先月、当店でトークショーをしていただいた「宮沢賢治愛のうた」(夕書房/新刊1944円)の著者、澤口たまみさんの絵本「わたしのこねこ」(福音館書店/新刊1296円)を入荷しました。

小さな女の子の家に、友達の家で生まれた子猫がやって来て、クロと名付けられます。女の子や、お母さん、この家の先住猫レオと仲良くなって、段々と家族の一員となるまでを、ほのぼのと描いています。絵を担当しているのはイラストレータのあずみ虫。安西水丸に師事し、アルミ板をカッティングする技法で作品を制作しています。カットして貼り込んだ絵がスッキリして、生き生きとした猫の表情がとても可愛いです。

本の最後に「猫を飼ってみたいと考えている方へ」と題して、こんな文章が書かれています。

「飼う人のいない猫を保護したり、飼い主をさがしたりしている団体が全国にあります。そこには、子猫や大人の猫、年をとった猫、そしておなかの大きなお母さん猫など、たくさんの猫がいます。お近くの保護団体と連絡をとり、大切な家族となる猫と出会ってもらえたらと、願ってやみません。」

もう一点、不思議な絵本を。ニール・カーティス絵、ジョーン・グラント文による「ネコとサカナ」(アールアイシー出版/古書900円)です。ある夜、公園で出会ったネコとサカナ。全く違う世界に生きているのに、妙に気が合い、二匹で冒険の旅へと出かけます。寒い夜、ストーブにあたって暖をとっているシーンとか、ボートに乗った二匹が海を進むシーンとか、不思議な雰囲気に、なんだかこちらもリラックスして来ます。ニールの絵は、版画の伝統を意識しながらも、大胆な構図で楽しく、冒険を終えた後、海辺で昼寝を貪るラストがなんとも微笑ましい。翻訳をしているのは、文化人類学者の辻信一。「ナマケモノ倶楽部」代表として、数々のスロー運動でお馴染みの方です。

さて、昨日当店にも猫さんがご来店。みいこちゃんと言います。飼い主の方は、羊毛で作ったウサギさんが超人気の「棚からうさもち」さん(レティシア書房ギャラリーで開催中。31日まで)のお知り合いです。と、そこへ俳優の栗塚旭さんがご来店!栗塚さんは猫好きで、猫の絵が飾ってあるのを見て、前に立ち寄ってくださいました。80歳をすぎておられるとは思えないほど大きな素敵な声です。と、いうわけでめでたく(?)ツーショットとなりました。因みに、栗塚さんは、中島貞夫監督新作「多十郎殉愛記」(高良健吾主演)に出演されています。