来週8月8日(水)からスタートする「レティシア書房夏の古本市」に出品される本のご紹介Vol.3です。

先ず、これは買い!安い!!という豪華五冊セットの本です。晶文社が出している「植草甚一倶楽部」全5巻がなんと1800円!!です(出品 徒然舎)。「芸術誌」「収集誌」「読書誌」「散歩誌」「映画誌」のジャンルに分けられていて、それぞれに植草の文章が収録されています。単品では当店にもありましたが、全巻セットで販売、しかもハードカバーで1800円(1冊当たり360円)。

「読書術」の中に「中間小説の面白さはスピードから生まれてくる」というエッセイがあります。「中間小説の面白さは、それを読んでいくスピードから生まれてくるのだ。あんまりゆっくり読んでいると、すぐにつまらなくなるものだし、それで、面白かったら、それは傑作のなかにはいってくる。」という指摘に、成る程な〜、と納得した記憶があります。「芸術誌」では、お決まりの西洋芸術の紹介ではなく、フリージャズ、ロックに始まり、新しいムーブメントに敏感だった植草らしいエッセイが並んでいます。

当店でも人気の翻訳家柴田元幸が、東京大学出版界から出した「アメリカン・ナルシス」(1000円/出品 徒然舎)は、柴田が大学教師になってから書いた論文を集めたアメリカ文学論です。第一部は19世紀アメリカ文学を論じたもので、メルヴィルの「白鯨」からスタートです。第二章ではアメリカ論を中心にまとめ、第三部では、彼の翻訳でお馴染みのポール・オースター、スティーブン・ミルハウザー等が登場してきます。端正なアメリカ文学論で、柴田ファンにはマストアイテムだと思います。なお、この本は第27回サントリー学芸賞受賞を受けています。

もう一点。私の大好きな香月泰男の図録「香月泰男小品展』(1000円/出品 徒然舎)は、1994年3月に画廊で開催された時の図録です。戦中戦後のシベリア抑留時代の極めて緊張度の高い「シベリアシリーズ」とは異なり、日常のありふれた空間を切り取った作品は静かで、子どもと触れ合う母親を描いた作品群には、平和の貴重な時間が描かれています。

 

 

 

★レティシア書房恒例「夏の古本市」は、8月8日(水)〜19日(日)開催です。なお、準備のため6日(月)7日(火)は連休いたします。

 

 

開店前に、京都府立文化博物館でやっている「ダリ版画展」に行ってきました。

ダンテの「神曲」の物語を版画にしたものがズラリ並んでいましたが、そこは萩尾望都の「百億の昼と千億の夜」の修羅場巡りの方が面白いやん、と足早に駆け抜けました。が、レンブラントの顔を描いた作品で、おっと、と足が止まってから、この才人の変幻自在の才能とに堪能しました。この夏一番の猛暑で、脳みそが焼ける一歩手前で見る白日夢もオツ?なもんです。(今日の京都の暑さときたら・・・)

さて、ダリの世界から一転。店には「香月泰男画文集<私>の地球」(求龍堂・絶版3000円)が入荷しました。初めて彼の作品に出会ったのは「画家の詩、詩人の絵」(青幻舎2000円)でしたが、それから気になり出して、探していました。

1911年生まれの香月は、 戦中ソビエトに拘留され、強制労働に従事します。その苛烈な経験がその後の作風に影響を与えてますが、激しさとは真逆の「静謐」という言葉がピタリ当てはまる作品を見ていると、猛暑も、オリンピックの喧噪も吹き飛んでいきそうです。椅子の向こうに顔を出す犬を描いた「朝」、或は水槽を覗き込む少年を捉えた「水鏡」など好きです

しかし、その一方で、彼の様々な世界を知ることもできました。

「私はいつまでも青年になりたてでありたいために、ま上の青空を眺めることにしています。私の神経を古代につながらせるために、月の光を浴びたいと思っています。私の存在を小さく小さく思いこむために、星座を探すこともあります」

という言葉の横には、地表から見上げた宇宙が描かれています。夕焼けの彼方に広がる星々に見いってしまいます。この作家には「月の出」「日の出」といった天体そのものを描く作品もありました。

この画集で、私の一番のお気に入りは、1938年に描かれた二作品「犬」と「祖父」です。両方並んで配置されていて、どちらからも落ち着きのある構図から、不動という言葉が持つ安心感が伝わってきます。静かな佇まいが、心落ち着かせてくれます。ネットで画像を探しましたが、アップされていませんでした、店頭の本でぜひ見て下さい。

★レティシア書房 夏の一箱古本市のお知らせ 

8月9日(火)〜8月20日(土)20数店が今年も店内に出店します!

★夏休みのお知らせ
8月21(日)〜25(木)

以前に紹介した「画家の詩、詩人の絵」(青幻舎2000円)の中に登場する二人の画家の本が入ってきました。

松本竣介の「線と言葉」(平凡社コロナブックス1300円)と、もう一冊は、香月泰男の妻、婦美子さんが書かれた「夫の右手」(求龍堂800円)です。

松本竣介(1912〜1948)は、都会に生きる人々とその風景を描いた作家ですが、40年代初頭に発表された 「Y市の橋」、「駅」、「並木道」といった都会の一隅を捉えた作品に魅かれます。画面全体を覆う寂寞たる雰囲気。この街に住む人達は幸せなのだろうか、それとも纏わり付いて離れない孤独に沈黙しているのだろうか、絵の中に入り込んで、どこかに温かな家庭の灯を見つけたくなる衝動にかられます。

今回入荷した「線と言葉」は、松本の生涯を俯瞰して、様々な角度から作品を楽しむことができます。同郷だったからか、或は父親と交流があったからか、彼は宮沢賢治を最も尊敬していたことも、この本で初めて知りました。また1941年、美術雑誌で戦争協力を説く座談会記事に反論し、抗議の文章「生きてゐる画家」の一部分を読むこともできました。48年、死の直前に描いた「彫刻と女」、絶筆となった「建物」について、親友で彫刻家舟越保武が書く松本への思いに胸が熱くなりました。

 


香月泰男は、「画家の詩、詩人の絵」で初めて作品を知ったのですが、「水浴」(1949年)の静謐さに心奪われました。プール際に佇む三人の少年を描いた作品ですが、プール遊びに興じる少年達の笑い声など皆無で、ひたすらプールの静かさが迫ってきます。香月は、松本の1年前の1911年の生まれです。戦争に駆り出され、熾烈なシベリヤ抑留体験をして帰国した画家は、温かな家庭、家族に、自分の愛情を注いでいきます。婦美子さんが、亡き夫との人生を振り返った「夫の右手」には、彼の「母子のシリーズ」30点が掲載されていて、香月の家族への愛が伝わってきます。

彼は、シベリヤの収容所からサン・ジュアンの木を持ち帰り、庭で育てました。そしてこう言って世を去りました。

「自分が死んだら分骨して、サン・ジュアンの木の下に埋めてくれ。そしてサン・ジュアンの木に生まれかわったら、孫たちがよじ登ってくれるだろう………。」永遠に家族と共にありたかったのでしょうね。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「画家にとっての詩とは、詩人にとっての絵とは、絵が持つ詩情とは、これが本画集ならびに展覧会のテーマです。このテーマを考えるため近代から現代に至る六十四名の画家と詩人の絵と詩を選びました」

これは、青幻舎「画家の詩、詩人の絵」(3240円)の冒頭に書かれています。同じタイトルの展覧会の公式図書兼図録として刊行されました。明治時代の洋画家、小杉未醒に始まって、昨年亡くなったまどみちおまで。詩人は自分で描いた絵画が、画家は創作した詩が、それぞれの作品に並べて収録されていて、絵画と詩が、巧みに混じりあっています。

パラパラと捲っていくと、お気に入りの作家が出てきました。本の表紙絵にも使われている南桂子のエッチングです。ヨットと魚を描いた作品の横には詩「故郷の海」が載っています。

「月見草が咲いて 小蟹が走っていた 夕暮の浜辺 氷屋の旗が ヒラヒラと 風に はためいていた ひなびた 村」

を読みながら作品を見ると、波がキラキラ輝いて見えてきます。

なんとも言えない静寂感と冷たさが魅力的な香月泰男には「目の中の秋」という詩が並びますが、作品が放つ少年の淋しい思いが如実に表現されています

「真青な 空にちぎれた雲が 遊ぶ くさむらの中の昼中 こおろぎが 脊柱をなでる ああ これが 夏の忘れものか と

少年は 露草の 花の 青を 顔に置いた」

その次には、松本竣介が登場するではありませんか!この調子で紹介すると、全ページを載せるというとんでもない長文になるので止めておきますが、どれも素敵です、絵画と詩のコラボってこんなに豊かな気持ちにさせてくれるんですね。

小熊秀雄も北園克衛も瀧口修造も、紹介したい。しかし、すべて飛ばして、立原道造が、街の情景をパステルで描いた無邪気な絵に並んでいる「唄」という詩の最後

「ああ、私は生きられる 私は生きられる 私はよい時をえらんだ….」をベストに選びます。

平和で穏やかな町の情景への憧憬を見事に表現していると思いました。

この展覧会は全国巡回中で、来年2月13日から姫路市立美術館で開催されます。絶対行くぞ!!