京都は今朝から随分と冷え込んでいます。街中から北山を眺めると雪が積もっていました。

そんな寒い日、レティシア書房の壁はアフリカンカラーでいっぱいになりました。ジャナグルアートセンターから、アフリカジンバブエの雑貨が届いたのです。「ジャナグル」とはジンバブエの公用語ショナ語で「明るい月」という意味だそうです。

日本から遠く離れたジンバブエへ1986年に移住をした北海道出身の高橋朋子さんが、ジンバブエのミュージシャンと設立したのがジャナグルミュージックプロダクションです。かつて南アフリカと同じように人種隔離政策「アパルトヘイト」が敷かれていたジンバブエでは、1980年の独立後も白人系のレコード会社が一社で業界を独占しており、ミュージシャンには正当に印税も支払われていませんでした。そんなシステムを変えていこうと始められたプロダクションは、ジャナグルアートセンターと改名、毎年ジンバブエと近隣国のグループによる24時間コンサートを開催、国家芸術協会により2度表彰を受け、ハラレ市よりアートセンター建設用地の寄付を受けました。

その地に建設したアートセンターで、才能がありながら楽器にアクセスするチャンスのない子供たちの音楽教育、レコーディング、ビデオ製作をしています。高橋さんは、センターで伝統楽器やダンスを学んだ子供達によるグループ「ジャナグル」を伴い、2010年より日本ツァーをしてきました。京都で開催されたのをきっかけに知り合いました。

コロナ感染拡大の影響で、昨年末に帰国していた高橋さんがアフリカに戻れなくなったことを知りました。いつもコンサート会場で販売している雑貨が手元にあるというので、「アフリカンアート展」と銘打って開催します。

鮮やかなタペストリーや布、アフリカの暮らしを描いたカラフルなトレイ、缶バッチ、イヤリング、ゾウや鳥やワニなどの缶アート、石に彫った動物、ビーズ細工など楽しい雑貨がいっぱいです。クリスマスプレゼントなどにいかがでしょうか?ぜひお立ち寄りくださいませ。(女房)

JENAGURUアフリカアート展は、12月27日(日)まで 13:00〜19:00  月火定休日

★レティシア書房 年末年始の休み

12月28日(月)〜1月5日(火)休業いたします。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

ニクソン大統領を自任に追い込んだワシントンポスト誌の新聞記者の活躍を描いた「大統領の陰謀」を「文房具フェチの映画だ」と看破した作家がいましたが、その通りでした。タイプライター、鉛筆、レポート用紙、消しゴム、ペン立て等の小物がどれも魅力的でした。

その手のものとは趣きがちょっと違いますが、店で開催中の生活を楽しくする本と共に並べている雑貨も、楽しいですよ。関美穂子さんの「こけし一筆箋」(441円)、「こけし蔵書票」(420円)、「メッセージカード」(378円)。以前作品展をして頂いた、木版画家ひらやまなみなみさんの「レターセット」(350円)など、和テイスト好きな人にはたまらん小物です。

文房具関係の本も、世界の文房具を楽しめる「文房具と旅しよう」(ブルース・インターアクション800円)、逆に、和テイストのものばかり集めた「和な文房具」(ピエ・ブックス800円)、或は発想が面白い「文房具で包む」(アノニマスタジオ700円)とか揃いました。

今回の注目は、マスキングテープです。2007年に20種類のマスキングテープ(mt)を発表して以来、圧倒的な人気を持つカモ井加工紙のテープをベースにした「マスキングテープmtの楽しい使い方」(アノニマスタジオ700円)は、そのmtが二本付いています。この本の著者井上由季子さんは二条城近くに「モーネ工房」を構えておられます。成る程ね、こんな風に楽しむんだという事がわかります。私もやってみようかと思いましたが、なんせ不器用なもんで、きっと10分でキレてしまって、なんやコレ!!とmt放り投げそうなんで、やっぱりやめておきます。(雑貨コーナーにもmtあります)

 

Tagged with:
 

「生活がちょこっと楽しくなる本&グッズフェア」本日より開催です!

実用一点張りではない実用書、あるいはあまり実用的ではないけれど側に置いておきたい素敵な本がズラリと揃いました。また、大阪の「本は人生のおやつです」、動物保護団体ARK、そして多くの個人作家さんに作品を出していただきました。先週までの一箱古本市とは、また違う趣きです。細かいグッズがならんでいるギャラリーは、まるで雑貨屋さんです。

また同時開催として、ギャラリーの壁は、先週から引き続き古谷恵さんの「貼糸展」と、新たになかむらまいこさんの「イラスト展」をしています。イラストは古本屋さんとカフェを巡ってスケッチしたもの。「善行堂」、「町家古本はんの木」、「ブックカフェUNITE 」そしてもちろわが「レティシア書房」など。お時間があればぜひお越し下さい。

 

 

Tagged with: