪いこともごったまぜ。複雑にからまった縦横の糸と糸の間を、祈りながら、忘れながら、綱渡りのように歩くほかない。」

人生は綱渡りだ!多分、日本ではなかなか納得できない考えかもしれません。

著者が晶文社の「就職しないで生きるには」シリーズの一冊として出した「偶然の装丁家」 も近日中に再入荷いたします。併せてお読み下さい。