インドネシアにある小さな村、ラマレラ村。ガスも水道もない。さらに、火山灰に覆われた山が迫っているこの村では、作物が全く育たない。1500人もの村人の生活を支えているのは、鯨漁。年間10頭の鯨の収穫があれば、村人全員が1年間、暮らしていけるのです。

その鯨漁は、手作りの木製の船に乗り込み、先頭に立ったモリ打ちが、巨大な鯨に向かって、ダイブしてモリを射つという古代からの漁法です。

この村の、鯨との付き合いと暮らしを3年間にわたって撮影して、ドキュメンタリー映画「くじらびと」にしたのが写真家の石川梵です。写真集「 THE DAYS AFTER東日本大震災の記憶」(飛鳥新社/古書1900円)、太古の記憶を求めて地球をめぐるノンフィクション「時の海、人の大地」(魁星出版/古書1100円)、そして映画の原作とも言える「鯨人」(集英社新書/古書600円)など、店には彼の本を置いています。私の尊敬する作家です。

おぉ〜こんな映像初めて観た、と感動したのは空撮で捉えた鯨漁。真っ青な海、その大きさに比べればちっぽけな船が、船よりも数倍大きな鯨に近づいて行く。壮大な自然の中で繰り広げられる死闘。ラマレラ村では。食べる糧を取るということは命を賭けることなのだ、という真実が胸に迫ってきます。

映画の中で、この海域で獲れるマンタ漁の最中に、マンタにかかった網に絡まれて深海に引きずりこまれて命をなくした若い村人の物語が出てきます。悲しみにくれる家族は、それでも新しい船を作り海に出てゆく。鯨とともに生きるしか道がない事実を村人は知っています。鯨はモリを撃ち込まれても、何度も何度も抵抗し、船に体当たりを敢行します。そして、海面はその血で真っ赤になっていきます。

残酷とか、かわいそうとかは全く思いませんでした。それどころか、モリ打ちが海面に飛び込む瞬間には、興奮しました。人間にはどこかに狩猟民の血が残っているのでしょうか?

個人的には捕鯨には反対です。しかし、この村では、鯨漁は命と命のやり取りなのです。

「自分たちは食うために必死に鯨と戦う。鯨も生きるために必死に抵抗する。どちらが勝つかは神様が決めることだ。」

とは、石川梵著「鯨人」に登場するモリ打ちの言葉です。

野蛮でも残忍でもなく、神聖ですらある鯨漁の姿を通して、「鯨人」の中で著者はこう結びます。

「生き物と生き物との間で交わされる命のやりとりの崇高さに、私は痺れるほど心動かされた。その高みの前には、今、話題になっている鯨の保護か捕鯨とかいうような時事的な問題はむしろ些少に思えた。全ての生き物は生きるために他者の命を奪う。それは殺戮ではなく、命の循環であり、尊い生の営みなのだ。」

映画のラストは、穏やかな海に、ソプラノ歌手森麻季の「アベ・マリア」が流れます。まるで、大海を泳ぐ鯨が歌っているようでした。

 

⭐️本の紹介をZOOMにてさせたいただく「フライデーブックナイト」。次回は9月17日(金)です。

⭐️北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。

10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約

 

 

 

 

Tagged with:
 

これ、石川梵の著書「フリスビー犬、被災地をゆく」(飛鳥新社950円)の最初の文章です。

石川さんは、辺境の民を見つめた作品で知られているフォトジャーナリストで、当店でも「鯨人」(集英社新書400円)、「時の海、人の大地」(売切中・近日再入荷)等が人気です。彼が、愛犬十兵衛を連れて東日本大震災の被災地を回った記録が「フリスビー犬、被災地をゆく」。なんで、犬を連れて?と思いの方もおありでしょう。最初から、彼も連れていったワケではありません。

震災直後から現地に入り、実情をカメラに収めてきました。(その時の記録写真「THE DAY AFTER」も近日入荷します。)取材から帰宅して、久々に、十兵衛と三度の飯より好きなフリスピーで遊んでいるうちに、ふと思います。

「苦難の日々が続く被災地。ひょっとしたら、犬にしかできないことが、あるかもしれない」と。

そして東北へ再取材に旅立つ朝、十兵衛を連れていきます。投げられたフリスビーをジャンプして取る犬に、被災地の子どもたちは大喜び。震災以後、ふさぎ込んでいた老人が、ふと投げたフリスビーを、楽しそうに取る十兵衛を見て、笑います。セラピードッグの誕生です。

各地で愛嬌を振りまき、みんなに笑顔を与える十兵衛。でも、この本はそんな心洗われる写真ばかりではありません。横転した機関車の前に佇む十兵衛のぞっとするような写真や、廃墟と化した海岸線を歩く十兵衛を捉えた痛々しいものも収録されています。どん底に落ちた人々に、犬一匹できることはたかがしれています。しかし、無垢な十兵衛の与える喜びは計り知れないものがあるのかもしれません。

素敵な写真があります。気仙沼港で、朝もやの中、湾を見つめる凛とした十兵衛を捉えた作品です。できることをやる、という石川さんの決意を十兵衛が表現しているかのようです。

後半、映画監督の山田洋次さんが登場します。瓦礫にたなびく黄色いハンカチ。そして十兵衛。この辺りに登場する写真は、文章がなくても力を発揮して、見るものに迫ってきます。「時の海、人の大地」で、文明からはるか離れた大地や、大海原で生きる人びとの力強い表情を捉えた石川さんの真骨頂を見る思いです。