えっ、「たる」? と思われる方もあるかと思いますが、正確には「ほろよい手帖 たる」という全国に流通している雑誌の名前です。おわかりですね、そうです、一冊まるごとお酒の雑誌です。

最新号の特集は「今、飲みたい紅芋系焼酎」です。芋焼酎の魅力は、さつま芋の豊かな香りと甘みです。その芋を栽培する鹿児島県の農家の取材や、使用されるお芋の百科、飲み方指南、美味しい銘柄紹介など、読み応え十分です。

この雑誌は、ワイン、ビール、ウィスキー、そして日本酒と種類を問わず、酒を幅広く、時にはかなりディープに取り上げています。酒文化を知るのには絶好で、読んでいると、さてさて、今晩は何を飲もうか、とあれこれ思案してしまいます。

「麹」をテーマにしたバックナンバーもあります。日本酒、焼酎、泡盛等の日本酒は、麹を利用して造られますが、醤油、みりんも、やはり麹を使う醗酵調味料です。さらに、甘酒やべったら漬け等は、麹を直接使う食材です。和食、日本酒に欠かせない麹のことがわかったりします。

あるいは、「本を肴に」という企画もあります。知りませんでしたが、”酒飲み書店員”が選ぶ「酒飲み書店員大賞」なんてのがあったんですって。因みに、2014年の受賞作品は中野進「球団と喧嘩してクビになった野球選手」(双葉文庫)です。ちょっと面白そうです。

また、書店員が推薦する「お酒を飲みながら読みたい本」は、フツーの推薦本紹介とは一風変わっていて、次々読んでみたくなります。例えば、上野敏彦「神馬(しんめ)−京都・西陣の酒場日乗」(新宿書房)とか、プレモリ=ドルーレ「作家の家 創作の現場を訪ねて」(西村書店)、開高健「地球はグラスのふちを回る」(新潮文庫)など。もちろん、酒といえば、吉田健一「酒肴酒」(光文社文庫)は見逃せません。

という具合に、毎号毎号、素敵な企画が目白押し。お酒を飲む人も、飲まない人も、読んでほろ酔い気分。リラックスできます。価格は390円。

今月号より、バックナンバーも含めて販売していきます。

Tagged with:
 

木村衣有子さんの「のんべえ春秋」(840円)第三号入荷しました。

「ああ、飲み過ぎた」と相変わらず快調な「酒場小説ホシさんと飲んでいる」から始まります。

「酒器酒器大好き」では、京都北山の工房「酒器今宵堂」が取り上げられています。加茂街道沿いに北へ行き、北山通り手前の道を西に入った町家の工房です。(中には入ったことはありませんが、何度か自転車で前を通り気にはなってました)

「おそばの味を楽しむおそばやさんと、居ることを楽しむおそばやさんがある。僕たちは居酒屋の『居』の部分に気づいたのかもしれない。おいしいものを食べながら人気のお酒を飲むことがいちばんじゃなくって、居ることのよさに」

これは今宵堂ご主人の言葉ですが、器を作る人がここに気づくというのは深いと思いました。

お酒を嗜まない方には「「しょっぱいたぬきと甘いたぬき」をどうぞ。京都ではたぬきは「あんかけ」と決まっているが、ほかでは?とか、「たぬきケーキ」巡りのことなど、たぬきにまつわる楽しい話で溢れています。

さて、日本酒の美味しい冬になれば、欠かせないのが鍋。「日々」(945円)31号は「土鍋」特集です。土鍋の産地、三重県伊賀の里。伊賀の窯元4代目、山本忠正さん宅の、土鍋料理が紹介されています。「鶏のすき焼き」の写真が載っていますが、あ〜日本酒一杯ひっかけながら、こんなすき焼き食べたら、もう言うことないでしょうね。

その他、いろいろな方の、得意の土鍋料理が紹介されていますが、蒸し野菜あり、グラタンあり、美味しそうな香りが誌面から漂ってきそうです。特別な高級食材を使ったお料理ではありませんが、みんなで囲んで「いただきます」と鍋をつつけば、最高に幸せな時間が始まります。寒くなればなおのこと。

 

蛇足ながら木村さんの新刊「京都の喫茶店。昨日・今日・明日」(平凡社)が発売されました。先日、その本を片手に立ち寄ってくださいましたが、素敵な本でした。

新刊書店でお買い求め下さい。

Tagged with:
 

先日、「京都カフェ案内」や「猫の本棚」などの著書でお馴染みのの木村衣有子さんがご来店されました。お店では、彼女のミニプレス、と言っても彼女一人で作っている本ですが、「のんべえ春秋」(木村半次郎商店)を販売しています。

いいなぁ〜、この本。同じお酒好きとして、どのページをめくっても楽しいですね。お酒がダメな方には書評エッセイ「酒飲む本」をお勧めです。書評ではこんな本が紹介されています。

大竹聡さんの「酒呑まれ」(ちくま文庫)

タイトルは「飲」ではなく「呑」と表記されていても本文では一貫して「飲」が使われている。あえて使い分けられている。「呑む」か、「飲む」か

という些細な事から、木村さんと著者の馴れ初め、当然酒場ですが、が語れていきます。2002年、大竹さんは「酒とつまみ」という小雑誌を発行されるまでが書かれています。どこまでいっても、酒の話というところが面白いですね。お酒の本以外の木村さんの本は「手紙手帖」を在庫してあります。これは、手紙の書き方に始まって、手紙必需品の紹介、そしてどんな手紙をだしているのかの実例紹介まであります。何かと、メールに頼りがちな昨今ですが、手紙の良さも見直していただきたい一冊です。

さて、本日よりギャラリーでは、高山正道作陶展「On the table 」が始まりました。素敵な作品が並んでいます。 ぐい飲みに最適なおちょこも数点あります。価格は2000円ちょっとからです。日本酒の美味しい季節になりました。今日のお酒もさらに楽しくなる事間違いなしです。

Tagged with:
 

ウィスキーは、サントリーオールドから始まった。

昨日のブログで紹介した懐かしいレコードの事を書いていて、忘れられないBARを思い出した。そのお店の主人とは、輸入レコード店時代からの知り合いなので、もう30年以上も前になる。モダンジャズを流して、美味しいウイスキーを飲ませるお店で、オープン時から、レコードを納品させてもらっていました。

当時、まだそんなにお酒が飲まなかった私ですが、このお店でウイスキーの飲み方を教えてもらいました。最初は、一番安かったサントリーオールド、通称「だるま」。そして、順々にグレードを上げて、アメリカ産バーボンウイスキーへと進歩(?)しました。当時、読んでいたハードボイルドものの小説では、主人公は必ずバーボンを飲んでいたので、まぁ、気分もそんなところです。どっしりとしたカウンターで、渋いジャズを聴きながら、1人で飲めば、簡単に高倉健になれる「お得」な場所でした。、基本的にウイスキーはアルコール度数40%ですが、一度90%というお酒を一口飲ませてもらいました。口の中で大爆発が起こるという経験でした。

妻も含めて、多くの人と知り合い、遊んだ場所であり、またある時は憂さを捨てに行く場所でした。ライブをやったり、音楽好き仲間が月一回集まって、ああでもない、こうでもないと音楽談義に花咲かせるイベントもありました。昭和天皇崩御で、歌舞音曲を控えましょうという日に貸し切りで誕生パーティーやらせてもらったりもしました。当時、真夏に万博公園で行われていた「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」に毎年みんなで聴きにいき、おかげでマイルス・ディヴィスも二回観る事ができたのは、この店と仲間のおかげでした。

居心地のいい店が一軒あるということの、楽しさを数十年間に渡って味わいました。もちろん、楽しい事ばかりではありませんでした。と書けば、あの当時の仲間たちは、あ〜あの事ね、いやこのこの事件か〜とそれだけで盛り上がりそうです。先日も、この店でアルバイトして、その後東京に行き、ファッション関係でがんばっていた仲間の1人が、訪ねて来てくれました。かれこれ25年ぶりの再会でした。現在は京都で「聖護院カフェ」というお店をやっているそうです。お互い、年をとりました。

次回、私の店で個展をされるキタオカさんも、このBARで知り合った旧い友人です。BARの片隅でグラス片手にグダグダ話していた頃が懐かしい思いでです。長生きはするもんですね。

数年前マスターは、突然に天国へ行ってしまいました。お店の名前はJUG’S BARと言いました。

 

 

 

 

Tagged with:
 

翁再生硝子工房の「氷コップ展」、本日から始まりました。

朝から京都地方には大雨警報の出る中、搬入開始。今まで、絵画や、写真といった平面の企画展が中心でしたが、初めて立体作品ばかりの展示です。涼しげな風鈴、冷えたワインに、ストレートで飲むスコッチウィスキーに最適なグラス、アイスクリームなんか載せれば、ひんやり感が倍増しそうなものまで、見ているだけで涼しさを誘う硝子作品です。

ちょっと、懐かしいような雰囲気にさせるシェードが、いつもと違う明かりを演出しています。

以前、この工房のストレートグラスを買いました。注がれるウイスキーの黄金の色合いと、さらに、美味しそうに演出するグラスのおかげで、お酒が進みました。ウイスキー好きにとって、ロックグラスのいいものは、割と容易く見つかりますが、ストレートグラスは見つけにくいものです。私が使っているグラスは、その手で持つ所の感触が素敵です。

蛇足ながら、ウイスキーを水割りで飲む輩がおりますが、邪道です。ウイスキーの語源は、「命の水」とか。それを薄めて飲むなんて!昨今流行のソーダで割る飲み方も感心しませんね。北山で書店勤務していた頃、深夜に営業が終わるため、冬、自転車で帰宅する前に机に隠しておいたバーボンウイスキーを、ショットグラスで一杯飲む、その一杯が一番美味しい酒でした。ウイスキーを飲みだしたのは33才。サントリーオールドから始まり、スコッチ、アイリッシュ、そしてバーボンとグレードを上げて飲み続けてきました。飲み方を教えてくれたジャズバーは無くなりましたが、数年前に店のすぐ近くに素敵なバーができて、今まで飲んだ事のないウィスキーを出してもらって楽しんでいます。

「氷コップ展」は17日(火)の鉾巡行日まで開催です。16日(月)の宵山は営業します。そして、15日(日)の宵々山から三日間限定で、「はちはち」の美味しいパンの出張販売もあります。祇園祭に行かれる前にお寄り下さい。

Tagged with: