山崎としてるの写真集「ブタとおっちゃん」(FOIL/絶版・古書1100円)は、タイトルそのまま、ブタを育てる養豚家のおっちゃんとブタを撮った写真集です。

可愛い子豚と一緒に昼寝するおっちゃん、飼育している牛を前にタバコプカプカふかして(おっちゃんは片時もタバコを離さない)、缶ビールで一杯やりながら、膝に抱いた子豚にお前も一杯やるかとでも言いたげなおっちゃん、大きなブタに囲まれながら、新聞を読んでるおっちゃん等々、ムフフと笑えてくる写真が満載です。

撮影した山地さんは香川県丸亀市の元職員です。農林行政を担当していた1978年、市街化調整区域にあった養豚場を郊外へ移転させました。その移転させられた養豚場の主が、上村宏さんでした。彼の事が気になっていた山地さんは、市の職員を退職した後の19997年に、上村さんの養豚場を訪ねていきます。そこで、山地さんが見たのは、大量飼育・大量生産によって進む機械化養豚に背を向けるかのように、餌やりから糞尿(ふんにょう)の処理まで自分の手で行い、一頭一頭に愛情を注いで育てている光景でした。その姿に打たれた山地さんは、上村さんと彼の愛すべきブタにカメラを向け始めます。それも1年や2年ではなく、10年間、上村さんの牧場を撮り続けました。

 

養豚の世界でも、他の業界と同じく大規模化、機械化が進んでいます。しかし、上村さんは、一頭一頭の豚を大切に扱いながら、豚中心の飼育方法を貫いていました。そうして育てられた豚がどれ程美味しいかは、彼が幾度も農林水産大臣から表彰を受けている事実からもわかります。

この写真集は、豚とおっちゃん夫妻の幸せそうな暮らしを捉えたものなのですが、大量生産、消費という時流に乗らず、本当に美味しいものを届けることを生業にしたおっちゃんの強い意志を写真の中に焼き付けたものなのです。豚相手にギターを鳴らすおちゃんの自信ありげな表情や、豚を枕にくわえ煙草で携帯を操作するおっちゃんの姿に、豚との間の深い絆が見えてきます。

スーパーに行けば簡単にどんなお肉も手に入る、命を考えずになんでも食い尽すという生活スタイル、それでいいの?と、自分たちの暮らしの足下を見つめ直してしまいます。

残念ながら上村さんは体調を崩して、今、牧場はありません。

Tagged with: