凝った装丁で、珍しい文学作品を小さな豆本にしている「ぢやむ」さんが、活版小本の新作を持ってこられました。

一つ目は萩原朔太郎の「散文詩集宿命」(1980円)です。これは散文詩集「宿命」より六作品を選んで豆本にしたものです。

二つ目は佐藤春雄の「指輪」(1980円)です。和綴じの上品な装丁ですが、妻が欲しがっている指輪を浮気相手に贈る男の物語で、「男の不貞が今程咎められなかった時代の空気が感じられ、罪悪感のない主人公と作者が重なり、後味の悪い作品として記憶に残りました。」とは、製作者の弁です。

三つ目は、松尾芭蕉の「幻往庵記」(2750円)。元禄三年、芭蕉は石川県の奥地にある幻往庵に移り住みます。ここで、日々のことをしたためました。「奥の細道」に並ぶ名文と高い評価を得た作品です。豆本の方は函入りで、函を開けると小さなお香が入っていて、いい薫りがします。

もう一作は、以前販売していたカフカの「道理の前で」(1980円)のニューバージョンです。縦6.5cm、横4cmのケースに入っています。本というよりは、インテリアですね。

 

こちらは、豆本ではありませんが、ミニプレス「なnD」の最新7.5号(550円)も入ってきました。7号と8号の間の小さな号ですが、ホホホ座の山下店長も原稿を寄せています。後半に、夏葉社から「全ての雑貨」を出した三品輝起が「境界」という文章を載せています。雑貨店を営む著者は、「あらためて私の店をながめてみると、弁明の余地もないほど、不要不急の物ばかりがならんでいて肩身がせまい。必需品がなにひとつない異様な空間のなかで、店、つぶれちゃうのかなーと他人ごとのように考えた。」という書き出しで、現状を語ります。

最後には、同誌編集者の小林英治さんがインスタ日記を載せています。当ブログでも紹介した映画「パブリック図書館の奇跡」を大絶賛。面白いインスタ日記です。

 

2月5日から始まる恒例の「冬の古本市」のプレ企画です。

先ずは、京都市内の印刷屋さんの作った豆本。の豆本は以前から店頭で販売していましたが、場所の関係で、いつも十数点しか設置できませんでした。今回は今まで作ってこられた全点、60作品を出していただきました。

芥川龍之介「遺書」、正岡子規「子規随筆」、夏目漱石「夢十夜よりー第三夜」、泉鏡花「胡桃」、ボードレール「パリの憂鬱」、リルケ「老人」等々の古今東西の文学作品が、趣向を凝らした装丁で、豆本化されています。形は様々ですが、全て手の中にすっぽりと治るサイズです。カフカの「道理の前で」は、昔懐かしいマッチ箱の中に入っていて可愛い装丁です。一点ずつしか並べておりませんが、すべて販売しております。熟練の職人の手仕事で出来上がった豆本をぜひ、ぜひ手に取ってご覧ください。(価格は1800円〜)

ミニプレスでは、豆本に匹敵する手作りでファンの多い小幡明さんの”Papel Soluna”(ぱぺる・そるな・330円)。昨年のレティシア書房の個展にも多くの方にお越しいただきました。世界中の国々を回って、その土地の文化を、楽しいイラストで綴ったミニ新聞風の小さなミニプレスです。約30点ほど出ていますが、達者で自由な筆遣いが生き生きとした旅に連れて行ってくれます。携帯で写真を撮って、FaceBook等ですぐに発信するのが当たり前の時代に、わざわざ紙に描き、作品にするというアナログ精神に乾杯です。

もう一つは、古本です。本好きの方が亡くなられて、その蔵書の一部を販売することになりました。元々、某TV局の管理職だった方なので、その方の元へ多くの作家が本を送っていたみたいです。鴨居羊子のデッサン画が散りばめられた安岡章太郎「ガラスの靴」(牧羊社10000円鴨居のサイン、自画像デッサン入り1000部限定)、井伏鱒二「厄除け詩集」(牧羊社3000円)、加藤一雄「無名の南宋画」(三彩者4000円)、同じく「蘆刈」(人文書院3000円)、藤田嗣治「猫と女とモンパルナス」(ノーベル書房4000円)など、あまり見かけない本も登場します。

豆本、ミニプレス、古書と本好きにはこたえられないものがズラリと並びます。眺めて、手に取って楽しんでいただければと思います。

 

お知らせ

★2/3(月)2/4(火)古本市準備のため連休いたします

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください。

 

真っ赤な外函を取ると、出てくるのが、やはり赤一色の装幀の表紙。”History of Modern Art”という文字がうっすら浮かび上がっています。トータルで750ページの偉容を誇るこの本は、H.H.アーナスン著「現代美術の歴史」(美術出版社/初版5000円)です。

近現代美術史に始まり、今世紀の現代美術を下記の様に区分して追いかけて行きます

フォービズム→ドイツにおける表現主義→キュビズム→キュビズムの波及→20世紀初期の建築→幻想からダダへ→そして新即物主義→両大戦間のエコール・ド・パリ→シュルレアリスム→建築における国際様式→両大戦間の国際的な抽象美術→両大戦間のアメリカ美術→抽象表現主義とアメリカの新しい彫刻→戦後のヨーロッパ絵画と彫刻→ポップア−ト→1960年代の抽象→建築における国際様式 第二の波動→ポストミニマルの70年代→多元的な70年代→借用の80年代→建築におけるポスト・モダン

読むのに大変な労力の要る大著ですが、白黒、カラー図版を惜しみなく使用しているので、私などは、お気に入りを見つけて、その作家の項目を読み始めるのがベターです。

ところで、こういう美術の作品ってステキなものが多いせいか、CDジャケットに使われていんですね。3枚見つけました。また、アレクサンダー・コールダーの「ロブスターの捕り器と魚のしっぽ」というモビール風の作品は、海外の映画会社のロゴ宣伝に使用されていることを発見しました。映画のオープニングでモビールがゆらゆら揺れている横に会社のロゴが出てくるのをご覧になった方もおられると思います。ひょっとしたら、本の装幀に使われているのも見つかるかも。因みに発売された(1995年)のお値段は25000円です。

さて、豆本を作っておられる、杉本さんの新作が4点届きました。アポリネール「アムステルダムの水夫」、夏目漱石の「硝子戸の中」、小川未明の「橋の上」、石川啄木の「第十八号室より悲しき玩具抜粋」の四冊です。すべて素敵な装幀が施されています。

小川未明の「橋の上」は、和綴じの表紙に夕闇迫る川辺の橋を描いてあるもの。泣き止まない子どもに手こずる夫婦、誰もいない橋の上で、彼らを見つめる黒い影を描いたちょっとゾッとする小川らしい小品ですが、この表紙の絵がその世界にピッタリです。本好きの方へのプレゼントに最適です。ここだけにある本ですから。お値段は横7.5cm×縦9.5cmの豆本各1620円です。(限定販売)

 

 

 

★レティシア書房は12月29日〜2017年1月4日まで休業いたします。新年は1月5日から平常通り営業いたします。

先日、京都市内にお住まいのS氏が、自作の豆本を持って来店されました。装丁のそれぞれ異なった作品、全部で11種類でした。

森鴎外が翻訳したリルケ作「老人」は7.5cm×7.5cmの正方形の本に製本されています。最後のページを見ると、「一番暗い隅に腰を掛けて、クリストフが拾ってきた花をそれに差すのを見ている」という文章で終わります。そして、その横のページには花びらが貼りつけてあります。(税込み1404円)。左側の写真で豆本と、森鴎外の文庫本の大きさを比較してください。

1800年代に活躍した歌人、橘曙覧(たちばな の あけみ)の歌を編集した「独楽吟」は、判型が11cm×7cm。外箱を開けると、「たのしみは」で始まる歌がバラバラと出てきます。知りませんでしたが、アメリカ大統領ビル・クリントンは、天皇の訪米時に、この中に入っている歌「たのしみは朝おきいでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時」を引用してスピーチしたんですってね。(税込み2700円)

正岡子規の随筆もあります。大きさは9cm×7cm。外カバーを外すと、美しい和紙の本が出てきます。この本には、子規が西鶴の文体を真似て書いた廓の体験談「旅」その他が収録されています。(税込み1944円)また、芥川龍之介の遺書なんて本もあります。判型は8cm×6cm。昭和2年服毒自殺でこの世を去った芥川最後の文章です。こちらも和綴じの装丁で、表紙の渋い色合いに魅かれます、(税込み1404円)

国内の作家ものばかりの中で、一点だけ「マーク・トウェインの箴言」というアメリカの作家ものがありましたが、在庫が1冊のみで売り切れてしまいました。

すべてに、製作者の本への、文学への愛おしさが溢れた作品ばかりです。一度手に取ってご覧下さい。

 

Tagged with: