本に関する書籍を発行している神戸市の出版社、苦楽堂の作品はユニークです。

先ずは、3冊シリーズで出版されている「次の本へ」(1944円)。様々な人たちが紹介する「面白い2冊目」とどう出会うかを集めたユニークな本です。一冊は読んだ、しかし次にどんな本を読めば良いのかをわからないという方々へ、こんな本からあんな本へと繋がったということを紹介してくれます。フランクルの「夜と霧」から、同じ著者の「それでも人生にイエスと言う」という繋がりは、成る程と思いました。坪内祐三「靖国」から赤坂真理の「東京プリズン」も戦後を考えるということでは納得です。でも、中にはそっちへ向かうのかとびっくりさせてくれるものも沢山あります。

この本は売れたので、第二弾「「続・次の本へ」(1620円)が登場しました。山崎ナオコーラ、山折哲雄、最相葉月などの著名人も参加、さらにヒートアップしていきます。第三弾「次の本へ しごと編」(1728円)は、少し切り口を変えて、囲碁棋士、映画館支配人、喫茶店店主、遊覧航海士、ラジオ記者など、様々な仕事をしている人たちが、一体どんな本を読み繋いでいるのかを集めています。元保育士の方は、「怪獣大図鑑」から「特撮秘宝Vol.1」へ。コンサートホール企画に携わる人は、「戦後日本のジャズ文化」から「芝居上手な大阪人へ」などフムフムの連続です。

さて、こんな本出すのか!とびっくりしたのが「スリップの技法」(1543円)です。「スリップ」は、新刊本に挟まれている栞みたいなもので、新刊書店で本を買うと、このスリップは店員が抜き取ります。集まったスリップをもとに在庫のチェック、発注や売場の管理に使います。業界人以外にこんな本読むの?と半信半疑で置いてみたら、数冊売れました。お買いになられたお客様に書店関係の方ですか?と聞くと、「いいえ、でも面白そうだから。」というお返事に、そうか〜面白いと思う人がいるんだと感心しました。

もう一冊。「真っ直ぐに本を売る」(1944円)は、出版社から直接仕入れをしたり、もっと簡便なやり方で本を仕入れるやり方を説明した本です。これまた本屋さん以外の人は読まないのかと思っていると、違う商売の方が買われたり、メディア関係の方が買われたりと面白い売れ方をしている本なのです。

およそ一般向けとは言い難い本を出版する、苦楽堂を応援していきたいと思っています。

レティシア書房連休のお知らせ

誠に勝手ながら、6月3日(月)4日(火)連休いたします 

 

2013年9月30日、神戸元町にあった「海文堂書店」が閉店しました。

この書店は、私の好きな新刊書店ベスト3に入ります。店の規模としては、まぁ大きいとはいえ、ナショナルチェーンの図体ばかりでかい書店に比較すれば、小振りです。この店の素晴らしさは、何よりも本に対しての愛情が溢れていることです。一人よがりにならず、お客様のちょっと前を見つめて選書してあるので、本棚を見る楽しみに時間を忘れます。

海文堂書店は、実は創業は古く、1914年(大正3年)に初代、賀集喜一郎が開業した「賀集書店」がその始まりです。1926年、屋号を「海文堂」に改め、今日まで営業を続けてきました。神戸っ子だけでなく、全国の本好きに愛された本屋が閉店を迎えるまでを綴ったのが「海の本屋のはなし」です。

この本を出版しているのは。2014年神戸に出来た独立系出版社、苦楽堂です。著者は平野義昌さん。2003年に同書店に入社して、最後の日まで見つめた方です。

「『売る者』と『読む者』がつながり、『読む者』同士がつながりました。『売る者』と時には『読む者』ともつながり、そして『作る者』も『売る者』とつながりました。その場所が『海文堂』でした』

そんな幸せな場所が何故消えていったのか?その事を検証するのがこの本のテーマではありません。この場所に集い、データに頼らずにいい本を集めた仲間たち、そんな彼等を支援してくれたお客様。その楽しく、充実していた時代の記憶を振り返る一冊です。

私は、いい店というのは個々の商品が充実しているのではなく、それらが集まってその店が目指すもの表現している場所だと思います。売場が醸し出す雰囲気とでも言うのでしょうか。「海文堂」に集うお客様も、あ、この雰囲気良いよねと思い、贔屓にされていたんだと思います。

「9月30日をもって閉店」と書かれた紙切れだけで従業員に通告された閉店告知。何故?どうして?今後?も全く伝えられないままの連絡を見た従業員の気持ちは忸怩たるものがあったはずです。

私が最後に担当した新刊書店は300坪の大型書店でした。フツーの大型書店にはしたくなかったのでかなり個性的な棚作りをやり、学生さんを中心に支持をいただきました。わりあい順調に推移していたのですが、数年後、近隣にこの店より大きい店が出来ました。途端に売上げは降下していきました。300坪より、500坪、500坪より1000坪。店の大きさに屈服するのです。その時、思いました。書店員のスキルって何?

「海文堂」の近隣にもやはり大きな書店が出来ました。多分、そのことが閉店の遠因になったのではないでしょうか。物量だけで決まるなんて、バカバカしい、という気持ちが、私が会社を辞める原因にもなりました。