最近の高橋源一郎の著作は、小説を除いてほぼ読んでいて、ブログでも取り上げています。「高橋源一郎」と検索すると何点か出てきます。一方の辻信一も、スローライフ提唱の時から読んでいますが、最近では田中優子との共著「降りる思想」をブログに書きました。どちらも私がとても信頼している人です。

「『あいだ』の思想」(大月書店/新刊1760円)は、「あいだ」という非西欧的概念から生み出される思想をもとに、どのようにしてこれからの複雑な時代を見て、行動してゆくのかを、二人の対話を通して読ませる刺激的な一冊です。いゃ、本当に刺激的です。眠っていた脳細胞を総動員して、二人の深い知性のやりとりを楽しみました。

しかし、この哲学的な対話を紹介するのは、極めて難しい。下手に引用すれば、そのまま丸ごと本の中身を書き写すことになってしまいそうです。だから、読んでください!で、このブログは終了です。

まぁでも、それではなんなので、膨大な数の付箋を貼り付けた中から、こんな文章を紹介します。

「本書が『あいだ』という、一見あまりにも日常的でありきたりの日本語に秘められた豊かな可能性に、読者が思い当たるきっかけとなればうれしい。それは、和辻哲郎が『風土』で論じ、木村敏が『あいだ』や『人と人の間』で論じ、オギュスタン・ベルグが『風土の日本』で論じてきた哲学的テーマだ。それは、人間、時間、世間、仲間、中間、居間、間柄、間合い、そして間というキーワードの中にも生きている。『あいだ』という概念の汎用性、その広さと深さ、そして豊かさにはほとんど限りがないと思えるほどだ。」

様々な「間」を巡り、二人の知識と見識が披露され、分断化し孤立化してゆくこの世界をどのようにつなげてゆくかが検証されています。

「『あいだ』で読み解くコロナの時代」で、辻は、国民の中にある「わからない」ことへに苛立ちが危険水域に近づいていると警告しています。

「コロナ禍で統計学的な言語が支配的になる中で、すでに縮減していた『わからない』ことへの忍耐力がさらに急速に縮小していった。だから、どういう政治家や専門家が人気があるかというと、単純に言い切る人、昨日言ったことと、今日言ったことが変わっていてもいいから(笑)、きっぱりとそのばでわかったように断言する政治家や専門家に人気が集まります。わかりやすさの水位が、もう十分危険水に達しているみたいです。」

ほらほら、何人かそんな人たちの顔が浮かんできますね。「わからない」ということと「わかる」ということの「あいだ」から、コロナに覆われた私たちの今生きてる世界が見えてきます。

過去、何度かこの二人の本は、私の拙い言葉で紹介してきましたが、おかげさまで全て販売しました。熱意が伝わったのか、あるいは二人を支持するお客様が多くおられたのか、それはわかりませんが……..。

 

待賢ブックセンター「処暑の古書市」を開催中です。9/5(日)までです。勝手ながら、8/29日(日)は臨時休業させていただきます。 

 

●北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約