「人を騙して面白いですか」と部下に問われて、「滅茶苦茶面白いです」と上司である主人公の速水がウキウキ顔で断定する。映画「騙し絵の牙」は、本好きの人はもちろん、書店員必見!です。

出版社内で勃発したお家騒動。文芸大手出版社の社長が亡くなり、次期社長の座を争って、営業畑と文芸畑で権力闘争が起こります。営業畑の専務が担ぎ出したのが、社内でも変わり者の編集者の速水でした。速水は、専務の無理難題をこなしながら、文芸畑の専務を追いおとすように画策していきます。しかし、速水の本当の狙いは、専務の追い落としではありませんでした。魑魅魍魎跋扈する社内の人間関係を手玉に取りながら、とんでもない方へと会社を導いてゆくのです。そら、人を騙すのは面白いはずや!

現在の出版の状況をきちんと描いているので、業界内部のことが理解できます。でも、本好きの人に見て欲しいと思ったのは、そこではありません。

速水の部下の女性編集者高野は、速水と共に行動しながら社内の権力闘争に加担することなく、あるべき出版の姿を考えていたのです。

実は彼女の実家は町の本屋なのですが、ご多聞にもれず本が売れなくなり閉店を決意します。その本屋を、退社した彼女が引き継ぎ、なんと彼女が目をかけていた作家の新作を自ら出版して、自分のところで販売してゆくのです。

本屋が出版部門を持つ。これ、最近増えてきました。京都の誠光社、名古屋のオン・リーディング、盛岡のBOOKNARDなど、個性的な書店が活発に本を出しています。そして旧来の流通ルートにのせずに、信頼のおける本屋に卸しています。ミニプレス、一人出版社と共に新しい出版の流れの一つです。

映画はそういう新しい流れが、出版の、本屋の、未来を作るかもしれないという希望で幕を閉じます。そこを本屋通いの好きな方々に見て欲しいと思いました。

原作は塩田武士。以前ブログでも「罪の声」を紹介しました。映画もよく出来ていて、こちらについても書きました。「騙し絵の牙」の原作もぜひ読んでみたいです。なおプレスシートによると、作家は原作を書く段階で速水の役を、大泉洋と決めていたとのこと。どうりで、ドンピシャはまっていました。