京都生まれで知床在住の絵本作家、あかしのぶこさんの絵本原画展が本日より始まりました。

今回は、福音館書店「ちいさなかがくのとも」の「あなほり くまさん」(2021/11/1 発行/440円)の原画4点に加えて、現在、知床自然センターのギャラリーで開催中の「しれとこの みずならが はなしてくれたこと」(2022/3 知床財団発行/1980円)から、表紙絵をお借りしてきました。さらに、「しれとこのきょうだいヒグマ ヌプとカナのおはなし」(知床財団発行/2530円)から表紙絵と、福音館書店「ちいさなかがくのとも」の「ふくろうのこ おっこちた」(2020/5/1 発行/440円)の原画2枚という盛り沢山な展示です。

「あなほり くまさん」は母グマと二匹の子グマが、冬眠する穴を掘って眠る物語。「クマは冬眠中に生まれて、春から秋を母親と過ごし、もう一度一緒に冬眠します。つまり、オスのクマならば、生まれた時とその翌年のそれっきり、他のクマの温もりを感じながら眠ることはもう二度とないのです。」(折り込み付録の言葉より)そんな貴重な親子の時間が、知床の森の風景と共に描かれています。あかしさんのクマは、本当に表情豊かで生き生きしています。絵本に登場する脇役のカケスが可愛いんです。

「しれとこの みずならが はなしてくれたこと」は、朽ちた大きなみずならの穴に逃げ込んだヒグマが、みずならの声を聞く物語です。年老いたみずならが、知床の自然と人間の関わりをヒグマに語ります。知床国立公園内の開拓地を保全するための取り組み「知床100平方メートル運動」の活動の一環として、あかしさんと知床自然センターの協力で作られました。1977年、斜里町が始めたナショナルトラスト運動は画期的なものでした。乱開発の危機にあった土地を守るため全国から寄付を募ったところ、1997年には49000人が参加、ほぼ全ての開拓跡地を買い取ることができました。その後も原生の森と生態系の再生を目指し、運動が続けられています。先週旅行中に、知床自然センターでの原画展を見ることができました。京都の個展に、表紙絵を貸してくださったセンターの方々に改めてお礼を申し上げます。ぜひ絵本を手にとってみてください。

「ふくろうのこ おっこちた」は、巣立ちを間近にしたシマフクロウの子どもの表情が楽しくて、私の大好きな絵本です。今回ぜひ原画を展示してほしいとお願いしました。飛ぼうとして落っこちてしまったシマフクロウの子が、びっくりしてガシガシと木を登るところが面白い。シマフクロウの巣箱かけのボランティアをした経験などが、この本を作るのに役に立ったそうです。ずっと温めてきたテーマを絵にした、あかしさんのシマフクロウに対する熱い思いが詰まった素敵な絵本です。

あかしのぶこさんの個展は3回目です。京都と知床をつなぐ絵本を手にとって、ヒグマやシマフクロウに思いを寄せていただけたら嬉しいです。絵本の他に、ポストカード(1枚100円)も販売しています。(女房)

「あかしのぶこ えほんのえ展 2022」は9月21日(水)〜10月2日(日) 13:00〜19:00 月・火定休日