祇園祭の鉾立てが始まりました。京都の夏はこれからが本番…..とはいうものの30年前とは真夏日の多さが違い老体にはこたえます。

今年は、17日(月)が鉾の巡行日に当たりますが、レティシア書房は定休日です。京都のこの辺り、つまり中京区の烏丸通り近辺で、御池通より御所までの北の方は、巡行日は、車の交通規制があり、お商売をしているところは、昔はよくお休みになったものでした。

さて、そんな夏本番の時期に、藍染めの涼しげなのれんが、ギャラリーを飾りました。土本照代藍染め作品展『あいぞめのゆめ』が、今日から始まりました。レティシア書房での土本さんの個展は、2015年7月に続き2回目。一昨年もちょうど祇園祭の時期でした。

彼女の染め方は、「おりがみ絞り」と呼ばれているもので、生地を折り紙を折るようにたたんで縛り、藍液に浸けて染めます。布のたたみ方、防染する箇所によって様々な模様ができます。と言っても、染織などの経験がなければ、ピンとこないかもしれませんが(我が店長もその一人)、幾何学の模様が広がるステキな作品です。ぜひ実物をご覧下さい。

夏、京都の街中にまだまだ残っている町家で、軒先のかすかな風に揺らぐのれんは涼感を呼びます。玄関に水など打ってあるとなおさらほっこりしますが、一方マンションの白い壁に、藍染めのれんもまた合うようです。幾何学模様のこの染め物は、どこか懐かしく、そして柔らかく、丁寧に作られたやさしさを感じます。

木綿の手ぬぐい(2500円)もたくさん揃いました。藍染めは使いこむうちに、いい感じに色が落ち着いて来ますが、最近はインテリアとして、専用の額などに入れて飾っているのもよく見ます(写真・左上)。藍色は、お部屋に落ち着きと涼しさをもたらすかもしれません。

オススメは、絹のストール(12000円〜20000円)。冷房で身体が冷える時など、幅広で、軽くて、上品な藍色のストールは重宝します。他に、日傘・ブローチ・髪ゴム・手帳・ポチ袋など販売しています。

京都の夏、ここ最近は特に過酷な暑さです。外出も控える方が多いところでしょうが、祇園祭の鉾町から、もう少し北へ上がるおついでがあれば、ぜひお運び下さい。目にも涼しい藍染めをお楽しみ頂けたらと思っています。(女房)

 

土本照代藍染め作品展「あいぞめのゆめ 5」は7月11日(火)〜23日(日)

 12時〜20時(最終日は18時まで)  17日(月)は定休日

 

Tagged with:
 

京都は、祇園祭の鉾立ての頃になると、暑さもハンパじゃありません。うだるような猛暑の毎日。

レティシア書房のギャラリーは、もちろんその暑さを見越して(?)の作品展が始まりました。染色作家土本照代さんの「あいぞめのゆめ 3」展です。

涼しげな藍染めののれんが揺らぎ、この夏重宝しそうなおしゃれなストールがたくさん、さらに日傘も並びました。彼女の染色作品は、「おりがみ絞り」と呼ばれているもので、生地を折り紙を折るようにたたんで縛り、藍液に浸けて染めます。一緒に展示してある「藍染おりがみ絞り」(染織と生活社)を横においてのにわか仕込みの説明なのですが、染め上がった布を広げると、折り方縛り方により様々なパターンの模様が立ち現れるのです。

計算して染めたとはいえ、畳んでいた布を大きく広げる瞬間のドキドキは、作家さんだけが味わうことのできる感動でしょうね。その大胆な幾何学模様は、シャープな線というより、布と藍が歌っているように、やわらかくて優しいのです。

藍染めというとまっ先に木綿のものを思い浮かべますが、テーブルセンターやインテリアにも使える手ぬぐい(2200円〜3000円)などはキリッとして清潔感があります。そのほか麻・レーヨン混のカジュアルなストールもあれば、軽くて透け感のステキな絹のストール(15000円〜20000円)などがあり、こちらはドレッシーな服にも合いそうです。

 

本屋での個展だということで、今回は和紙に染めたブックカバー(1200円)や、小さめのノートも作って頂きました。布とは違い、和紙の方は柄がはっきり出ます。読みかけの文庫にこんなカバーをかけてみたら、ちょっと衣替えしたみたい。プレゼントにも喜ばれそうです。他に、ポチ袋(450円)や可愛いくるみボタン(300円)、ヘアピン(700円)などあります。

昨年の夏、初めて個展を見せて頂いて、白と藍のモダンな、そしてどこか懐かしい作品を見て頂きたいという願いが叶いました。祇園祭の最中に、御池通を少し北へとお立ちよりいただければ幸いです。(女房)

土本照代染色展「あいぞめのゆめ」は本日より7月26日(日)まで。(20日は休み。最終日は18時)

 

Tagged with: