2年前、「新聞記者」という気骨のある映画を作った藤井直人の新作「ヤクザと家族」を観てきました。

最初に書いておきますと、ヤクザと人権というテーマについては、数年前に東海TVが制作して劇場公開されたドキュメンタリー映画「ヤクザと憲法」に、そして長い間ムショに居て出所してきたら時代が変わっていた男の悲しみという設定なら深作欣二「解散式」には、及ばない甘さを感じました。

しかし、ラスト、身内同然だった男にドスで腹を抉られながら痛みと苦しみに耐える主人公のヤクザを演じた綾野剛のアップには、涙が止まりませんでした。

主人公は、荒れた少年時代を送り、チンピラヤンキーの賢治。ひょんなことから、地元のヤクザの親分が手を差し伸べて、ヤクザ社会における父子の契りを結びます。ここから、彼は親分を父と思い、尊敬し、小さな組織ではありますが、頑張って仕事をこなしていきます。そして恋人もでき、それなりに充実した日々を送ります。しかし、抗争が起こり、先輩格の若頭の身代わりで殺人罪を被り、長い間刑務所暮らしを送ることになります。

十数年後に出所。その長かった時間を、持っていたガラ携帯から、スマホに持ち変えるワンカットで表現するところは見事です。街はすっかり変わり、元の仲間たちは足を洗い、カタギになるように努力しています。そして親分は、末期ガンで明日の命もわからない有様です。さらに暴対法で、ヤクザへの締め付けは厳しくなっています。そんな時代に適応できずに、どちらを向いていいのかわからない賢治。

物語は後半、なんとか自分の人生を取り戻そうと、昔の恋人とよりを戻そうとしたり、正業につこうとしたりしますが、結局、彼が戻ってきたことで彼の周りにいた人間は次々と不幸になっていきます。

「なんで戻ってきたんや」という罵声。そして食い込むドスの痛みの中で、自分の人生で失ったものの大きさに耐えきれず、涙が溢れてきます。

1999年、2005年、2019年。その三つの時代に渡り賢治の生と死を見つめます。

好々爺の親分が時々見せる凄みが光る館ひろし、賢治の恋人役の尾野真知子、必死になって一般人になろうとしていたヤクザの市原隼人、賢治のいきつけの居酒屋の女将の寺島しのぶと、役者たちの演技はどれもシブいです。