森泉岳土の「うとそうそう」(光文社800円)は、「小説宝石」に2015年から翌年まで連載されたコミックを一冊にまとめたものです。「うとそうそう」とは、解説を書いている映画監督の大林宣彦によれば、「うと」は「烏」(う)と「兎」(と)のことで、「太陽に烏が、太陰(月)には兎が棲んでいて、そうそう(匆々)とは荒々しい様を意味する。因って、烏兎匆々とは月日が経つのが速いこと」と書いています。つまり、このマンガは「時間」がテーマなのです。そして長い時間の積み重ねの中で、貴方も、私も失った何かを愛しむように振り返る。各8ページ、主人公のモノローグだけを8Bのエンピツで綴った、短篇小説のような淡い世界です。

 

私が、森泉の作品に出会ったのは、確か2013年に出版された「祈りと署名」(KADOKAWA500円)でした。毛筆の様なタッチで描かれた独特の世界に引込まれていきました。この作品集の中に、中原中也の「湖上」をベースにした「夜は昵懇しく」は、3.11の後の都会に生きる少年と少女が公園でデートする姿に、中原の詩がかぶさってくるという構成になっています。

「ポッカリ月が出ましたら 舟を浮かべて出掛けませう 波はヒタヒタ打つでせう 風は少しあるでせう」で始まる中也の詩を巧みに使った短編でした。

新作「うとそうそう」は、余分な線や、背景を排除できるだけ排除して描かれています。さらに「名前はいらない」という作品に登場する猫は、大胆にもコマからはみ出て動き回っています。誰しも自分の生きてきた時間の中で感じる、悲愁、孤独、憧憬などといった感情の揺れをコミックのスタイルで描いていますが、これは詩に近い作品集です。あちこちに広がる余白は、フツーに時間をつみかさね自分の人生を生きてきた人が、様々な色合いで埋められるのかもしれません。

因みに、彼がカフカの「城」、漱石の「こころ」より“先生と私”、ポーの「盗まれた手紙」、ドストエフスキーの「鰐」に挑んだ「城」も近日中に入荷しますのでお楽しみに。

★臨時休業のお知らせ

11月6日(月)7日(火)連休いたします。