「ゆっくりと読まなければならない」本というものがあります。難しい理論や、抽象的概念を論じたものではなく、言葉はフツーなんだけれども、ゆっくり、噛みしめなければ何も残らない本。今、再読している石牟礼道子の「椿の海の記」なんかまさにそんな一冊です。(また、ブログでご紹介します)

中央公論社で「婦人公論」の編集長を勤め、2010年から新潮社の「考える人」の編集長を務める河野通和の「言葉はかくして生き残った」(ミシマ社2592円)も、やはりゆっくりと読むべき本です。基本的には書評集なのですが、取り上げた本への著者の思いや、或は作家が使った言葉への敬意が散りばめられたエッセイと言った方が的確です。

「こんな古本屋があった」で取り上げられているのは、関口良雄の「昔日の客」(夏葉社2376円)です。1977年、59歳で亡くなった「山王書房」店主、関口良雄が古書組合の組合報に書いた文章をまとめたものですが、書物への愛情と、古書店主としての矜持が迫ってくる名著です。河野は、この古書店のことを沢木耕太郎の「バーボン・ストリート」で知ったこと、そして店主と、42歳で急逝した作家、野呂邦暢の交流を紹介しています。これがいいんですね。店主としてかく有りたいと思わせるハートウォーミングなエピソードです。

そして、店主のご子息が、父親の仕事をこう語っていたことを紹介しています。

「古本屋という職業は、一冊の本に込められた作家、詩人の魂を扱う仕事なんだって。ですから、私が敬愛する作家の本質は、たとえ何年も売れなかろうが、棚にいつまでも置いておきたいと思うんですよ。」

こういった文章が37章収められています。ささっと読むにはあまりにも惜しい。私は店を開ける前に一章ずつ読んでいます。

「安部公房と堤清二」で描かれる堤清二像も、文学に携わる者の姿勢が明確に出ていました。とある文学賞授賞式会場で、あまりにも露骨で安易な身内受けスピーチを発言した者と、そのスピーチをヨイショした主宰者の態度に堤は、同席していた河野に自分の怒りを伝えます。それを受けて、堤の、そしておそらくは自分自身の、文学への思いも含めてこう書きます。

「あらゆる人間的行為の基底をなすのは文学ではないか、それを軽んじる者、侮る者、汚す者を許すわけにはいかない」

日頃は控え目に、私は文学をする者として初心者ですからと、安易な文学論を口にしなかった堤の怒りに「文学に寄せる思いの強さとともに、堤さんの魂そのものの底なしの暗闇に畏れを感じたのでした」

真摯に文学に、言葉に、向き合った河野通和の一貫した生き方を知る絶好の本だと思います。

著者が編集長を務める「考える人」は4月4日発売号で廃刊になるらしいです…….。残念!

日本地域情報振興協会主催の日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016の有料誌部門大賞を、長崎発の「樂」が受賞しました。おめでとうございます。

この雑誌は、2008年から季刊誌として発行されています。当店では、2013年あたりから取り扱いさせていただいています。2013年発行の22号は「長崎の本棚」という特集で、諫早出身の野呂邦暢を取り上げていたこともあって、早々に完売しました。その後もユニークな企画で毎号楽しみな雑誌です。装幀、内容共に全国流通の雑誌に引けを取らない作りではないでしょうか。

2016年春号(Vol31)は「長崎で走る、長崎を走る」という特集を組んでいて、長崎バス80年の歴史を様々な側面から描くという、地元ならではの企画です。人気のない「名串バス停」の写真を見た時、どっかで見たなぁ〜という気がしていましたが、宮崎駿の「となりのトトロ」で、トトロと少女たちが初めて出会うバス停に似ているんですね。こんな所なら、トトロも待っているはずです。

最新号ではシーボルトが取り上げられています。ドイツ人医師フィリップ・フランツ・バルタザール・シーボルトは、1823年、オランダ商館の医師兼自然調査官として長崎に着任します。それから6年間、西洋医学を伝えると共に、日本の自然、文化についての調査を行い、膨大な資料をヨーロッパに送り届けました。特集では、貴重な資料やインタビュー、シーボルトが長崎の町に残した足跡を駆使して、この町を愛した彼の全貌に迫ります。日本女性初の産科医、楠本イネはシーボルトの娘だったことも紹介されています。彼女の生涯は漫画家奈華よし子によって「楠本イネの生涯」というタイトルで作品化されています。

NHK「ブラタモリ」気分で、シーボルトに関して長崎のあっちこっち楽しめる特集ですが、最も面白かったのが「シーボルト事件」です。シーボルトが江戸に送った1つの小包から事件が始まるという、サスペンス小説ばりの展開です。彼と親交のあった幕府の書物奉行、高橋景保が持ち出し禁止の資料を彼に渡し、海外へ持ち出そうとしていたというのが事件のあらましですが、数十人が逮捕され、死罪、永牢、身分剥奪と処罰され、シーボルトもスパイとして国外追放処分になりました。彼は本当にスパイだったのかまで検証されていて興味尽きないレポートです。

バックナンバーの中には売切れもありますが、ご注文も可能です。これを機に一度「樂」を手に取って下さい。長崎歴史博物館では2月18日から4月2日まで「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」展も始まるそうです。

 

★2月8日(水)〜19日(日)レティシア書房恒例「女子の古本市」を開催いたします。

東京、岐阜、神戸、大阪、滋賀、京都から20数店の女性店主がセレクトしたステキな本が、所狭しと並びます。ご来店お待ちしています。


みすず書房が発行している「大人の本棚」シリーズは、ぜひ自分の本棚に揃えて、ゆっくりと読んでいきたいと思わせる素敵な本ばかりです。

その中の一冊、野呂邦暢の「愛についてのデッサン」(1900円)は、以前何気なく古本屋の棚から抜き取って、ページを捲ったことがありました。その中の詩。

「ぼくはふと街の片ほとりで逢ふた 雨のなかを傘もささずに立ちつくしている ポオル・マリィ・ヴェルレエヌ 仏蘭西の古い都にふる雨はひとりの詩人の目を濡らし ひとりの詩人は世界中を濡らす どうやらその雨はぼくがたどりついたばかりの若い沙漠をも少し。」

この本は、古書店の若き店主、佐古啓介が、古本の中にひっそりと息づく謎を解きほぐしてゆくのがストーリーです。そして、この詩は1900年代中期の詩人、安西均の詩集から抜粋されたものです。

野呂は、短い文章をきっちりと重ねあわせて、美しい世界を創りあげてきた作家で、再読する毎に、味わいが増してきます。そんな彼の文章と、取り上げられた古書が織りなす、それぞれの事情。本の帯に「古本青春小説」とありますが、まさにその通りの中身です。サブタイトルが「佐古啓介の旅」となっていますが、古書店主が、古書を通して成熟してゆく姿を描いていて、本を愛する人にぜひ読んでいただきたい一冊です。

全部で五編の短篇が収録されていますが、やはりタイトルになった「愛についてのデッサン」が秀逸だと思います。60を越えたおっさんが言うのもなんですが、青春の苦みを実感させる作品です。特にラスト、啓介が夜行列車に乗って旅に出るシーンは、往年のフランス映画を観ている気分です。

巷には癒しの本が大量に出回っています。しかし本当に読者の心に寄り添い、言葉がその人の中に入り込み、安らぎを与えるのは、こんな本かもしれません。

心筋梗塞により、1980年42歳で急死しました。毎年5月最終日曜日には、野呂を偲び、小説に登場する長崎県諌早市上山公園の文学碑の前で菖蒲忌が行われています。

 

 

Tagged with:
 

あまり詩は読まないのですが、時々ハッとする詩句に出会うことがあります。

「忍ぶべき昔はなくて 何をか吾の嘆きてあらむ。 六月の夜と晝のあはひに 萬象のこれは自ら光る明るさの時刻 遂ひ逢はざりし人の面影 一茎の葵の花の前に立て。 堪えがたければわれ空に投うつ水中花。 金魚の影もそこに閃きつ。 すべてのものは吾にむかひて 死ねというふ。わが水無月のなどはかくはうつくしき。」

昭和15年に発行された伊東静雄の詩集「夏花」に収められている「水中花」の一節です。

空高く放り上げられた水中花のイメージが、スローモーション撮影の如く迫ってきます。

昭和10年「わがひとに与ふる哀歌」を発表して、萩原朔太郎から絶賛されて、日本浪漫派を代表する詩人として評価されています。

「野はいま一色にもの悲しくも蒼ざめし彼方ぞ」なんて古めかしい言い回しや、言葉が並んでいるのですが、頭の中で、いろんなイメージが爆発的に生まれては、消えて行きます。(ヤバイクスリ飲んでいるわけではありません、念のため)

若い時には、「古色蒼然とした詩。しんきくさいなぁ〜」で終ったのでしょうが、年齢を重ねた今、その言葉に対するイメージが立上がってくる気がします。店には「伊東静雄詩集」は昭和28年発行の古い本(1500円)があります。

ところで、伊東静雄は諫早出身ですが、諫早と言えば、端正極まる文体で知られる作家野呂邦暢がいます。野呂邦暢の随筆を岡崎武志が編集した「夕暮れの緑の光」(みすず書房2300円)の中に、「伊東静雄の諫早」というエッセイがあり、野呂は伊東の「都会の慰め」という詩の持つ深みと物語性を高く評価していました。

野呂といい、伊東といい有明の海が育てた作家は、こんなにも美しい言葉を紡ぐのですね。

故郷諫早に帰って小説を書きたいというのが、伊東静雄の願いでしたが、大阪の地で四十七歳の若さで逝きました。

Tagged with: