夏葉社から吉田篤弘の新刊「神様のいる街」(1728円)が出ました。

吉田と神戸、そして神保町の関わりを描いた私小説的短編「トカゲ色の靴」と、「二匹の犬の街」、幻の処女作「ホテル・トロール・メモ」の三作品が収録されています。

持っていたレコードを売り払い、それを旅費にして早朝、家を出る。著者二十歳の時です。「どうしても神戸に行きたかった。行かなくてはならない。(いま行かなくては駄目だ)と、どこからか声が聞こえてきた。」

その思いはどこから来るのか。「神戸にいると、僕は神様の声が聞こえるのだ。(いいか、いまのうちに見ておけ)」と何度も囁かれて、街をさ迷います。海に突き出た人工島を、グルリと周回する無人電車(ポートライナー)に乗って一周したりして、時間が過ぎてゆきます。ここで時間は、しばらく前、東京の美術系大学を落ちて、専門学校に籍を置いていた頃に戻ります。授業にも出ず、自分の居場所が見つからず、無為の日々が過ぎていきます。

「学校にはほとんど通わず、毎日ひたすら神保町に通いつづけた」という具合に、この街の凄味に巻き込まれていきます。そんなある日、彼は老舗書店で、上林暁の本と出会います。貧しい生活の中から、高価な上林の本をいかに買うかという描写は、本好き、古本好きにはたまりません。

戦争の匂いにしみついたボロボロの本を読むことは、

「本に戦争は染みついていた。そこに時間が流れていた。本の中の時間が右手と左手からステレオで伝わってくる。ざらざらした紙に触れることは、そのまま時間に触れることで、古本を買うということ…..手に入れるというのは、こういうことなのだと、ようやく理解しつつあった。」

そして、自分も本をつくりたいという思いが強くなってゆく,,,,。

後半に収録されている「二匹の犬の街」は、ちょっと切ない恋物語です。ここで登場するのは、今はもうない新刊書店「海文堂書店」です。古本は神保町で買うが、新刊は”わざわざ”神戸元町のこの書店で買うその理由が語られていきます。

神保町と神戸を舞台にして、本との、街との、そして恋の物語が描かれた素敵な一冊です。相変わらず夏葉社の装幀は、美しい!

 

勝手ながらレティシア書房は、5月7日(月)〜10日(木)連休させていただきます。

よろしくお願いします。

神戸発のミニプレス「ほんまに」のバックナンバーが揃いました。地元名物書店、海文堂の「海文堂通信『海会』別冊」と雑誌の上に印字されているだけに、本に関する魅力的な読み物満載です。

「本の黒子たち」という特集(〜8号まで)を組んで、作家の秘書、書店営業ウーマン、書店員の一日、地元編集者、製本会社等々、本を支える人達を紹介しています。

9号からは、さらにグレ−ドアップ。9号は、誰でも一度は訪れる「東京堂書店」訪問記、10号はなんと、銀閣寺の古書「善行堂」へのロングインタビュー。(写真の善行さんが若い!)13号は「中島らもの書棚」で、中島らも夫人の美代子さんへのインタビューを掲載。そして15号は、惜しまれて閉店した海文堂への思いで、ほぼ一冊作られています。

もちろん、特集以外にも、見逃せない記事が山ほどあります。2号には、ディープな古書店としてコアなファンのいる古本屋「ちんき堂」店主、戸川昌士さんが登場します。元町の商店街近くの、細い道にある細い階段を、ドキドキしながら上がっていったのは何年前だったか。70年代カルチャー何でもありの店内に圧倒されました。

あぁ、この本忘れなかったんだ、とちょっと感動したのが、14号です。特集は「東日本大震災と本 激励の言葉より本を売る」。特集も読み応え十分なのですが、連載「街を写す」で、取り上げられているのは「六甲天文台」なのです。六甲ケーブルに乗って山上にこの天文台はあります。大学の映画サークルで、先輩の映画ロケのアシスタントで初めて行きましたが、眺めが素晴らしい所です。この天文台が、森絵都の「この女」に出て来ます。舞台は94年から95年の大阪と神戸で、阪神大震災の直前までが描かれます。震災は直接描かれてはいませんが、なんとか生き抜く女に、男が切なくなる小説でした。14号の震災特集号で、この小説を出してくる感覚に拍手です。

現在「ほんまに」は18号まで出ています。もちろん最新号も販売中です。価格は一冊515円。創刊当時から値上げなし!

 

 

★★カナダ在住で、ドールシープを撮影されている写真家、上村知さんの写真展を11月1日(火)〜13日(日)まで開催します。5日(土)夜に、上村さんによるスライドショー 「極北 カナダ・ユーコン&アラスカの旅と暮し」(7時より)を予定しております(要・予約 レティシア書房までお願いします)

10月28日(金)『ネイチャーガイド安藤誠さんの自然トーク「安藤塾」』は、満席になりました。

尚、「安藤塾」は、10月29日(土)19時より「町家ギャラリー龍」にて開催します。こちらの方は、参加者募集中です。お問い合わせは直接 「町家ギャラリー龍」(075−555−5615)まで。

Tagged with:
 

神戸元町に、新しい古書店「1003」(センサン)がオープンしました。

店主の奥村さんとは、春の長岡天神の古本市でお会いして、その時にお店を開くことを聞いていました。ミニプレスも販売したいと、レティシア書房で何点かセレクトされていました。

さて、JR元町駅を降りて、たらたらと南に行くと、中華街の南京町西門が見えてきます。その側の小径を入ると、白い壁の古いビルがあります。一階は炭焼&ワインバル「9」(ナイン)というレストランで、平日はランチもあるらしい。(残念ながら、私が伺った月曜は定休でした)

細い階段を上がって、ドアを開けると素敵な空間が広がります。最初に目に飛び込んできたのは、懐かしい家具みたいな大きなステレオ装置です。しかも、そこから音楽が聴こえてくる(これには、仕掛けがあります)。

家具職人のご主人が製作された棚には、文芸書、絵本、エッセイ等が並んでいます。そして、店主好みの民族学の本の棚もありました。マタギの本を、手に取って読ませてもらいました。その棚で見つけたのが、生島圭三郎の絵による「カムイケチャップ」(福武書店)です。アイヌ語でシマフクロウを「カムイケチャップ」と呼びます。島の王という意味で、この王とシャチの群れとの交流を描いた絵本で、威風堂々たるカムイケチャップの姿が楽しめます。

オープンして、ほぼ一週間の印象をお聞きしていたら、後ろから元気な女性の声が響いてきました。振り返ると、いつもお世話になっている、元町の古書店「トンカ書店」の頓花さんではありませんか。開店のお祝いに来られたみたいです。暫くの間、三人で古書店談義に花がさきました。

今年10月で「トンカ書店」は、なんと10年だそうです。それを記念して、色んなイベントを店内でされるらしいのです。神戸の古書店ばかりを撮影した写真展も企画中だとか。

「1003」の書架は、まだまだ開発中で、どんな本がこれから集まってくるのか楽しみです。是非、来年の古書市には参加してくださいとお願いして、店を後にしました。