1980年、たざわ書房から発行された「アタゴオル・ゴロナオ通信」(初版/帯無し2400円)と1996年、朝日ソノラマから発行された「円棺惑星」(重版/帯付き1900円)が入荷しました。

前者は、いつもの大食い猫ヒデヨシが登場する物語を集めたもので、雑誌「宝島」や「猫の手帳」に掲載されたものです。友達には絶対したくないヒデヨシと仲間たちが巻き起こす騒動を描いた、奇妙で、不思議で、奇想天外なファンタジー世界。実際にヒデヨシと飲んだ日には、お前の顔なんか二度と見たくない!と大げんか必定のはずですが、なんだか憎めない奴だなぁ〜と思ってしまうのです。ますむらは、ヒデヨシの物語と同時進行で、宮沢賢治の童話を次々と、猫を主役にコミック化しています。特に、「虔十公園林」という、今でいうナショナルトラスト運動の原点を描いたような賢治作品は、原作を超えていると思います

ところで「アタゴオル・ゴロナオ通信」に「青猫島雨床通り」という作品が載っています。これは「自由時間」1976年1月号に発表された作品ですが、他のアタゴオル作品のタッチとは全く違います。

「青猫島にある鯖岸森には、200年間休みなく雨の降り続いている『雨床通り』という床屋街がある。」という文章で始まる短い作品です。銅版画のようなタッチで描かれた三枚の絵に文章がくっ付いた小品です。ちょっと不思議な街に彷徨い込んで、ふらりふらりして、はっと現実に戻ったような気分にさせてくれます。登場するのは、もちろん猫たちですが、どの猫も全く感情が読み取れない顔つきが、印象的です。

さて、もう一点の「円棺惑星」は、猫の登場しない作品です。ある奇妙な惑星で展開するファンタジーなのですが、暴力的で、グロテスクで、残酷な描写も登場します。アタゴオルに馴染んだファンの方は、もしかしたら戸惑うかもしれませんが面白いです。第一話「マネキン森は月の耳」で、マネキンと呼ばれる植物性人間が三日月の頃になると、人間の耳を齧るという事件が描かれます。で、このラスト。事件を解決した主人公の受羅という若者は、ふとこんな台詞を口にします

「マネキンが耳食うくらいたいした事じゃないかもしれない。オレたちの先祖は地球を食いつくしたんだ」

ここで、読者はこの世界は、人間が滅茶滅茶にした地球の未来の世界だったことを知ります。映画「猿の惑星」ラストで、自由の女神の一部が海岸から出ているのを発見した宇宙飛行士が、自分たちの星は核戦争で滅んだことを知って愕然とする、あの衝撃を目論んだのかもしれません。

今回入荷したものは帯も付いていて、中身も綺麗です。お買い得です。

ところで、8月20日まで著者の生まれ故郷の山形県米沢市立図書館で「ますむらひろし展」が開催中です。著者サイン入りの読書通帳もプレゼントされているとか。ファンなら見逃せませんぞ。