作家、開高健のノンフィクション全5巻が、文藝春秋から発行されています。その第4巻「孔雀の舌」は、全500ページ強に渡って、開高が生涯書き続けた、酒と食に関してのエッセイが網羅されています。通読したわけではありませんが、時々、ページを開けて、最強の健啖家の文章を楽しんでいます。(この本は頭から通読するのではなく、好きな時に、好きな場所を読んでは、積読するのが正しい読書法かもしれません)

吹き出したのは、作家が幼少の時より持っていたカニのイメージです。志賀直哉の小説「暗夜小路」に、女性を形容して、遠い北の海で取れたカニを思わせる箇所があり、そのイメージが頭から離れなくなります。彼がこの本を読んだ時は戦時中で、女性として一番近いところで、生きることに精一杯の母親に向かって「かあちゃん、遠い北の海でとれたカニを思わせるようなところがある女て、どんな女やねン」などと聞けたものではありません。それから、彼がその意味を知るまでのカニをめぐる文章が続くのですが、野性的な開高文学を楽しむことができます。

本の帯に「味覚へのあくなき探求を卓れた文明批評に高めた」と賞賛されていますが、その通りの一冊です。「食の極は人肉嗜食である。」なんて言葉が登場すると、ゲッ!この先生、人肉も口にしたんか??と思ってしまいますが、ご安心を。(ハードカバー550ページで、なんと400円!)

この濃い!ボリューム満点の本とは対照な薄さですが、新入荷のミニプレス「1/f」(エフブンノイチ734円)の1号が「おやつの記憶」という特集を組んでいます。日本のエーゲ海と呼ばれる岡山県瀬戸内市牛窓に住む、筆者の祖母の作る草餅が紹介されています。あぁ〜懐かしい味が漂ってきそうな出来上がりです。

「物語の中のおやつ」という企画で、シャーロット・ブロンテの小説「ヴィレット」に登場する「シード・ケーキ」なるものを取り上げています。英国の伝統的スイーツで、シャーロットの代表作「ジェイン・エア」にも登場するケーキだそうです。スイーツの話から、英国女流文学へと入っていくのが面白いところです。

 

「手の間」は、「福岡を拠点にして、九州を中心 に、手仕事に関わる人や事がら、人と人を結び、手から手へと伝える」ことをテーマに掲げて、雑誌「手の間」の発行と様々なイベント、展覧会を主催しています。

イベントはこんな感じです。「海苔屋・成清の海苔の話」、「禅と応量器と食のこころ」。そして、雑誌「手の間」最新13号(1080円)は特集として「21世紀の基本食」が組まれています。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。国内では和食情報が氾濫し、海外でも和食店に行列ができる時代に、いまどきの和食って何?という素朴な疑問から、21世紀の「いつものごはん=和食」を巡る日本全国の旅が始まります。

岩手県「江刺」の米農家が作るぬか釜ご飯、スローフード運動ベースにして街、食、暮しをテーマとした情報誌を発行する姫路の「雑木社」、地域おこし協力隊として、半農半漁の暮しを続ける対馬の人達の日々を紹介する人など、様々な形で「食べる」ことを紹介します。

「大切なことは、誰かと『おいしいね』といいながら食べた記憶を引き継ぐということのように思う。家庭の中でも、外でも、共食の記憶を持つこと。目の前にいる人のこと、目の前にある食を信用できなかったら、ものを食べることはできない」

「食べる」ことの本質ですね。新刊書店の店頭でよく見かける、散漫な情報満載の食の本とは違い、ガッチリと組まれた「食」の特集です。

バックナンバーも入荷しました。12号「旅の時間」(1028円)、11号「24節気を巡るお茶」(1028円)、10号「歩む道の先にヒカリ待つ仕事」(1028円)、9号「想う」(1028円)、4号「疾走する想い、こころ通う仕事」(823円)、3号「日々の暮しによりそう仕事」(823円)と魅力的なテーマに満ちた雑誌作りになっています。

 

Tagged with:
 

昨夜、TVのクイズ番組で「いちごの生産量日本一はどこ?」というのがありました。正解は「栃木県」。

そうか、それで栃木からこんなミニプレスが届いたのか。本のタイトルは「とちぎのいちご」(500円+税)です。いちごって、生でバクッと口に入れるのが一番美味しい食べ方だと思っていたら、そうじゃないらしい。ここで紹介されているのは、「いちごの飴がけ」、「いちごのミルククレープ」、「ショートケーキ」、「ベイクドチーズケーキ」、「いちご大福」、「いちごの桜もち」、「あま酒といちごのスムージー」、「つぶつぶいちごソーダ」です。その他、いちごジャムを使った8レシピと、一冊丸ごと『いちご』。知りませんでしたが、元プロサッカー選手茅島史彦さんは、引退後、両親のいちご畑を引き継いで、いちご農家になられていたんですね。

福岡からは「つくる・食べる・考える」をテーマにした雑誌「PERMANENT」5号が到着しました。この雑誌の巻頭連載の「食卓の風景」は、毎回魅力的です。今回は木工作家の山口和宏さん。柿畑だった土地に家と工房を建てて、作家活動をされています。木の雰囲気が微妙に古さと新しさをブレンドして絶妙の味わいが出しています。同居する猫ちゃんも、快適でんなぁ〜という感じです。後半、大分県中津市の、酪農家、農家が紹介されていますが、この写真がどれもいいですね。土に生きる人達の魅力が漂ってきます。

食べることをテーマにしたミニプレスの後は、京都発の「cinema apied」10号が入荷しました。文芸誌「APIED」の映画版としてユニークな特集で、映画好きお楽しみのプレスです。今回の特集は「ファンタジー」です。選ばれている映画が渋い!!大好きで、何回も観た「落下の王国」や「パンズラビリンス」。(是非、レンタルで借りて下さい。開いた口が閉らん程に面白いです)お〜これもファンタジーかと納得の野球映画「フィールド・オブ・ドリームス」。爆弾処理班の男の極限を描いた「ハート・ロッカー」もファンタジー?と思いましたが、「普段通り生きている世界が幻想で、極限にこそ現実があるように思えてくるのだった」と書かれると、成る程な〜と思いました。

明日、4時より「はちはち」のパン販売です。限定販売なので、お早めにどうぞ

 

Tagged with: