「笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑」

これ、間違って入力したのではありません。鈴村温さんの「SamePose」(さりげなく/1650円)を読んでいると、こうなるのです

朝起きて、先ずページをめくる。そしてムフフと一人笑いして、眠気を追っ払います。昼は、店に出る前に違うページをめくりハハハと笑い、顔を整えます。そして、夜。缶ビール片手にページを開き、ウヒャヒャと笑って、その日のストレスを発散させる。と、まあこんな風に、私はこの本を活用しています。

鈴村さんには今年3月、個展をしていただき、多くのお客様にご来店いただきました。兵庫県たつの市出身。成安造形大学イラストレーションクラスを卒業後、しばらく奈良の就労支援施設「たんぽぽの家」アートセンターHANAのアトリエで、障害者の方達の絵を描くサポートの仕事をされていましたが、2年前から地元に戻り、制作に専念しています。

3月の個展で、彼女の絵が描かれた手ぬぐいを買った方がきっかけで、出版社の目に止まり、今回この面白い「Same Pose」が、発行されることになりました。

彼女が描くのは、様々なポーズをとった動物(人間も含む)です。そして、そのポーズが左右に向かい合って配置されています。もともと何とも言えないコミカルな格好が、左右シンメトリーに配置されることで、ヒートアップしています。

不思議な魅力がある本です。ぜひ、ベッドサイドに置かれて、パラパラめくって下さい。きっと楽しい夢を見ると思います。

なお、鈴村さんは来年2021年11月3日から、2回目の個展をしていただく予定です。