イランを代表する映画監督アッバス・キアロスタミ。「友だちのうちはどこ?」「そして人生はつづく」「オリーブの林を抜けて」などの傑作をご覧になった方も多いと思います。癌のため、2016年に療養先のパリで76歳の生涯を閉じました。

1970年に詩人のアフマド=レザー・アフマディーが文章を書き、キアロスタミが絵を描いた「ぼくは話があるんだ、きみたち、子どもたちだけが信じる話が」(新刊2310円)と、絵本「いろたち」(新刊1650円)が発売されました。

「ぼくは話があるんだ、きみたち、子どもたちだけが信じる話が」は、幻想的でとても美しい文章と、センスの良いコラージュで出来上がっています。

ぼくは、兄へ宛てた手紙を書きます。しかし、ぼくは手紙をそのままにして、友達に誘われて遊びに出かけます。季節は夏から秋へと変わり、テラスに置いたままの手紙も色が変わってしまっています。ぼくは変化してゆく季節の姿に驚き、その季節のひとつひとつを部屋へ取り込もうと窓を作るのですが……..。シュールな情景がアフマディーの魅力的な筆さばきで立ち上がってきます。同時に、キアロスタミは写真のコラージュに色をつけるという手法で、物語に広がりを持たせています。特に、窓のコラージュ作品は、独特の色彩感覚が溢れています。

もともと、新しい絵本を作ろうとしていた出版社の企画から、全く絵本とは縁のない詩人と映画監督がコラボした一冊だけに、子供向けというよりは、アート作品の趣があります。

「いろたち」は「友だちのうちはどこ?」発表の3年前に絵と文を描きおろした イランではベストセラーになった絵本です。
みどり、きいろ、だいだいいろ、あか、みずいろ、むらさき、くろ、しろ、という色から連想する、風景や食べ物、植物や生きもの、道具などを、子どもと一緒に歌を唄うように描いた本です。キアロスタミは、子どもを主役にして、彼らの視点で映画を作ってきました。同じように絵本にも、子どもたちへの優しい眼差しが溢れています。

「いろのついてないところは、いろえんぴつやマジックでぬっていいんだよ。」最後のページで、キアロスタミが子どもたちへ声をかけています。やさしい美しい絵本です。

 

☆お知らせ

北海道のネイチャーガイド・安藤誠さんのトークショーを、今年も開催します。

 10/29(土)18時より (参加費2000円) 要予約!

 

 

 

 

湯本香樹実(文)&酒井駒子(絵)という二人の名前で、傑作絵本「くまとやまねこ」を思い出される方も多いと思います。あの本から14年、二人のコンビが復活しました。

「くまとやまねこ」よりも大きな版型で作られたの新作絵本「橋の上で」(河出書房新社/新刊1650円ポストカード付き)です。

橋の上から川を見ていた少年の横に、気がつくと全く知らないおじさんが立っていました。少年は、ボロボロになったセーターを着て話しかけるおじさんをうっとおしく思います。実は、少年はいじめられたり、万引きの濡れ衣を着せられたりして、ここから川に飛び込もうと思っていたのです。

「みずうみを見たことある」とおじさんは聞いてきます。「ただのみずうみじゃない。その水は暗い地底の水路をとおって、きみのもとへとやってくる」

きみだけの湖があって、どんな時もそこにあるとおじさんは言い、「こうやって、耳をぎゅうっとふさいでごらん。遠くからやってくる 水の音が、きこえるよ。」聞こえたら早くおかえり、と言って去っていきます。少年はもう一度耳を抑え、手を離すと、川の音がさっきより大きく感じて、急いで家に帰ります。

その後、おじさんに出会うことなく、少年は大人になっていきます。橋は建て替えられて、昔の面影は残っていません。でも、彼は時々耳をふさいで、地底の水の音を聞くことがあります。

「かすかなきらめきが見えてくる。いまでは、みずうみははっきり見える。わきだす水の、ちいさな波紋まで」

湖の水辺には、死んでしまった人も含め、彼の友達や大事な人が集まっています。微笑んでくれたり、話かけてくれたするのです。

「あのときもし川に飛びこんでいたら、会えなかったひとばかりだ。」

あのおじさんは誰だったのでしょうか。少年にここで死んではいけないと教えてくれた人。少年の寂しさと切なさが詰まったような表情を描く、酒井駒子が見せてくれる命の物語。

幼い時に、怒られたり失敗したりして、生きていくのが嫌になって、橋の欄干のようなギリギリのところでしょぼんとしたことを、忘れてしまっているのかもしれませんが、こんなおじさんが救ってくれたのかもしれませんね。大人は子どもに、今ここで死んではいけないと伝えなくてはなりません。いつも、手元に置いておきたい絵本だと思います。

 

 

京都生まれで知床在住の絵本作家、あかしのぶこさんの絵本原画展が本日より始まりました。

今回は、福音館書店「ちいさなかがくのとも」の「あなほり くまさん」(2021/11/1 発行/440円)の原画4点に加えて、現在、知床自然センターのギャラリーで開催中の「しれとこの みずならが はなしてくれたこと」(2022/3 知床財団発行/1980円)から、表紙絵をお借りしてきました。さらに、「しれとこのきょうだいヒグマ ヌプとカナのおはなし」(知床財団発行/2530円)から表紙絵と、福音館書店「ちいさなかがくのとも」の「ふくろうのこ おっこちた」(2020/5/1 発行/440円)の原画2枚という盛り沢山な展示です。

「あなほり くまさん」は母グマと二匹の子グマが、冬眠する穴を掘って眠る物語。「クマは冬眠中に生まれて、春から秋を母親と過ごし、もう一度一緒に冬眠します。つまり、オスのクマならば、生まれた時とその翌年のそれっきり、他のクマの温もりを感じながら眠ることはもう二度とないのです。」(折り込み付録の言葉より)そんな貴重な親子の時間が、知床の森の風景と共に描かれています。あかしさんのクマは、本当に表情豊かで生き生きしています。絵本に登場する脇役のカケスが可愛いんです。

「しれとこの みずならが はなしてくれたこと」は、朽ちた大きなみずならの穴に逃げ込んだヒグマが、みずならの声を聞く物語です。年老いたみずならが、知床の自然と人間の関わりをヒグマに語ります。知床国立公園内の開拓地を保全するための取り組み「知床100平方メートル運動」の活動の一環として、あかしさんと知床自然センターの協力で作られました。1977年、斜里町が始めたナショナルトラスト運動は画期的なものでした。乱開発の危機にあった土地を守るため全国から寄付を募ったところ、1997年には49000人が参加、ほぼ全ての開拓跡地を買い取ることができました。その後も原生の森と生態系の再生を目指し、運動が続けられています。先週旅行中に、知床自然センターでの原画展を見ることができました。京都の個展に、表紙絵を貸してくださったセンターの方々に改めてお礼を申し上げます。ぜひ絵本を手にとってみてください。

「ふくろうのこ おっこちた」は、巣立ちを間近にしたシマフクロウの子どもの表情が楽しくて、私の大好きな絵本です。今回ぜひ原画を展示してほしいとお願いしました。飛ぼうとして落っこちてしまったシマフクロウの子が、びっくりしてガシガシと木を登るところが面白い。シマフクロウの巣箱かけのボランティアをした経験などが、この本を作るのに役に立ったそうです。ずっと温めてきたテーマを絵にした、あかしさんのシマフクロウに対する熱い思いが詰まった素敵な絵本です。

あかしのぶこさんの個展は3回目です。京都と知床をつなぐ絵本を手にとって、ヒグマやシマフクロウに思いを寄せていただけたら嬉しいです。絵本の他に、ポストカード(1枚100円)も販売しています。(女房)

「あかしのぶこ えほんのえ展 2022」は9月21日(水)〜10月2日(日) 13:00〜19:00 月・火定休日

 

 

 

オーストラリア生まれの(1974年)画家、アニメショーン作家のショーン・タンについては、新作が出るたびに、あるいは展覧会の印象など書いてきました。

今回も素敵な絵本を紹介します。タイトルは「いぬ」(河出書房新社/新刊1980円)。

「この先地球にどんな運命が待ち受けていようと、それがどんなに途方もなく過酷で、この世の終わりのように思えても、僕らの隣にはきっと犬がいて、前に進もうと僕らをいざなってくれるにちがいない。そうでない未来なんて、僕には想像できない。」

と作家は、犬好きが聞いたら涙するようなあとがきを寄せています。

広い道路の向こうにいるひとりの人間と、こちらにいる一匹の犬。どちらも背を向けています。同じ構図の人と犬の絵が続きます。人はそれぞれ国も年齢も違い、手前に描かれた犬は大きさも色も違います。どこか物悲しい情景が何ページにも渡って描かれています。

しかし、終わりも近づいたページでこちらを振り向いた女性に、真っ黒な犬が振り向き視線を送ります。そして、ページをめくると横断歩道の真ん中で抱き合う女性と犬。岸本佐知子訳によるこんな文章が飛び込んできます。

「きみがわたしの手を引っぱり、膝の裏に鼻を押し当てる。そしてわたしに叫ぶ、昔と同じように叫ぶ、世界は僕らのものだ! そしてまたもとどおり、わたしたちは並んで歩いていく。」

その言葉通り、最後はリードをつけてもらった犬と女性が歩み去ってゆくところで物語は終わります。犬と人間の愛情あふれるつながり。生と死。モノローグのような数少ない言葉と、シンプルな構成の画面だけで深い感動を与えてくれる絵本です。

裏表紙には、いろんな人たちが、犬種の違う犬を散歩に連れ出している様がシルエットで描かれていて、「平和」という言葉が最も適した絵だと思います。

なお、この著者には、人間に酷使されるセミが、最後に脱皮して人間世界から解放されて、自由な世界へと旅立つ「セミ」(新刊1980円)という素晴らしく、切ない絵本があります。

 

 

 

機能性、修理可能性、耐久性に優れたアウトドアウェアやグッズの販売や地球環境に配慮した食品を販売する「patagonia/パタゴニア」から、初めての絵本「しんぴんよりもずっといい」(1650円)が発売されました。(作・ロバート・ブローダー/絵・レイク・バックリー)

「チリの あるちいさな ぎょそんのあさ、イシドラとフリアンは たのしいけいかくを たてています」というところからお話は始まります。二人は海に遊びに行くのです。

海で潜り始めたところで悲鳴を聞きつけ、捨てられた魚網に絡まっているアシカを発見します。二人はアシカを解放して、網を引き上げます。海の底には、網やゴミが数多く捨てられていました。

「ふたりは うみのそこに こんなにたくさん ごみがあることをしって、かなしくなりました。なんだかくやしくて とてもがっかりしました」

捨てられた網が何か新しく役に立たないかと考え、リサイクルセンターに持ち込みます。そこで、網は粉々に分解され、衣服となって蘇ります。

絵本に登場する網は、水中で見えにくいことから「ゴーストネット」呼ばれるものです。データによると、他のプラスチック汚染の4倍も有害だそうです。海洋汚染の現状と、それを解決していこうとする子供達の姿を描くことで、地球のことを親子で考えるような絵本に仕上がっています。

「ふたりは、じぶんたちのちからで、うみのいきものたちを あみやプラスチックのごみから すくえることを しったのです」

実際、廃棄された網からリサイクルして製造されたブレオ社の「ネットプラス素材」は「patagonia/パタゴニア」の衣料品の生地に取り入れています。もちろん、この絵本も100%再生紙で印刷されています。

 

 

新しくできた出版社kanoaからミロコマチコの新作「あっちの耳、こっちの耳」(3520円)が発売されました。

「あっちの耳」は、東北の人たちから聞いた野生動物にまつわる物語、「こっちの耳」は、その同じ物語を動物に立って作家が創作したお話。じゃばら式で、表に人間目線、裏に動物目線のお話が表裏一体になっています。「カモシカのおはなし」「クマのおはなし」「ウサギのおはなし」「とりのおはなし」「ヘビのおはなし」「コウモリのおはなし」の六つの話が、それぞれ一枚の紙に収まり、16㎝×13cmほどのサイズですが、じゃばら式なのでずずっ〜と広げると1メートル以上にもなり、6話が一箱に入っているユニークなスタイルの絵本になっています。

 

さて、「とりのおはなし」は、こんな風に始まります。

「あれは、何年まえかの夏だったかな。実家の庭にちっちゃい池があるんだけど、うちのじいちゃんとばあちゃんがそこでペリカンを見たっていうんだよね。わたしと母は、いや、それはないでしょうって言ったんだけど、」という、「むかしむかし、ある所で」みたいな感じで進みます。この話はオチが面白くて、ペリカンと思しき鳥は、実は池にいた金魚を丸呑みしてしまって、喉が膨らんだシロサギで、じいちゃんたちはそれをペリカンと間違えたみたいなのです。ミロコマチコは、おそろしく喉が膨らんだシロサギを描きこんでいて、思わず笑ってしまいました。

その裏側で展開するのは「赤いくちばし」という、著者の創作したシロサギ側から見た絵物語です。シロサギのおばあちゃんが、孫の鳥たちに同じ出来事の顛末を話しています。両面ともミロコマチコの鮮烈な色彩感覚の絵をふんだんに見ることができます。

6話全て楽しめるのですが、私は、「クマのおはなし」が最高でした。森林調査をしていた人が、森の中でばったりとクマの子に出くわします。「子グマは1メートルくらいの大きさで、木の根っこにまえ足をかけてこちらをじっ…..と見ている。」

近くにきっと母グマがいるはずだと思ってあたりを見回しますが、発見できません。ミロコマチコの描く、深い草むらの奥でこちらを見つめている母グマの顔がなんとも魅力的。全体をグリーン系で整えた世界に対して、裏のクマ目線の「ふしぎないきもの」では、クマから見た不思議な人間といういきものが、赤を基調にして描かれています。

紙芝居が始まるようなワクワク感に包まれます。動物を見た人たちの語り口は素朴で心地良く、画面から飛び出しそうなミロコマチコの躍動感あふれる絵が素晴らしい。オススメです。

 

「EF58」と言っただけで、あぁ、あの電気機関車か!とその姿を思い起こす方は、鉄道ファンでしょう。

一時、日本の長距離列車を牽引していた電気機関車です。私が高校生の時、友人と九州一周旅行に出発した時の夜行列車も、京都22時発の東京行き急行列車「銀河」に乗った時もこの電気機関車が牽引していました。青春時代の旅はEF58がいつも一緒でした。

西村繁男の絵本「やこうれっしゃ」(福音館/新刊990円)の表紙絵は、EF58110のナンバーを付けた電気機関車が長距離列車を引っ張っています。

西村繁男は1947年生まれの絵本作家です。私よりもう少し年上。つまり著者にとってもこの機関車はなじみ深かったわけです。絵本は上野駅中央改札から始まります。季節は冬。スキーを担いだ若者、帰省する親子、引き出物を手にして挨拶を交わす人々が次々列車へ乗り込んでいきます。全編文章もセリフもありません。

ホームでお弁当を買い込み、寝台車に乗る人、四人がけの普通座席に座る人、リクライニングシートの一等車に乗る人。目的は違いますが、あちこちで会話が弾んで賑やかです。改札にいた多くの人々がそれぞれの座席に収まる様子が面白い。ページをめくっていくと、車内の様子が細かく描き込まれています。一昔の長距離列車、それも夜に出発する列車には、どこか濃密な雰囲気がありました。深夜、それぞれの席で眠りにつく乗客。若い方は体験したことがないかもしれませんが、硬い座席で寝るのは、なかなか大変でした。そんな様子も見ることができます。

上野を出た時には、雪など降っていなかったのに、いつの間にか車輪も真っ白になっています。朝7時、どうやら終着の金沢に着いたようです。帰ってきた安堵感、さぁこれから観光だという期待感、乗客の感情がホーム一杯に漂っています。ホームにある手洗い場で顔を洗っている人もいます。

本書が初めて世に出たのは1980年。それから版を重ねて、2020年には34刷。驚異のロングセラーです。現代のスピーディーな旅とは全く違い、ここには旅情があります。もうこんな旅は物理的に不可能ですが、だからこそ、あの時代へのしみじみとした思いが読者を捉えているのかもしれません。

☆レティシア書房からのお知らせ

7月27日(水)〜31日(日)「ワンコイン500円古本フェア」開催します。

「モモ」「はてしない物語」のエンデが、シュールレアリズム派の画家であった父親、エドガー・エンデの絵画作品をモチーフに描いた「鏡のなかの鏡」。自由奔放なイメージで繰り広げられる30の連作短編集。一つずつ前の話を歪んだ鏡像のように映し出し、最後の話が最初の話につながってゆくという不思議な構成の本です。

そのめくるめくるイメージを絵本にしたのが、京都在住の作家であり、Hedgehog Books代表を務めるjunaidaさんです。合わせ鏡のような迷宮世界を、独特の色彩設計と構図そしてキャラクターで絵本「EDNE」(白水社/新刊2750円)として出版されました。

「誰がこの扉を通ったのか。どちらの側から通ったのか。それはいつだったのか。そして、なぜだったのか」

という出だしの文章には、くすんだ緑色の古い扉に耳を傾けた少女、しかも少し宙に浮いているという絵がページ両面に描かれています。え?なんだかわからない……。ごもっとも。まあ何も考えずに、さらに次のページへと向かいましょう。と、さらにわからなくなります。しかし、読み手の私たちも普通のものの見方から離れて、自由に気ままな感覚で不思議な絵本の世界に入ってゆくと、とても面白いのです。絵と共に遊び、飛翔するイメージの世界へと向かいましょう。

最後のページ。「なぜこの扉を通るのか。いつ通るのか。それはどちらの側からなのか。そして、それは誰なのか」万華鏡で覗いたかのように広がる家々。そこにあるのは、最初のページにあったのと同じような扉。

でも、その前に立つのは……..。

文字で説明するのはかなり困難ですが、作家の溢れ出る想像力と、画力に魅入られてしまい、何度も読み返しました。

彼女の絵本としては、ことばとことばをつなぐ不思議な日本語「の」をテーマにした、「の」(福音館/古書1850円)もオススメです。「の」という言葉の不思議さを巧みに絵画化した作品です。

※と、ご紹介しましたが、たった今「EDNE」売れました。今の所在庫なし。スミマセン。

Tagged with:
 

帯広発の雑誌「スロウ」最新71号の巻頭特集は「白樺が拓く、森と人の日々」(クナウマガジン/新刊990円)です。北海道を代表する樹木である白樺と人々の物語です。

特集記事を読んで、次のページを開けたら、「絵本作家あかしのぶこさんと考えるおはなしの可能性」という記事が目に飛び込みました。

あかしさんは、現在は知床斜里町で暮らしている京都出身の絵本作家で、福音館から何冊か絵本を出されています(全て絶版)。当店では展覧会を今まで二度開催し、今年9月21日(水)〜10月2日(日)には、新作絵本「あなほりくまさん」の原画展をしていただくことが決定しています。小さい時から動物が好きで、絵を描くことが好きだった彼女は、知床の自然に魅了され、斜里町へ移住。この地で生きる動物たちを主人公にして数々の絵本を出されました。

取材した山口翠さんは、こう書いています。

「あかしさんが絵本の中で綴る文章は、動物の視点から書かれたものがほとんどだ。だからなのか、読んでいるうち、だんだんと自分の感情が動物に重なってくる。たとえば、初めて巣の外へ出るフクロウのひなが主人公のおはなしでは、初めて目にする外の世界へのおっかなびっくりとした気持ちを。母の帰りを待つ兄弟ウサギを主人公にしたおはなしでは、草むらの中でじっと隠れている時のドキドキ感を一緒になって味わう。そんな風に、気づいたら彼らの視線から同じ世界を見ているのだ。」

熊の視線になって、フクロウの視線にもなって、知床の森の奥深さを体験する。その楽しさを味わってほしいと思います

旭山動物園・新ヒグマ舎に展示予定の、約3m✖️1.5m「ヒグマ絵巻」を描くあかしさんの姿も載っています。

☆あかしのぶこ新作絵本「あなほりくまさん」の原画展は レティシア書房2022年9月21日(水)〜10月2日(日)の予定です。お楽しみに。

1973年メキシコ生まれで、現在イタリア在住のイラストレーター、ガブリエル・パチェコが描いた「白鳥の湖」(エディション・エフ/新刊2200円)。バレエでおなじみの物語を大胆なタッチで絵画にしています。詩的で、繊細、幻想的なパチェコの画風は、海外で高く評価され、数々の国際コンクールに入賞しています。

チャイコフスキー初のバレエ音楽「白鳥の湖」は、森に住む悪魔ロットバルトによって、朝になると白鳥の姿になり、夜には人間に戻るという呪いをかけられたオデット姫と、彼女に恋するジークフリード王子の物語です。

意に染まない結婚を勧められた王子は狩に出かけた時に、白鳥から人間の姿に戻る姫を目撃します。白鳥の手足が人間になった姿の白鳥が描かれます。グロテスクではなく、シャープにデフォルメされた姿や色彩がとても美しく、このページだけでも額に入れて飾りたいと思いました。

二人はいつしか手を取り合って舞い始め、やがて恋に落ちていきます。しかし、悪魔ロットバルトは、邪悪な企みで、王子を窮地に追い込みます。誰もが知っている物語に新しい息吹が吹き込まれたこの絵本は、夢のように美しい……。

 

ガブリエル・パチェコは、影響を受けた画家としてヒエロニムス・ボスやシャガールなどの名前を挙げています。

これまで30冊以上の絵本が世界各地で出版されていますが、日本では、この本と「水おとこのいるところ」(岩崎書店/古書・絶版1950円)が発売されています。こちらは、イタリアの作家イーヴォ・ロザーティの物語で、不思議で、ユーモラスな感覚に満ちた一冊です。深いブルーの色彩が印象的で、奥行きのある幻想的な絵本です。