熊本にある橙書店店主、田尻久子さんの新刊「みぎわに立って」(里山社/新刊2052円)は、優しさに満ちた一冊です。書店を営みながら、日々の景色の移ろい、自然が見せる様々な表情、ご近所さんや、お客さんとの何気ない会話など、西日本新聞に連載されたコラムをまとめたものです。

ジャズのスタンダードナンバーに「ジェントルレイン」という曲があります。歌詞の内容はさておき、田尻さんの文章は、「ジェントルレイン」「優しい雨」というイメージなのです。憂鬱な雨が優しく見える瞬間、彼女はそれを見つけます。

「雨の本屋は気持ちがいい。本が雑音を吸収して雨音だけが響き、いつもより言葉と親しくなれた気がする。今日は、終日雨だった。みな気持ち良さそうに本をさわっていた。」

少し憂鬱な気分の日とか、なんとなく下を向いてしまう時に、この本を開けることをおすめします。幸せって、ちょっとした事で簡単になれる、豊かな時間を過ごすことができるんだ、という真理がここにはあります。地震を経験して、店を新しくして、町の人たちとゆっくりと生きて行く著者の姿が見えるようです。

この書店、店に糠床があります。「ある日、糠を混ぜていたらお客さんが入ってきた。糠床って魔法の箱見たいよねえ、入れたら何でもおいしくなって。カウンターの中を覗いて、心の底から感心するようにおっしゃる。理屈を説明するよりも、魔法ということにしておいたほうが、なんだか美しい気がした。」

お客さんと店主が、店の中で糠床を覗いている光景って、不思議だけど楽しそうです。或いは、店内に蜂が入ってきて、殺虫剤などという無粋なものを使わずに、なんとか店の外へ出そうと努力していると、常連さんが、すっと帽子で外へと誘導されたのを見て、「ほんのつかの間のことで、手際のよさにうっとりとしてしまった。」などと書いてあると、いいなぁ〜、この店と思ってしまいます。

お日様と心地よい風が通り抜け、青空に浮かぶお月様が微笑む店なんて言ってしまうと、なんかメルヘンチックですが、この店に立ち寄った人たちが、ちょっと幸せな気分を持って帰る場所なのです。人を幸せにする場所が、本屋の原点なのかもしれません。

橙書店は、熊本地震の後、それまでの長屋からビルの二階に移転しました。「外観の面影はまったくない。でも、見知らぬ場所にはしたくなかった。大切なものはすべて持っていくつもりで作った。モノも、言葉も、気持ちも。常連さんは、何年も前からここにあるみたいと言ってくださる。 どうやら、変わらず馴染みの場所であるようだ。」

店主とお客様が一緒に作っていくそんな店を、私もめざしたいと思っています。

この本を出した里山社は、女性一人で頑張っている出版社です。いい本を出してくれました。今後も応援します!

 

 

一般の書籍流通ルートに乗らなくても、良書を出している出版社の本を、オープン時から置いて来ました。ミシマ社、夏葉社、土曜社、ビレッジプレス等々、いつもいい本を届けてくれます。

一方、小さいながら志のある本を作っている、出版社ともおつきあいの窓口を広げてきました。先日、左京区図書館で装丁家の矢萩多聞さんと、本についてのトークショーに参加させていただいた時、我が国の出版社の大半が数人で経営している実態をお話ししました。

ナナクロ社は、九州にある宅老所「よりあい」の悲喜こもごもの日々を描いた鹿子裕文著『へろへろ』(1620円)以来のお付き合いです。その後、谷川俊太郎『幸せについて』(1080円)『バウムクーヘン』(1404円)、熊本県にある「橙書店」店主田尻久子著『猫はしっぽでしゃべる』、東京の新刊書店「Title」辻山良雄著『ことばの生まれる景色』(2484円)、そしてコミック「ニューヨークで考え中」でブレイクした近藤聡乃著『不思議というには地味な話』(1404円)など、本好きには120%満足できる傑作です。書籍に携わる人たちの魂をすくい上げた作品ばかりで、もちろん私の本棚にも並んでいます。

屋久島に住み思索を続けた、山尾三省の著作を出している野草社とも取引を始めました。『火を焚きなさい』(1944円)を初めてとして、『新版狭い道 家族と仕事を愛すること』(2376円)、『新版 野の道』(2160円)も山尾の傑作でしょう。今回入荷したものでは、野上ふさ子著『アイヌ語の贈り物』(1944円)がオススメです。

当店で、トークショーをしてもらった澤口たまみさんの『宮沢賢治愛のうた』(1944円)を出している夕書房も、まだ数冊しか出していませんが、いい本ばかりです。がんばって欲しいと思います。

先程紹介した、橙書店の田尻久子さんの新作『みぎわに立って』(3月20日発売2052円)は、女性一人でやっている里山社という出版社が出します。これからどんどん仕入れていきます。

私は書店をチェックする時、このような志のある出版社をどういう風に扱っているかを見ます。全く置いていない大型書店もあれば、チェーン店でもきちんと平台に並べているところもあります。ロクでもないヘイト記事満載の書籍をどかーんと並べている書店が多い中、いい本を何とか読者に届けようとしている店を見ると、ホッとします。因みに新刊書店に勤務していた頃、この手合いの雑誌を一冊だけ出して、あとは全て返本してワーストの売り上げを記録しました。当時の商品部の皆さん御免なさい……。

 

⭐️「ことばの生まれる景色」で挿画を担当したnakabanさんの原画展を、ナナロク社主催で7月3日(水)〜14日(日)に当書房で開きます。同時にご近所の書店でも、nakabanさんの作品展の企画も進行中です。乞うご期待を!