数日前、翻訳家の藤井光さんが来店されました。現在、同志社大学で英文学を教えておられます。英米文学の翻訳家として、村上春樹、柴田元幸とともに人気があり、当店では、代表作テア・オブレヒト「タイガーズ・ワイフ」(現在品切れ)、アンソニー・ドーア「すべての見えない光」(新潮社/古書・2400円)など、藤井さんの翻訳本コーナーも設置しています。

藤井さんも参加されている「きっとあなたは、あの本が好き」(立東舎/古書・絶版1900円)は、スリリングな読書案内です。翻訳家の都甲幸治が中心となって、様々な作家を数人のゲストが論じ合うもので、「村上春樹が気になる人に」、「ルイス・キャロルが気になる人に」、「大島弓子が気になる人に」、「J・R・R・トルーキンが気になる人に」といった具合に、8人が選ばれています。

取り上げられている作家によってメンバーは変わるのですが、「大島弓子が気になる人に」では都甲に、藤野可織、朝吹真理子という芥川賞作家二人という興味深い組合せ。大島の「バナナブレッドのプディング」から入り、彼女が好きなら気にいる作家として、ミランダ・ジュライへととんでいきます。

藤井さんは、「村上春樹が気になる人に」と「ルイス・キャロルが気になる人に」に参加されています。

「キャロルについて三十〜四十代の男だけで語っているというこの状況も、普通にはありえないでしょ(笑)。でも、キャロルが『不思議の国のアリス』を書いたときには、三三歳。『鏡の国のアリス』が出たときは三九歳。広く見ればだいたい我々くらいのときに書いているので、書く側の心理がむしろわかるかもしれない。」

とおじさん三人(都甲幸治・武田将明・藤井光)で語り合うキャロル論が面白い。アリスが、ロリータファッションの起源の一つになっていることを踏まえて、このファッションの登場する嶽本野ばらの「下妻物語」を俎上に上げる辺りから、面白さのボルテージが上がります。ここに、キャリーぱみゅぱみゅまで登場させて、ロリータもキャリーも、その格好自体が、ハイブリッドでグローバルなアピール力を持っていると論じていきます。

さらに面白かったのが「トルーキンが気になる人に」です。都甲幸治が、トルーキンの「ホビットの冒険」と村上の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」の類似点を上げた上で、「村上春樹には、もうちょっと現代文学面白くていいんじゃないのとか、もうちょっといろいろな仕掛けがあっていいんじゃないのみたいな考えがあって、大幅にファンタジーの手法を使っているんでしょうね。」と書いています。ファンタジーの面白さを理解していないと、春樹は読めないんだという考え方ですね。

勝手ながらレティシア書房は、5月7日(月)〜10日(木)連休させていただきます。よろしくお願いします。

 

1954年生まれ海外文学の翻訳家で、ポール・オースター、エドワード・ゴーリー等の翻訳で有名。本人曰く、運動神経ゼロ、方向感覚ゼロ、虫歯ゼロ。趣味入浴という、柴田元幸の「翻訳本」でない本が面白い。

「愛の見切り発車」(新潮社/初版)の扉にこうあります。

最先端の海外文学を全部読んだ気になれるエッセイ集

「全部」と書いてあるところが、自信の現れです。第一部は「マリクレール」に連載されたエッセイ、第二部は「エスクワイア」で連載された、作家インタビュー集、そして第三部は「時事英語研究」に連載された文芸評論と盛りだくさんです。片っ端からペーパーバックを読み漁っていた、自称落ちこぼれアメリカ文学者の美辞麗句に流れない文章が、海外文学なんて読まない!という方にも、確かに、その面白さの一編をわからせてくれます。ちょっと、おとぼけな言い回しも楽しいです。例えば「頭暖まる童話」の書き出しはこうです。

「心温まる」童話はどうも乗れない。だけどこの「ライロニア国物語」は大丈夫。これはいってみれば「頭暖まる」童話である。

「頭暖まる」童話って何だ?と読んでしまいます。或は、「青春のバイブル」的な「ライ麦畑でつかまえて」では、「ライ麦畑」についての論文は、本質的にこの小説にそぐわないと言う。何故なら。論文は正論を要求する。そしてこう続ける。

正論を堂々と言い切ってしまうことは、「ライ麦畑」の主人公を苛む自己懐疑ーそしてそれこそがこの小説の魅力の中心なのだーに似つかわしくないのである。

確かにそうですね、あの主人公のどっちつかずの精神構造に、これが正しいと言っても意味ないことです。

最近、お客様からの推薦で柴田元幸と高橋源一郎の「小説の読み方、書き方、訳し方」を入手しました。この本で一番面白いのは第四章「小説の読み方」で、お二人が海外に紹介したい本をそれぞれ30冊づつ上げて。それを元に日本文学を考える部分です。う〜ン、頭脳明晰な二人が、ノウミソを高速回転させながら丁々発止するのは、読んでいて気持ちいいものです。蛇足ですが、「タカハシ」さんって小説はあまり面白くないのに、こういう文芸評論、エッセイになると拍手喝采の文章ばかりなのは、何故なんでしょうね?

柴田元幸の本は、それ以外の「つまみぐい文学食堂」(角川書店/初版)、「生半可な學者」(白水社Uブックス/初版)もあります。

ところで、私がこの翻訳家に興味を持ったのは、マイベストロック10として、大共感できる10曲を見た時ですが、その中にバーズの「マイ・バック・ページ」があったことです。川本三郎の同名タイトルの本にもなっている名曲です。苦さと甘さのブレンドが絶妙な一曲は、私にとっての若き日のアメリカへの憧れを思い出させます

白か黒かしかこの世にはないと思っていたよ

誰よりも早くいい席で いい景色がみたかったんだ

僕を好きだと言ってくれた 女たちもどこかへ消えた

あのころの僕より今の方がずっと若いさ

自尊心のため無駄な議論を繰り返してきたよ

英雄気取りで多数派の弱さを肯定もしてきたし

僕を素晴らしいと言ってくれた 男達も次の獲物へ飛びついた

あのころの僕より今の方がずっと若いさ

これは、真心ブラザーズが歌っている日本語解釈版ですが、オリジナルより良く理解できます。

 

Tagged with: