北海道帯広発の「スロウ」(905円)、四国香川発の「IKUNAS 」(756円)、九州長崎発の「らく」1080円)の三誌の新刊が揃いました。

「スロウ 第52号」の特集は「牧草うまれのチーズ」。北海道の各地で、工夫をこらし、様々な挑戦を重ねて個性的なチーズを生産している酪農家が紹介されています。その中で印象的だったのが、「チーズ工房 小栗」の小栗美笑子さんの言葉でした。大半の牧場が効率経営を目指し、配合飼料中心の屋内飼育がメインですが、草食動物の牛を放牧しない事に疑問を持った彼女は、放牧飼育に踏み出します。生産量こそ減ったものの、美味しいチーズを送り出すことができました。

「介護酪農っていう言葉、聞いたことある?舎飼いの場合、朝昼晩食べ物を与えて。排せつ物の片づけもして……。でも、放牧にしたら、牛たちが自分でできることは自分でやってくれるから。労働的にも楽になりました」勇気を出して原点に帰った人の金言だと思います。

「IKUNAS」最新号の特集は「四国で暮らす」です。他府県から四国にやってきて、この地域に魅力を感じて、生活の場を構えて、それぞれの生き方をしている人達が登場します。こういう企画では、トップには無農薬農家や、陶芸家とかが登場する場合が多いのですが、今回は違いました。松山から車で1時間少しかかる、田園風景広がる場所で、オーダーメイドウェディングドレスブランドを展開している女性です。不便さも、ものづくりの糧にできるのですね。

ところで、産業廃棄物で話題になった豊島って、こんなに魅力的な島になっていたんですね。直島と共に瀬戸内芸術際の人気スポットになりましたが、オフシーズンだからこその愉しみ方もあるようです。周囲20キロ程に小さな島をサイクリングして、面白い場所を巡ったり、ドイツから豊島に移ってきた映像&音楽ユニット「ウサギニンゲン」のパフォーマンスを楽しんだりと、とっておきの時間がみつかりそうです。

地元長崎の情報を発信する「らく」最新号(37号)は、10月7日から9日まで行われる勇壮なお祭り「長崎くんち」の特集です。先ず、山頭範之の写真を楽しんでください。写真集と言っても過言ではないぐらいのボリュームです。京都の街中に住んでいると、祇園祭や葵祭のような雅びなものがメインなので、この力強い祭りは新鮮です。満身の力で鉾を引く男たちの姿、ぐいと前方を睨みつける男衆の勇ましい姿などを、写真家はリアルに、美しく捉えています。

ほぼ一冊丸ごと、長崎くんちの特集ですが、市内にできた「ブック船長」という雑貨&書店が紹介されています。長崎にこだわった本、地図、ポストカードを取り揃えた小さな書店です。本やカードを選ぶだけでなく、プロの編集者が本作りの相談にのってくれるコーナーまで完備しています。こちらも見逃せません。

 

 

★吉田篤弘の新刊「京都で考えた」(1620円)が発売されます。

全国発売は10月20日ですが、京都地区先行販売が決まりました。また、ご予約された方には先着でサイン本をお渡しします。先行発売は10月12日(木)です。


 

 

 

 

「ナガサキリンネ3」(1000円)が到着しました。

「モノをつくる人だけが、特別な人ではありません。わたしたちも時として、家族の為のひとりの作り手です。また、友を導くひとりのつなぎ手です。そして、自分自身の暮しと向き合える たったひとりのつかい手です。つくり手、つなぎ手、つかい手とは、めぐりつながっていく、わたしたちの姿そのものです。」

という文章通りに、この街を丹念に取材し、真摯にモノ作りに励む人達を伝えます。それは、決して観光ガイド的なものでなく、日々の暮しの中で、大事なことは何かという答へと向かわせてくれます。大げさではなく、地味だけれども、ゆっくりと時が過ぎて行くこの街の深さを十二分に感じることができます。

「まちを歩けば事初め」、とか「まちのお饅頭屋さん」、「島原と薬草」なんて記事は、和み度満点ですね。その一方、今井謙次が設計した「日本二十六聖人記念館」がベートーベンの第九交響曲をモチーフにして建築されていることを、楽章別に丹念にレポートした記事は読み応えのある内容でした。この建物は是非訪ねてみたいものです。街を慈しむ気持ちの溢れた雑誌。2号も若干在庫ありますので、ご覧下さい。

もう一つ、長崎発の雑誌「らく25号」は、長崎の建物を特集しています。異国情緒たっぷりの「旧香港上海銀行長崎支店」「旧長崎英国領事館」。レトロな風格溢れる「長崎県印刷会館」、ちょっと時代から取り残された感じがまたいい雰囲気の、出島の「村川ビル」。そして、炭鉱閉山から十数年たった池島炭鉱アパート群は、一時の繁栄と終焉を見事に醸し出しています。そのアパートの一室が公開されていて、古いダイヤル式電話に、ガチャン、ガチャンとチャンネルを回すTV、オープンデッキなど、ある時代をここで暮らした家族の喜怒哀楽に満ちた記憶がぎっしり詰まったたたずまいが魅力的です。

自分たちが暮らしている街への愛しさを、読み手にどこまで伝えられるかが、ミニプレスの質を決定します。その意味で、この二つの雑誌はとても高いレベルだと思います。

Tagged with:
 

長崎県から季刊誌「らく」が、本日入荷しました。大手出版社が出す月刊誌に匹敵する作りですが、地方発の雑誌です。しかも、最新号が23号で、それだけ長く続いているということです。今回は、20号から23号まで揃えました。

本好きには見逃せないのが、22号の「長崎の本棚」を特集した号です。ページをめくっているだけで幸せになれそうな、内容豊かな号です。この特集の中では、何と言っても「諫早を愛した野呂邦暢」でしょう。作家として近年、再評価されて、古書でも人気です。42歳という若さでこの世を去るまで、諫早の地に暮らしながら、この地の人々を見つめ続けてました。彼の作品に惚れ込み、彼の小説「落城記」のTV化に奔走したのは、向田邦子でした。

これ以外にも「おすすめ長崎本」なんて、とびきり楽しい特集もあります。どのページも素敵ですよ、とお得意様と話していたら、早速お買い上げでした。多分、本を好きな人にはわかる「ワクワク感」を掻立てるみたいです。

このワクワク感は、他の号にも満ちています。20号は「長崎の昭和30年代ー40年代」です。どの写真も素敵ですが、おお〜とのめり込んだのが「1960年代の長崎の歌」と「昭和が聴こえてくる」という長崎をテーマにした音楽の記事。「長崎は今日も雨だった」はその代表でしょうね。

21号の特集は「長崎出島とオランダ人」。これ、表紙で買いです。そして最新23号は「長崎で耕す」サブタイトルが「土を起こして、文化を掘る」。堂々としたニンジンの写真に魅入ったり、「炭鉱のカナリア」のごとく、ミツバチが環境の悪化を教えてくれている話に納得したり、農についての濃密な時間を過ごせそうです。

手に取って、パラパラめくった瞬間に、いいなぁ〜これと思える雑誌に久々に巡り会えました。これからも、応援していきます。価格はどの号も税込み1080円です

 

Tagged with: