神保明子さんの「ガラスの豆皿展」が本日より始まりました。

直径10㎝〜13㎝くらいのガラスの豆皿がズラーッと並びました。豆皿って聞くと、私はちょっとだけテンションが上がります。食器の中でも大げさでなく、骨董等よほど高価なものは別として、使いやすいし思わず手に取ってしまいます。素材がガラスというのも珍しくて展示を手伝いしながら、あれこれ目移りしてしまいました。

神保さんの技法を、壁に展示されたパネルに沿って少し説明します。①粘土で皿の原型を作り、②耐火石膏で型をとります。③型に色ガラスの粉(または粒)を詰め、④電気炉に入れて焼成します。⑤型からガラスを取り出し縁を削り(写真左)、⑥裏をヤスリで手磨きします。これは型の石膏などが付いているのをきれいにするためですが、手で磨くので一個につき30分くらいかかるのだそうです。⑦お皿の形にくぼんだ型にのせて、再び電気炉にかけます。そうすることでお皿の形を整え、ツルッとした美しい肌合いもできるのだそうです。⑧最後に研磨してしあげます。

この技法は「パート・ド・ヴェール」と呼ばれています。「パート」はケーキのたねの意味。パネルの写真を見ると③の粉を詰めるところは、お菓子作りの様です(「ヴェール」はガラスの意味)。彼女の豆皿自体、とても美味しそうな色をしていますが、果物・漬物・金平糖・佃煮、何を乗せても活きるかわいいお皿たちです。ガラスは、光を受けると表情が変化するのが魅力。窓にかざしたらホラ、こんなにキラキラ(写真右)。テーブルの上に置いた時には気づかなかった透明感のある美しい色が見えてきます。

神保さんは、倉敷芸術科学大学芸術学部工芸科のガラスコースを卒業しました。「日本のガラス展」などに入選されましたが、子育ての間10年以上ガラス制作から離れていました。今回再開されて初めての個展を、レティシア書房で開催いたします。クリスマスなどのプレゼントにもきっと喜ばれると思います。(豆皿は2800円〜3500円・ペーパーウェイト1000円)色とりどりの小さなお皿をぜひ手に取ってご覧ください。(女房)

★「神保明子 ガラスの豆皿展」12月4日(火)〜16日(日)まで 

12時〜20時(最終日は17時終了)月曜日定休 作家在廊日は12月9日・16日